NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:SIGHT SEEING( 39 )

●ワシントンに行ってきました
4月の初旬、といえば桜満開、そしてお花見でしょ~、というのは
日本だけではないのです!

Cherry Brossom=桜、はアメリカ人にも人気なのです。
そしてアメリカでの桜、といえばワシントン!という事で
日帰りでワシントンに行ってきました。

ワシントンの春を彩る桜並木は、明治が終わる
半年前に日本から贈られたものだそうです。
そして毎年3月終わりから4月はじめにかけて、DCでは
盛大な桜祭りNational Cherry Blossom Festival
が行われるのです。

アメリカでのお花見は日本でのお酒を飲みながらの
どんちゃん騒ぎと違い、本当に桜を見るだけ。
アメリカでは外でお酒を飲めないのです。
どんちゃん騒ぎの日本のお花見とは違って、純粋に
桜を愛でるというのも良いものです。
本当にきれいでした~!!人でごった返していますが・・・。
c0055212_1251659.jpg


Tidal Basin池の周りの桜。
風情があるでしょ。
c0055212_126953.jpg


お花見ついで(!?)にブッシュさんのお家も見てきました。
10年ほど前にも来た事があるのですが、その頃に比べて
心なしか小さくなったような・・・、でもそんなはずは絶対にないので
ただ単に記憶があやふやになっているだけでしょうね。
c0055212_1264470.jpg


ホワイトハウスの庭にリスを発見!かわいい~。
隣で見ていたアメリカ人の女性は、息子に「あれはブッシュのペットよ」
と説明していました・・・。
c0055212_1281392.jpg


帰り途中、夕飯を食べるためにボルチモアに寄りました。
ボルチモア、といってまず思い浮かんだのは映画のタイトル、「わが心のボルチモア」
見たことないんだけど、なぜか心に響くタイトルだったので。
今度見てみようっと。

また食事の話になって突っ込まれそうなんだけど、
ボルチモアのシーフードの食べ放題に行きました。
こんな感じね。やっぱり多すぎる!?
c0055212_12161719.jpg

というか、コーラ大きすぎです。飲み物でお腹いっぱいにさせようという
作成が分かり易すぎてうけちゃいました。

NYーワシントン間は来るまで片道4時間。
ずっと運転してくれたMさん、ありがとうございました。

日本の花見レポートはこちらで。
ハッピー月曜日
[PR]
by hinaokunio | 2005-04-11 11:35 | SIGHT SEEING
●ロウアー・マンハッタン散策
今日はご近所さんのS社長と自由の女神を拝むツアーへ。
だってNYといったら自由の女神でしょ!?
早めに見ておかないと機会を逸して、結局見ないで終わって
しまいそう!!と張り切っていざ出陣。

その前に、腹が減っては戦はできぬ、とチャイナタウンに
おかゆを食べに行きました。
お店の名前、忘れちゃったけどマンハッタン・ブリッジの近くに
あるおかゆのお店。
おいしかったけど、ちょっと小皿を頼みすぎちゃって
お腹いっぱい!でも二人で12ドルちょっと。安いです。

今度は点心を食べに行きたいなぁ、って食べ物の話ではなく
今日のメインは自由の女神!

「Bowling Green」駅で降りてバッテリーパークへ。
チケットもゲットして、さぁフェリーに乗ろう!としたところで
初めて発見。何!この列は!
c0055212_12384513.jpg

1時間半以上は並びそうです・・・。

いつでも行けるからいいもん!と突然方向転換。(在住者の強がり)

S社長に案内して頂き、ロウアー・マンハッタンを散策しました。

ブロードウェイの「はじまり」の場所に立ってみたり、
(前に写っているのはWall街の象徴の牛なんですって。謎・・・)
c0055212_12414424.jpg


サウス・ストリート・シーポートに行ってみたり、
(Pier17の中にはかわいいお店がいっぱい。今度またゆっくり来よう!)
c0055212_12443482.jpg

ミッド&アップタウンとはまた違う雰囲気を楽しみました。

次回の自由の女神トライアルはいつにしましょーかね!?
朝早く行くのがやっぱり一番賢いみたい。
会えないとなると早く会いたくなるのが人の情ですよね~。
[PR]
by hinaokunio | 2005-03-28 12:46 | SIGHT SEEING

