NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー

2005年 09月 27日 ( 4 )

昨日の幸せいっぱいの結婚式ですが、個人的にとっても落ち込むことがありました、、、。

当日、新郎新婦に会社の仲間からギフトとお花をプレゼントすることとなり、私はお花を手配するよう幹事から頼まれました。
せっかくなのでウェディングに相応しい素敵なお花をプレゼントしたい!と1週間くらい前から色々なお花屋さんをまわり、その中でお花そのものだけでなく、サービスを含めて一番良さそうなお店を選びオーダーをしました。
「大切な人のウェディングのためのお花なので絶対に不手際はないように!」と何度も念を押して、事前にお金を払いました。

そして昨日、新郎新婦のお家がうちから近いということもあり、花はうちに届けてもらうことにしていたのでセレモニー後に花をピックアップしてからパーティーに行く段取りにしていました。が!!フロントマンから「え?何も届いていないよ」と信じられない言葉が返ってきました。「そんなはずはない!2時間前までに届けてもらうことになっているから!」と言っても「僕はここに4時間前からいるけど何も預かってないよ」とのこと。「Oh, NO!!!」

あれだけ念押ししたのに!と怒り心頭で花やに電話すると、何でもその電話はチェーン店である花やの総合カスタマーサービスにかかってしまうらしく、「え?店は日曜日はクローズしています。営業しているのは電話オーダーのみです。僕はニューヨークにいないので分からないので明日直接お店に行ってみて。今はどうしようもできないので。では」というこれまた信じられない答えが!!でたーーアメリカの「関係ないです態度!!」同じ会社の不祥事なのに日本では考えられないですよね。

結局、新郎新婦にお花は渡せませんでした、、、。新郎新婦はもちろんお花のプレゼントのことは知らないので、何もお気づきにならなかったと思いますが、せっかくの幸せの日を汚してしまったような気が個人的にして申し訳ない気持ちでいっぱい。

早速、今日のランチ時に乗り込んできましたよ。花やに。
その場にいた従業員3人を相手に事情を説明。

3人の1人;「その花は昨日自分が作った。デリバリーボーイに渡したので届かないなんてことは有り得ない」
はい、次の証人のデリバリーボーイ登場⇒尋問タイム。(ちなみに彼は英語が話せずスペイン語の通訳付き。もう訳分からない!)
デリバリーボーイ;「絶対にデリバリーした。フロントマンに渡してきた」
わたし;「でもフロントマンは受け取ってないと言っている。本当に渡したの?」
デリバリーボーイ;「でも渡したもん」(ちょっと泣きそう)
3人の1人「私は彼を信じる」(どーゆーセリフだ!超感情論)

黙って話を聞いていたマネージャーついに口を開く;「分かった。どちらにしろ新しい花は届ける。でもフロントマンに確認しないと気がすまない。後でアパートに私が行く」

私の目的は原因究明ではなく、オーダー通りの花を届けてもらうことだったので、とにかく今日中にお花を届けてもらうことを約束してもらい交渉を打ち切りました。

そして今日、家に帰るとフロントマンが待ち構えており開口一番
「花やは昨日隣のアパートに花を届けたみたいよ。こっちのせいじゃないから。で、新しいお花届いているよ。はい」
c0055212_1428370.jpg

と、ついにお花と感動のご対面。マジで泣きそうになりました。
その足で新郎新婦のお家にお届けにあがりました。

最近すっかりご無沙汰だったので油断してました。ここはアメリカ、日本と同じ感覚でいちゃいけないのですよね。「責任転嫁」「事なかれ主義」な彼らの流儀にいちいちストレスを感じていたらやっていけません。そして主張をすることは主張をしないと正当な権利を失ってしまうことも多々あります。

ネガティブなことを長々と書き連ねてしまいましたが、海外で暮らすということは日本人のものさしを捨てなくてはいけないということ、「日本だったら○○なのに、、、」と考えてしまうことで自分が不幸せになるということ、郷入れば郷に従えで図太く生きなくてはいけないこと、を最近すっかりぬるま湯に使っていたので久々に思い出した次第です。ふぃー。
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-27 14:49 | DAILY LIFE

9月25日(日) NYでの結婚式

今日は夫の27歳のバースディー。
送ったバースディーカードは間に合わなかったらしい、、、。がっくし。
付き合い初めて迎える5回目の彼のお誕生日。誕生日当日は中距離(宇都宮と横浜)恋愛をしていたので一緒に過ごすのは無理だったけど、その前後の週末にはお誕生会をしていたので、離れて過ごす初めてのバースディー。夫はお友達と楽しく過ごしていたようですが(笑)

