NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

8月26日(金) 驚きました!Chamber Magic

テニス仲間の友人が、自分のお誕生日に奥様に「マジックショー」のチケットをプレゼントされ、行ってみたところ「本当に驚きの体験をした」らしく、その事を興奮気味に語っているのを聞いたわたくし。その驚きの体験とやらをしてみようじゃないの!と(なぜか挑戦的)、行ってきました。「Chamber Magic」に。
c0055212_13354638.jpg


会場は各国政財界の要人が宿泊することで有名な「The Waldorf Hotel」内の一室。スィートルーム(多分)の豪華なお部屋に椅子が並べられてあって、席は自由に選べました。
早めに着いた私達は一番前の特等席をゲット。
席に座って改めて周りを見渡してみると、まるで17世紀のサロンのような雰囲気。
高価そうな調度品が置かれてました。
c0055212_13384269.jpg

c0055212_13391095.jpg

観客も綺麗に着飾ったお金持ちっぽい紳士&淑女ばかりで、マジックショーって「上流階級の娯楽」なの!?と思ってしまうほど。
友人から「ちゃんとした格好をしていった方が良いよ」とのアドバイスを受けていなかったら、カジュアルな服を着て浮いていたこと確実。友人に感謝!!

さて、肝心のマジックショーですが、これ本当に驚きましたわ。
Millionaires' MagicianであるSteve Cohenが行うマジックには、「なんでー!?」の連発。アメリカ人は「Oh, my God」と「Unblievable」の連発。
今冷静に考えても、理解できません。
彼曰く「これは超能力ではなく、トリックです」と前置きをしていたのですが、内容はどう考えても超能力を使わないと有り得ないものばかり。

例えば、、、
①「THINK-A-DRINK」
ショーが始まる前席に置いてあった白紙の紙に、自分が飲みたいドリンクを書いておいたのですが、ショーの途中にそれを近くの人と交換して、見せ合います。その後、一箇所に収集されるのですが、観客の中から選ばれた一人が収集されたそれらの紙をランダムに4枚選び、他の4人の観客に一枚つづ渡します。
4人の観客のうちの一人が一緒に行った会社の後輩だったのですが、一人づつ渡された紙を読み上げます。
すると、Cohenが最初から用意されていたヤカン(確かにずっとありました。ショーの途中に誰も触ってないのに!)から注ぐ飲み物が読み上げられた飲み物と合致しているのです。
「ミントアイスティー」とか「カルヴィネ」とかがちゃんと。
なんでー!?
②「THE BOOK TEST」
観客の一人が渡された本をパッと開けて、そのページ番号を読み上げます。その後、もう一人他の本(分厚い小説)を渡された観客が読み上げられたページ番号と同じページを開き、そのページの中で印象に残る単語を自分だけが見えるように指差します。Cohenはその人の目をじーっっと見てその単語を言い当てるのです。
なんでー!?
③「MARCO POLO'S DISCOVERY」
観客の中から指輪を三つ借りたCohen。それらの指輪をコップの中に入れて回すと、なんと三連リングになっちゃいました。指輪ですよ。金属の硬い指輪が繋がっちゃうの。
なんでーー!?

他にも不可解なマジックの連続、、、。
最初は観客の中にまわし者がいるのかと疑ったけど、どうやらそれはないみたい。
うーん、不思議だ!!タネを知りたいけど、タネはマジシャンの命だもんねぇ。
きっと永遠に謎は解けないんだろうな。
あっという間の1時間半のマジックショーでした。想像以上におもしろかった!!

余談ですが、マジックショーの後行ったバーで、一緒に行った後輩が偶然にも日本でお世話になっているという美容師さんと遭遇したのですが、その彼と一緒にいた女性、なんと私のブログを読んでいるらしい。「もしかしてハッピーニューヨークの人ですか?」と聞かれた時にはびっくり!!
私は親しい友人に「元気にやっていますよー」と伝えるために、また自分の備忘録日記としてこのブログをやっているので、積極的に告知をしていないのですが、全然知らない人が私のブログを見ていてくれて、更にその方と偶然お会いできるなんて、インターネットブログの世界ってすごいっっと感動してしまいました。

驚きの8月最終金曜日でした。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-29 14:20 | ENTERTAINMENT