NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

12月4日(日) Le Pain Quotidienでお洒落なブランチ、そしてその後

ベルギー発の自然食カフェである「Le Pain Quotidien」で遅めのブランチをしました。

ブレックファーストやランチ時にはめちゃ込みと噂のお洒落なカフェ。イメージ的には日本の「Afternoon Tea Room」。
c0055212_450978.jpg

c0055212_4521662.jpg

店内もかわいりゃ、店員もかわいい。笑顔ばつぐん。
メニュー立てだってこんなにお洒落。間違えて食べそうになっていた人が約1名。。
c0055212_453296.jpg

基本的にメニューはオーガニック系。
私が頼んでみたのは「Organic Egg Salad」のサンドイッチ。
c0055212_4545145.jpg

アメリカでよく出てくるサンドイッチのように分厚くなく、食べやすいし、何より味が大味ではなく、ちゃんと卵の味がするのが嬉しい。(当たり前のことだけど、アメリカでは濃いー調味料に覆い隠されてしまう料理が多いのですよ)

お客さんも女性ばかりで、そんな中、男性2人、女性1人の組合せはちょっと目立ち気味でした。

お腹も満腹になった後テニスまでの時間に、いつもチェルシーにあるMidtown Tennis Courtに行く度に見かけて気になっていた「Meseum of Sex」に足を運んでみました。というか、強制的に付き合って頂きました。

というのもガイドには「決していやらしい博物館ではなく、人類学的な見地からSEXを考察した高尚な博物館うんぬんかんぬん」というようなことが書かれていたので、純粋に興味を惹かれたわけです。純粋に!!

ですが実際の内容は「高尚な、、、」というのからはかけ離れた(ように俗人間の私は思ってしまった)リアリティー感あふれる展示物ばかり。
男性ヌーディスト写真、ポルノ映画上映、そしてなによりすごかったのは性産業が生み出した数々の道具達。
3人とも正視できずにさっさと出てきちゃいました。というか、普通一緒に博物館鑑賞とかすると感想を言い合いながら和気藹々と歩いたりするけど、何のコメントもできない。。かなーり気まずい博物館鑑賞となってしまいました。15ドルちょっとも払ったのに。Sさん、Kさん、ごめんなさい!!

とはいえ日本ではなかなかお目にかかれない展示物ばかりなので、興味のある方は是非!
でも行く際は一人で行かれることをお薦め致します。

Le Pain Quotidien
38 East, 19 th Street (between Broadway & Park Ave)
NY 10003
Tel. (212) 673 7900
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-06 05:38 | RESTRAUNT