NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

5/14(土) Philadelphia

「カリスマ美術ツアー」なるものに参加してみました。

西洋美術専門のカリスマ講師と美術館を回る全6回の
ツアーなのですが、今回のフィラデルフィア美術館では
特別展Dali展を見れる!ので、参加費130ドルと
ちょっと高いかなぁ、と思いながら特別ブックレット、
事前レクチャー、講師、ランチが付くという事で
テニス仲間のSさんと参加してみる事にしました。

朝9時に集合。バスには40人ほどの参加者が。
意外と人気あるようです。
偶然、Sさんの高校での後輩も参加してらっしゃいました。

バスの中でごとうときこ講師のレクチャーがありました。
Daliの絵は前から興味があったのですが、
Daliのプロフィールや絵の解説等をじっくり聞くことが
でき、実際に絵を見る前に様々なバックグランドを
知れて満足ー。

フィラデルフィア美術館には2時間ほどで到着。
「今週末フィラデルフィア美術館に行くんだー」
と言ったら、ほとんどの人から「ロッキーの舞台!」
との反応がかえってきました。

私はロッキーが「エイドリアーン!」と叫ぶところ
しか見たことないので良く分からないのですが
この階段を駆け上って万歳をしたシーンがあるそうな。
c0055212_13234178.jpg

上った所にはロッキーの足跡が。でかかったっす。
c0055212_13245665.jpg


フィラデルフィア美術館では、結婚式を挙げる所が
あるのか、正面玄関前で祝福されるカップルがいました。
素敵!!
c0055212_13265442.jpg


そしてその横にある噴水では、大の大人が噴水遊び。
暑いのは分かるけど、なぜ噴水で・・・。
c0055212_1328247.jpg


肝心のダリ展、を鑑賞する前に美術館内パーティースペースで
ランチ。
Artist Plateなるものを食しました。
長いスティックパンがダリの髭を表しているんだって。
かなり無理がありますが、味には満足。
c0055212_13312948.jpg


13時半からのダリ展チケットで入場し、いざ鑑賞。
(この日のダリ展チケットは既にSold Out!)
シュールリアリズムの絵は心象表現の極致とも
いえるため、何を書いているのか理解できない絵も
ありましたが、事前にダリの生い立ち等を聞いて
いたので、自分なりの解釈をしながら鑑賞する事が
できました。

フィラデルフィア美術館は、特別展以外の常設展も
充実していて、その質、量ともに全米第3位の美術館
だそうですが、日本のお茶室もありました。
c0055212_13421229.jpg

やっぱり日本の木の香りは落ち着きますね。

19時にマンハッタンに到着。
初めて参加した解説付きの美術館ツアー。
なかなか良かったです。

昼に美術を満喫したら、夜は音楽を!
ということで、ブルースを聴きにいきました。

Bleecker StreetにあるTerra Bluesへ。

結構飲んだ後だったので、気持ち良い気分で
Bluesにのれました。
c0055212_13502415.jpg

初めてBluesを聞きましたが、いいですね。
シンプルなコード演奏と力強いボーカル。
また行ってみたいと思います。

「Terra Blues」
149 Bleecker Strret NYC, 10012
212-777-7776
[PR]
by hinaokunio | 2005-05-16 13:28 | SIGHT SEEING