NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2005年 11月 15日 ( 2 )

友人のGさんに「今、セントラルパークの紅葉がきれいだから朝ジョギングしようよ」と誘われ、半年以上前に購入したランニングシューズとうとうデビューか!?なんて思っていたのに、あっさり寝坊。。Gさん、ごめん。。
でも、その後のスケートには合流したよ。
最近、スケートネタを書いたばかりだけど、セントラルパークのスケートリンクでニューヨーク・スケートデビューを果たしました。
c0055212_163973.jpg

9時に集合したものの、貸し靴の受付開始は10時から。スケート靴持参の方は9時から出来ます。でもその時間帯は上手そうな人ばっかりだったよ、やっぱり。
入場料と貸し靴料合計で15ドルちょい。ちょっと高いかなー。入場料無料のブライアントパークは魅力的ですね。

約10年ぶりのスケートですが、転ばずにスイスイ滑れました。20分で足が痛くなったけど、ぽかぽか小春日和の下のスケートは気持ちよかったです。
スケートレッスンなるものも行われていて、一生懸命なキッズがかわいかった。
第二のミシェル・クワン目指して頑張れー!
c0055212_1646244.jpg

スケート後は紅葉真っ盛りのセントラルパークをお散歩。
c0055212_16483654.jpg

c0055212_1655221.jpg

ぼーっとしたり、ぶらぶら歩いたり、ストリートミュージシャンの音楽を聴いたり。。
心の洗濯をしてきました。

オノ・ヨーコの住むダコタハウス(左側)を臨む風景。このスポットは有名らしく、多くの人が写真をとってました。
c0055212_16504625.jpg

並木道の「The Mall」。ここは枯れ木になっていたけど、私の頭の中では「冬のソナタ」の音楽がかかっていました。国、違うし、ヨン様いないけど。
c0055212_16524832.jpg

並木道のベンチを使って出産後(たぶん)のエクセサイズに励むママ達。
必死な感じが伝わってきました。ベビーカーの子供が泣いてもおかまいなし。
c0055212_16544210.jpg

今回、ガイドを読んでセントラルパーク内にあるかわいい銅像を探してみました。
「Conservatory Water」周辺にあるアンデルセンと不思議の国のアリス。
アンデルセン、人気なし。アリス、子ども登りすぎ。
c0055212_1658543.jpg

c0055212_1659670.jpg

ニューヨークで四季を感じられる場所、セントラルパーク。
今日は暖かかったけど、もう冬は間近なようです。
c0055212_1753870.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-11-15 17:06 | SPORTS
ちょっと二日酔い気味の土曜日の朝。
昨夜のテニスの帰り、コリアンタウンで完全に飲みすぎた。。
テニス仲間男3人、女1人という状況で、一番飲んじゃってたもんなー。気付いたらJINROの空き瓶が転がってた。反省!(を繰り返して社会人歴早6年目)

とっても爽やかな朝を乗り越え、向かった先はボスの家。夕食に呼んで頂き、憧れのNY郊外ファミリーライフを垣間見てきました。

グランド・セントラルから電車に乗られること40分ほど。Ryeの駅にてピックアップしてもらいました。余談ですが、電車の中、アナウンス機械がオンになっていたらしく、車掌さん同士の会話が筒抜け。

「お前、今夜のご飯何食べるの?」
「別に・・・」
「あ、そこの紙取ってくんない?」
「オッケー」

というようなものすごくくだらない会話が20分ほどBGMとして流れていました。
乗客無反応。。というか、20分も気付かずにいるなよ!!とせっかく持っていった本に集中できずイライラモード。

そんなイライラを吹き飛ばすような、長閑でリッチなWestchesterの街並み。
ボス曰く、この辺りは「医者」か「弁護士」か「駐在員」ばかりが住んでいるとのこと。
高い共益費を払う代わりに、安全は保障されており、優秀な学校が集まっているんですって。

ボスの家は「狭いから気に入ってないんだよ」なんて台詞が信じられないくらいのお家。
3階建て、もちろん庭付き。地下にはビリアード場があります。
うーん、海外生活長いと感覚もグローバルスタンダードになっちゃうのね。
日本に戻ったらギャップが大変だろうな。。などと勝手に余計な心配をしつつ、黒木瞳似の奥様の素晴らしくおいしい料理に舌づつみをうちました。

ボスの息子さんはフランスで生まれ、イギリスで育ち、一瞬日本に帰るもまたニューヨークへ。
8歳にして世界主要4都市に住んだことのあるメトロセクシャルガイ。
もちろんバイリンガル。羨ましい!!

思った以上に長居をしてしまいました。それだけ居心地の良いご家庭だったのです。
マンハッタンライフもいいけど、家族と一緒だったら郊外生活も楽しそう。
幸せ家族のあったかさに私までぽかぽか気分になっちゃいました。

マンハッタンに帰ってきて向かった先はこれまた友人のホームパーティ。
ボス宅とは180度違うどんちゃんなホームパーティでしたが、これはこれで楽しいよね。
私もまた企画しなくっちゃ。宝の持ち腐れになっている食材を使い切らないとな。。
[PR]
by hinaokunio | 2005-11-15 16:09 | DAILY LIFE