そんな夫のお誕生日に、会社の先輩の結婚式に参列しました。

式はチェルシーにある「Lutheran Church of St.Paul's」で行われました。
c0055212_13353872.jpg

ステンドグラスも、パイプオルガンも、とっても素敵な教会でした。
c0055212_13364355.jpg

なぜか賛美歌も聖句暗唱もないセレモニーだったのですが(日本人だから分からないと思われたのか??)、蝋燭に火を灯したり、長い誓いの言葉があったり、厳かで心温まるお式でした。

その後はお二人の新居のテラスに場所を移してのお披露目パーティー。
会社の人プラスご家族というアットホームな雰囲気での楽しいパーティでした。
c0055212_1346591.jpg

何より幸せそうなお二人の姿を見ているとこちらまで幸せな気分になります。

去年の自分達の結婚式を思い出しました。準備をもう一度やるのは大変で嫌だけど、式当日はもう一回やりたいなーなんて。夫はもう二度といい!と言うと思いますが。
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-27 13:47 | DAILY LIFE
従姉妹&お友達1週間の滞在を終えてご帰国。来た時は、彼女達のスーツケースの大きさにびっくりたまげましたが、買い物天国で購入した様々な戦利品でしっかり満タンにしておりました。

ということで久々の一人生活です。ずっと誰かがいる状態だったので、時に「一人になりたいなぁ」と思ったりもしたけど、一人になるとそれはそれで寂しい。。。といいつつ、来週末はゑっちゃんが遊びに来るのですぐに寂しくなくなります。

さてさて、今日は明日行く会社の先輩の結婚式に履いていく靴と、ドレスに合わせるショールを買いに、「ちょっくら」5番街までお買い物に。

5番街というえば知らない人はいないほど有名なニューヨークのブランド通り。いつも観光客でごったがえしています。そんな所に家から歩いて10分ほどで行けるなんてよくよく考えてみるとすごいこと。でも近いとなかなか行かないもので、目的地に行くために駆け足で通ることはあっても、ゆっくり歩いたのは数回しかないかも。うーん、もったいない!

今日はぶらぶらと5番街をお散歩しながら、目的のものもちゃんと購入致しました。

そうそう、5番街に行くまでの間、Park Avenueで野村萬斉と遭遇。最初は「どこかで見たことある顔だなぁ」と思って通り過ぎて後で思い出した!
これも後に知ったことですが、ジャパン・ソサエティーで行われた新作能「鷹姫」に出演するためにNYに滞在しているそうです。
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-27 13:18 | DAILY LIFE
ニューヨーク一おいしいと言われるステーキハウスの「Peter Lugar」のことはこの日記の中で何度か触れていますが(こちらこちらで)、NY滞在中の従姉妹&お友達に「NYで食べたいものと言ったら何?」と聞いたところ「肉!」というシンプルな答えが返ってきたので、こりゃPeter Lugarにお連れしないと、思い予約をとった訳です。
が、貴重な金曜日を日本から来ている従姉妹達と一緒に過ごしてくれる、という心優しいテニス仲間が合流することになり、Peter Lugarに電話したところ「え!?これ以上人数増やせないよ」と言われ予約キャンセル、、、。

うーむどうしようか、と思った矢先、いつもお世話になっているご近所S社長のお薦めレストランを思い出しました。ステーキハウスの「Ben & Jack's」です。
c0055212_1257319.jpg

何でもこのステーキハウスはPeter Lugarの元シェフがはじめたお店らしいのですが、味はPeter Lugarと同じ(ぱくりなのか暖簾分けなのかは謎)で、サービスはちょいとスノッブなPeter Lugarより良いらしく、「一度行ってみなよ」と言われていて気になっていたのです。

概観からは分かりにくいのですが、このステーキハウスは元中華料理店をそのままちゃっかり利用していて、中はまさにチャイニーズレストラン。テーブルは基本的に円卓。もうちょっと改装してもいいんじゃない!?というくらいチャイニーズテイストが残っています。

しかーし!!お肉はまさにPeter Lugarそのもの。
c0055212_12575991.jpg

ほっぺたが落ちそうになる肉汁たっぷりのお味です。骨の周りがおいしいのよね。必死になって肉をそげ落としたりして、サバンナのハイエナ状態。
オーダーの仕方も「○人前」と頼む方式で同じ。

ホイップクリームたっぷりのチーズケーキのお味まで同じ。
c0055212_12582718.jpg

これじゃPeter Lugarじゃん!と思うものの、本家のような歴史的な背景とか、ナンバー1で居続ける誇りといったような重厚な雰囲気は全く感じられないので総合的に判断するとやはりPeter Lugarの方に軍配があがるかな。

ただ、ミッドタウンにあるので、既に何度かPeter Lugarに行ったことのある方にはブルックリンまでわざわざ行かずに同じお味を楽しめ、値段も少々お安い「Ben & Steak」は便利です。
NY在住の肉好きな方、是非お試しあれー。

「Ben & Jack's」
219 East 44th Street(bet 2nd & 3rd)
tel:212-682-5678
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-27 12:48 | RESTRAUNT