NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー

2005年 08月 01日 ( 2 )

7月31日(日) やむちゃー

7月も最終日。毎日があっという間に過ぎ去っていく、、、。しょんぼり。後ろを見ていてもしょうがない!仕事も、そして遊びも更に充実できるよう頑張ろうと決意を新たにしました。

で、遊びの方の話。(ってこのブログ遊びの話ばかりだけど)
今日は飲茶を食べにチャイナタウンに行ってきました。

テニス仲間には何人か飲茶スペシャリストがいまして、今日はNさんご推薦のお店「金豊大酒棲」へ。

だっだぴろいまるで体育館のような場所に所狭しとテーブルが並べられています。
c0055212_1437299.jpg

「寿」という文字をバックにした雛壇もあり、夜は結婚式場に変身するようです。中国式の結婚式一度出てみたいなぁ。あらゆる意味で、すごそう!

めんどくさそうにカートを押すおばちゃんが代わる代わるやってきます。
英語は通じません!でも、おいしそうな飲茶を差せばもらえるので簡単!!
c0055212_14383052.jpg

c0055212_14385874.jpg

あっという間にテーブルは飲茶だらけ。友人が熱望していたチマキは売り切れとかで(ほんとか!?)ゲットできず、、、。
c0055212_14403372.jpg

飲茶の良いところは、様々な種類のおかずを食べることができることですよね!全部おいしかったけど、野菜餃子がぷりぷりして絶品!でした。

会計方法ですが、飲茶をとる度にシートに判子を押してもらいます。明朗会計!
c0055212_14435764.jpg

ビールも飲んでお腹いっぱい食べて一人13ドルは安い。安すぎる!!

「金豊大酒棲」
(JING FONG RESTAURANT)
20 Elizabeth St, New York, N.Y. 10013
Tel; 212-964-5256/964-5257
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-01 14:46 | RESTRAUNT

7月30日(土) The Cloisters

●修道院で、、、
素晴らしく晴れた夏らしい土曜日。
ご近所のテニス仲間であるS社長とクロイスターズ美術館に行ってきました。

ここはメトロポリタン美術館の分館であるのですが、名前となっている「クロイスターズ=修道院」そのまま、建物が修道院の回廊となっており、フランスやスペインなど中世の修道院の遺物が展示されているのです。

お昼をクロイスターズがあるフォート・トライオン・パークで食べようと、ZAIYAでお弁当を買ってM4のバスに揺られること約45分、終点で降りるとまるでヨーロッパの世界が広がっています。
c0055212_13501017.jpg

ここは建物そのものが展示物、だそうです。(BY地球の歩き方)

聖ミシェル・ド・キュクサや聖ギラン・ル・デゼールなどの修道院の回廊がこの美術館の中核となっているそうな。
c0055212_13543498.jpg

c0055212_13554619.jpg

庭もとてもきれいで、日向ぼっこをしながら目と心の保養ができました。
c0055212_13571018.jpg

展示物は11世紀~15世紀頃の作品が中心で、神のために全身全霊を傾けて創作したであろう創作者の魂を感じることができます。

クロイスターズの中で最も重要とされている15世紀前半の作品「受胎告知」。
保存状態もよく、美しく荘厳な作品でした。
c0055212_142241.jpg

教会もありました。今、マンハッタンにいることをすっかり忘れてしまう不思議な空間です。
c0055212_1451887.jpg

愛嬌のある水飲み場を思わず激写。
c0055212_1463420.jpg

クロイスターズから見渡すことのできる対岸のニュージャージの風景。
こうやってみると自然豊かなのね。森が広がっています。
c0055212_1481564.jpg

静寂の空間に身を置いて、色々な想いを巡らせることができる場所です。
マンハッタンにお住まいの方でまだ行かれていない方、是非訪れてみて下さい!
ちなみにここはメットと同じくドネーションでのチケット購入であり、同日であればメットにも入場することができます。

●フェニックスガーデンで、、、
クロイスターズでしばし瞑想(!?)した後、ミッドタウンまでの帰り途中にあるリバーサイドでテニスをし、テニス仲間と家のご近所中華(もうすっかり常連です)であるフェニックス・ガーデンで中華に舌鼓みをうっていたのですが、何とテーブルのお隣に元フジテレビアナウンサーの木佐彩子さんと、脚本家の野島伸司さんが!(何人かのグループでいらっしゃってました)

木佐アナは、ブログを時々読んでいたので、何だか勝手に親近感。
視線を送り続けたのですが、もちろん無視されちゃいました、、、。(当たり前!)
木佐さんの目撃情報がうちの周りで多いのですが、どうやら松井(ひできの方)と同じ国連前のトランプタワーにお住まいらしい。さすが、、、。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-01 14:20 | SIGHT SEEING