3/19(土) Art&Sports

●Frick Collection
ニューヨークが芸術の宝庫だ、とはガイドブックなどでよく見かけるフレーズですが、
確かに有名な大美術館に始まり、個人コレクションのこぢんまりした美術館、ユニークなギャラリーにいたるまで芸術全般の層の厚さを感じる事ができます。

c0055212_5535936.jpg今日は5番街70丁目、ミュージーアムマイルに建つ「フリック・コレクション」に行ってきました。
創立者のヘンリー・フリックさんはピッツバーグの鉄鋼王で、若いときから熱心に美術品を収集し、没後はその作品が公開される事を願っていたそうです。





美術館はフリック氏が住んでいた邸宅をそのまま使い、彼が40年間にわたって収集した成果の約130点が展示されています。

メトロポリタンミュージーアムのような派手さはありませんが、こじんまりとしていて、
フリック氏の生前の生活が偲べるような、そして彼の作品に対する愛情が伝わってくるような、そんな素敵な美術館でした。
特にガイドが充実していて、無料で日本語のイヤホンガイドを借りられ、一つ一つの作品にまつわるエピソードを知る事ができます。
また、疲れたら中庭の「ガーデンコート」で大理石のベンチに腰掛け休息を取る事もできます。

今回、一番印象に残った絵は、ありきたりかもしれませんがやはりフェルメールの絵です。
フェルメールの絵が3枚展示されてあるのですが、「仕官と微笑む女性」の絵の前でしばし放心状態に陥ってしまいました。
鑑賞者に色々な物語を感じさせてくれる絵の力って凄いですよね。

●Bowling

芸術鑑賞の後はスポーツでしょ~、と夜はボーリングへ。
こっちのボーリング場ってどんな感じなんだろう、とドキドキだったのですが、
完全にクラブ状態でした。
まず入る前にIDチェックがあり、21歳以上と確認されたら手に暗闇で光る紙を巻きつけられます。
中は、大音響の音楽がかかり、飲みまくっている人達と、フラフラになりながらボーリングをする人達でごった返してました。
こっちではボーリングって飲みながらやる遊びなのね、と新発見。

10人以上でないと予約ができないらしく(私達は8人でした)、ひたすら待つこと2時間。
レーンが空いたころにはみんなベロンベロン。これはもうスポーツではないですね。
酔っ払い同士のレベルの低い争いになってしまいました・・・。
楽しかったけど。

「Bowlmor Lanes」
110 University Palace
(bet,12th & 13th)
[PR]
by hinaokunio | 2005-03-21 05:41 | SIGHT SEEING
●緑・みどり・ミドリ!
今年で244回目を迎えるというセントパトリックデーパレードを見てきました。
このパレードは、アイルランドの守護聖人、セント・パトリックを祝う行事ですが、NYでは1762年から行われて最も歴史があり、今では15万人の人が各地からパレードに参加しており、見物している人は200万人にのぼるという世界最大のアイリッシュパレードだそうです。

そんなパレードを見逃すわけにはいかないっ!とお昼時間を利用して
5番街までてくてく歩いて見学に。10分くらいで人ごみを発見。
沿道には人がごった返し、背の低い私には何にも見えない!!
なんとか人ごみを掻い潜ってやっとパレードを目にする事ができました。

おー!アイリッシュカラーの緑の軍服(?)に身をつつんだ人達が颯爽と歩いています。
c0055212_5191655.jpg


次は民族衣装とバグパイプの人たちの行進。バグパイプの音色っていいですよね。
私はバグパイプの音色を聞くたびに、未だキャンディーキャンディーを思い出しちゃいますが・・・。
c0055212_5212129.jpg


そしてなぜかアメリカの国旗が。そして沿道からは大歓声が湧き上がっていました。
アメリカ人って本当に国旗好きですよね。
c0055212_5221047.jpg


写真を見ても分かると思いますが、沿道の見物人も髪を緑に染めたり、緑の服を来ていたり、と今日は一日街は緑だらけ。
夜、ギネスを飲みすぎたのだろうと思われる酔っ払いがフラフラと歩く姿を多く見かけました。
私はアイリッシュパブではなく、居酒屋で焼酎飲んでたけど・・・(笑)
[PR]
by hinaokunio | 2005-03-21 05:12 | SIGHT SEEING
●雪
昼ごろ、外に出ると雪が積もっていました。
もう既に止んでいましたが、さむーい!
雪が降っている時より、降った後の方が寒さは厳しいような
気がする・・・。
分厚いコートを着ていても寒いので、体の中から
暖かくなりに行こうとコリアン・タウンに向かいました。

