NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

10月17日(月) Charity Cakes

今日からまた1週間のはじまりです。
今週は先週のように雨の週にはならないようで、それだけでも嬉しい!
特に今日は秋晴れの気持ちの良い日でした。

さてさて今日会社に着くと、同室の同僚であるKが
「nao、バナナケーキを作ってきたよ!」と早速。
彼女はケーキを作るのが大好きで、お砂糖たっぷりのアメリカンなケーキをちょくちょく持ってきてくれます。
c0055212_13133442.jpg

はい、とケーキを差し出してきてくれたので、いつものように「ありがとー」と受け取ると、「はい。1個最低1ドル50セントね」とカンカン箱(彼女な日本のクッキーが入っている箱を集めるのが大好きでたくさん持っているのです)を突き出されました。

ほぉ、、、さすがに毎回作っているとお金がかかるのね、「了解」とお金を渡しました。
すると、その後にながーい説明が。
何でも通っている教会に寄付するお金を集めるためにケーキを売るのだとか。(その間の宗教的な説明は省略。彼女はよく私にキリストの愛について語ってくる。無宗教、というのが信じられないのでしょうね、、、。最近は聖句が書かれたカードを頂いた)
その教会は、集めたお金を世界の貧しい地域に寄付するのだそうです。

彼女の、誰かのために何かを作って、それを売った報酬として得たお金を寄付するという行為をとても素晴らしいと思いました。私は彼女が集めたお金をどこかに寄付しようが材料代として回収しようが、彼女の作ってくれるケーキは対価以上の価値があると思うので、「寄付する」ということを知る前にお金を渡しましたが、自分の渡したお金が彼女を通じて、誰かの役に立てると思うと、温かい気持ちになりました。

もちろん、様々な場所で寄付をする機会はあって、でも、道端で寄付を請われても「本当にこの団体は大丈夫なのだろうか?」という不安は何となく常に付きまとう訳です。
今回に関しては、彼女の人間性を良く知っていて信頼しているので、自分が彼女に渡したささやかなお金が形を変えて有効に使われることを信じられるわけです。

明日は「キャロットケーキ」らしいです。仕事後に作るなんてすごいなぁ。
うーん、太るよなぁ。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-18 13:24 | DAILY LIFE