●ソロンタン
32丁目の5、6番街周辺は「Korean Town」と
呼ばれる所です。
韓国語が溢れています。
c0055212_1113262.jpg

Korean Town はChina Townと違って、実際に
ここで生活をしている人はあまりいないようですが、
24時間営業のレストラン(焼肉屋多し)や日本の食材も
置いてあるショップもあり、一人暮らしの日本人にとって
便利な所なのです。

今日はソロンタンを食べました。
ソロンタンという牛の骨を煮込み、米とヌードルを
加えたスープで、お腹にやさしい上においしい!
キムチも食べ放題だし、幸せランチでした。

●チェルシー

チェルシーに行ってまいりました。
寒くて外を散策する気になれなかったので
チェルシーマーケットへ。
昔の倉庫を改装した建物の中には、食材店や
ベーカリーなどが入っています。
c0055212_11144988.jpg

食材を買い込む家族連れの姿が多く見られました。

NYに来て驚いた事の一つ、それは子供の多さです。
どこに行っても子供を見かけます。
実際、アメリカの出生率は上がっているとのこと。
そして社会全体で子育てをサポートしているような
雰囲気を感じます。
例えば、子供のイベント(学校での発表会)には
両親揃って参加するのが当たり前であり、
会社もそれをサポート、というより当たり前のように
受け入れています。
日本では、子育てと仕事の両立する事=大変、という
イメージが先行しがちですが、こちらでは子育ても
仕事も思いっきり楽しんでいる人が多いように感じます。
(もちろん、日本でもそのような人はいると思いますが)

日本の出生率の低下が問題となって久しいですが、
やはり国がもっとバックアップをすべきだと個人的には
思っています。
[PR]
by hinaokunio | 2005-02-22 10:59 | SIGHT SEEING
●お買い物
NYで女友達とやる事といったら、まず買い物でしょーという事で
ノーホー、ソーホーに繰り出しました。
ノーホーに行く途中、子供たちのパレードを見かけたので
パチリ。President Dayのイベントでしょうか?
やる気なさそーにドラムをバンバン叩いている姿が印象的でした。
c0055212_15385687.jpg

で、買い物ですがNYに遊びに来ているE子が何も買わず、
私ばかりが購入。でも高いものではありません。
生活に必要なもの。米びつとか、洋服とか。(←必要不可欠でしょ!、
って誰に対する言い訳でしょう?)

●サタデーナイト

夕食はグラマシーにあるインド料理「tamarind」で食べました。
このお店はNY在住の高校友達のMしーが紹介してくれたんだけど、
本当に美味しい!今まであまりインド料理は好きではなかったのに、
ここのインド料理は病みつきになりそうです。
夕食後は、ミュージカル「RENT」を観ました。
エイズ、ホームレス、麻薬など1990年代の問題を愛と
友情を織り込み描いた作品であり、1996年のトニー賞
4部門受賞しています。
展開やあらすじがちょっと掴めない所もありましたが、
とにかく音楽がかっこ良く、さらにみなさん素晴らしく歌が上手い。
小さい役ではありますが、日本人女性も出演していました
ミュージカルの本場NYのブロードウェイで活躍している日本人
がいるなんて、とっても嬉しいです。
応援しています、Mayumiさん。
[PR]
by hinaokunio | 2005-02-21 15:40 | SIGHT SEEING
●Moses Brown High School
偶然にも同タイミングでアメリカ、しかも同じNY州(といっても
飛行機で1時間くらい離れているバッファローですが)
に赴任しているアメリカ留学時代の友達E子がNYに遊びに来ました。
高校2年次に1年間、学校の交換留学制度を利用し
ロードアイランド州にある姉妹校に通ったのですが、
彼女が本科生として入学してきた初年度と重なっていたのです。
同じ寮生、そしてアメリカ生活に慣れていないもの同士、
辛い思い出も、もちろん楽しい思い出も共有している彼女とは
その後も連絡を取り続け、結婚式にも来てもらいました。
そしてこの偶然!縁がありますね~。
暖かくなったら今度は私がバッファローに遊びに行きやす!
ナイアガラに連れていって下さいな。

●セントラルパーク
クリストのアートワーク「The Gates」を観に、セントラルパークに
行ってきました。サフラン色の12フィート幅の布地のパネル
が2本の柱に下げられたゲートが7,500本、セントラルパーク中に
立てられているのです。
詳しい説明は恵さんのホームページに記載してあります。
小林恵のNY通信
私は知らなかったのですが、クリストさんって有名なんですってね。
日本でもイベントをやっているとか。
アートの世界の事は良く分からないのですが、
美しいサフラン色の旗が風に煽られてはためく風景は壮観でした。
c0055212_15335998.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-02-21 15:15 | SIGHT SEEING

2/12(土) 移民街

●ニューヨーク移民街探索!
夫の提案で、ニューヨークの移民街を探索してみる事にしました。
チャイナタウン⇒リトルイタリー⇒ソーホー
(ここは別に移民街じゃないけど)
⇒イーストビレッジ(ウクライナ街)の順番にて。

チャイナタウンは旧正月中ということで、賑わっておりました。
中国人ってどこの国に行っても自分たちの街を作りますね。
ここはアメリカではないです、ハイ。
c0055212_13524665.jpg


リトルイタリーはチャイナタウンの隣にあるのですが、
かなりチャイナタウンの勢力に押され気味。
でも食事はとってもおいしかった!
最近、アメリカのおおさっぱな味付けに食傷気味だったので、
イタリアンっておいしー!と改めて実感。
リトルイタリーでは、水道管もイタリア国旗色になってました。
c0055212_13595746.jpg


ソーホーで買ったスリッパもついでに投稿。毎日履きます。
c0055212_1445214.jpg


●39階
私は今ミッドタウンのマンションの16階に住んでいるのですが、
同じマンションの39階に日本人女性が住んでいる事が発覚。
私と同じように、夫を日本に残し(!?)企業の研修生として
派遣されているそうです。
夫とともに夕食にお呼ばれしてきました。
これからもお世話になりますっ。
[PR]
by hinaokunio | 2005-02-13 13:50 | SIGHT SEEING
●前々からやってみたいと思っていたブログですか、
 とうとう始めることにしました。
 今年1月より会社の研修制度でニューヨークに駐在しているので、
 NYにおいて仕事・生活を送る上で自分なりに感じた事などを
 綴っていきたいと思います。

●なぜNYに来る事になったのか、ですが、ラッキーな事に私の勤める
 某化粧品メーカーには、毎年1年間海外で仕事(研修)をして
 経験を積ませ、将来的に海外駐在員を育成する
 というプログラムがあるのです。
 「いつか海外で働いてみたい!」という気持ちを強く持っていたので、
 ダメもとで受けてみたところ、
 運良くチャンスを得られることができました。
 ただ、派遣先として「第一志望 中国、第二志望 フランスです」
 と面接時に伝えていたので、NYと聞いた時はとても驚きました。
 が、どこでも住めば都。
 今ではしっかりNY生活をエンジョイしています。

●昨日から3泊4日で夫が遊びに来ています。
 夫とは1ヶ月ぶりの再会。
 今日は私も休みをとり、家の近くにあり、
 前々から行きたいと思っていた
 国連のツアーに参加してきました。
 「安全保障理事会」や「総会」が行われているという会議室
 を見学しましたが、結構普通でした。
 
c0055212_20313739.jpg

 会議では常に6ヶ国語に同時通訳されるという事で、その言語とは
 「英語・フランス語スペイン語・ロシア語・中国語、
 そしてアラビア語」だそうです。
 なぜ、アラビア語??

●Rさんも通っていた名門大学「コロンビア大学」にも
 行ってきました。
 私と夫の母校もかなり広かったですが、
 そんなの比較にならないくらい広い!
 迷子になりましたが、とりあえずコロンビアTシャツをゲット。
 かわいいでしょ??テニス用です。
c0055212_20331641.jpg


●初回という事ではりきって書きすぎました・・・。
 できるだけ長く続けていきたいと
 現時点では思っているのですが、どうなる事やら。
[PR]
by hinaokunio | 2005-02-12 06:45 | SIGHT SEEING