NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:DAILY LIFE( 68 )

とうとう決行されてしまいました。
20年ぶりのニューヨーク市交通局(MTA)の職員組合(TWU)によるストライキ。
昨夜3時より市の地下鉄・バスなどの公共交通網の運行は停止。何でも2度にわたる職員の賃上げや待遇改善を求める労使交渉が決裂したことによる最後の選択らしい。。

先週から交渉が難航しておりストが始まるかも、とはニュースで聞いていたけどまさか本当に始まるとは思わなかったよ。だって、マンハッタンのメトロ&バスの前面運行停止ですよ。どれだけの経済影響があるかって、そりゃすごいですよ。(←実際のところは良く分かってないのだけど)

TWUのWUのトゥーサン委員長はこの発表で、「市交通職員は、不適当で尊敬もなく扱われることに疲れ果てた」と述べて「悲しいことだが、MTAが提示した条件は受け入れられない」として、即座に全面ストを決行する意思を表明した、とかですが、このストは、マンハッタンやクイーンズ、ブルックリンなど五つの地区で実施。延べ700万人の乗降客が公共の移動手段を奪われるのですよ!スケールが違う。

このストを受けブルームバーグ市長は非常事態対策案を20日朝から、実施することを表明し、ニューヨーク市警は午前五時、マンハッタン島の96丁目以南で4人以上人が乗っていない車両の進入を禁止しています。また、主要道路では、緊急車両や市営の旅客移動サービス車両のみに通行を許可。ホーランド・トンネルやリンカーン・トンネル、ジョージ・ワシントン・ブリッジなどマンハッタン島中南部につながる交通の要衝でも交通規制が始まっております。。。

とここまで書きながら、私には全く影響がないんだよね。。毎日徒歩通勤だから。時々バス通勤もしているけど。会社まで徒歩で15分の距離!同僚達の深刻な「明日どうしよう」という会話にイマイチ乗れない。。ちょっと寂しい。

今日もいつもと同じように8時半に家を出発。でもいつもと違うところは徒歩通勤者が多いことと、
c0055212_13121775.jpg

道路を走るバスがいなくて閑散としていること。
c0055212_1313024.jpg

会社にもしかして誰もいないかなーなんて思っていたけど、みんな頑張ってる!
2時間かけて歩いてきた人やタクシーをそれこそ何時間も待ってきた人。
アメリカ人見直したよ!あっさりあきらめる人ばかりかと思ってました。

とはいえ会社には半分くらいの社員しか出社しておらず、会社の中も閑散。。
ストの終わる目処はまだついてないとかで、これからどうなるのでしょう。
私は問題ないのですが、すごい経済打撃ですよね。どのように終着するのか、興味深々です。

PS こんな状況下、会社の入っているビルでクリスマストリートがありました。お菓子&飲み物取り放題。こうやって太っていくのよ。。
c0055212_131701.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-12-21 13:17 | DAILY LIFE

12月5日(月) Holiday Party

12月に入りHoliday Partyの時期となりました。
会社でも年1回の大きなPartyが開催されます。
企画・運営はPR部門のかわい子ちゃん達。

今日は社員にInvitationが配布されました。
最初、「何、これ?」と思ったけど。。。キャンディーに招待状がついている!かわいい☆
c0055212_1223211.jpg

みんなどんな服着るんだろ。事前調査しなくっちゃ。(といっても服の選択肢ないけど)

話は全く変わりますが夜、タイムズスクエア周辺を歩いていたらKing Kongをお見かけしました。
こ、こわい。。かわいくない。
c0055212_1225884.jpg

別にKing Kongに触発されたわけじゃないけど、今から映画館に行ってきます。
お目当ては「Pride & Prejudice」。
c0055212_1231255.jpg

大好きな作家Jane AustinとKeira Knightleyの映画なので観ない訳には行かない!と思いつつのばしのばしにしていたらもうすぐ終わりそうだったので。

家から10分の所に映画館があるのって最高。コンタクト外して眼鏡にほぼすっぴん状態で行っちゃいます。もう近所のビデオ屋に行く感じ。。
日本では絶対に出来ないだろうなー。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-06 12:31 | DAILY LIFE

11月29日(火) Carmen

冬はMetropolitan Operaのシーズン。
c0055212_1424799.jpg

今年初めにニューヨークに来た時、冬が終わる前に観に行かなくっちゃ、と行ったのが「Turandot」。そして今日は念願の「Carmen」を観て来ました。

「Carmen」は高校の音楽の時間にビデオで観させられたのですが、最初は内職をしながら片手間に観ていたものの、音楽とか舞台とかにぐいぐい引き寄せられいつの間にか夢中になって観ていた記憶があり、いつかチャンスがあったら生で観て観たい!と思っていたのです。

日本でオペラを観るとチケットが1万円~でないとゲットできない、と聞いたのですが、手ごろな値段で見れる今の環境に感謝、です。65ドルの席でも結構ちゃんと見えます。
ちなみに隣にいたおじいさん(72歳らしい)はシーズン中は毎週火曜日に1席リザーブしているのですって。ウェストチェスターに住んでいるのでマンハッタンまで45分ほどかかるらしいのですが、いくつになっても感動する心を持ち続けるのって素敵なことですよね。

さてカルメンですが、本当に良かったです。
オペラならではの豪華な舞台、豊富な人材、そして素晴らしい歌声、アンサンブル。
フランス語に英語字幕、なのですが物語を知っていたので苦なく理解することができました。
カルメンのストーリーって簡単に言ってしまえば、ストーカー愛の悲劇、かもしれないのですが、真面目で一本木なホセがカルメンの魅力にとりつかれ、だんだん狂気に苛まれていく過程が生生しく、とても痛かった。。でも、信念を貫くカルメンって好き。全然関係ないけど、東京ラブストーリでもさとみ、よりもリカの方が好きだったし。

「ファウスト」も観てみたかったなぁ。でも私がいる間には公演なさそうだわ。。

サンクスギビング終了後は、街はすっかりクリスマスモードに様変わり。
リンカンセンターのクリスマスツリーもきれいでした。
c0055212_14402549.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 14:40 | DAILY LIFE

11月21日(月) 携帯壊れる

夫も日本で携帯が壊れたようですが、私の携帯も壊れました。

壊れましたというと自動的な印象を受けると思いますが、ホント気付かない内に壊れていたのです。

携帯本体の充電器用の穴に、なぜか突然充電器のプラグが入らなくなってしまった!
充電ができないので2日ほどするとバッテリーがなくなり、瀕死の状態に。

留守電が入っているのは表示で分かるのだけど、聞けない!
電話がかかってきているのだけど、取れない!!
夫とも3日ほど音信不通になっちゃいました。ぜんっぜん心配してないだろーけど。

昼休み(特に時間は決まってませんが)に早速携帯屋に。
会社に渡された携帯がCingularなのでCingularショップへゴー。
小さいお店に店員一人。お客は私一人。
なのになかなか相手にしてもらえず。。めっちゃプライベート電話中。

店員のプライベート電話が一段落したらしく、私の方をちらりと見て
「何の御用でしょう」と店員。
私;「携帯、壊れました。充電できないんです」
店員;「ちょっと見せて。あーこれ機種変更だね。電話番号教えて」
私;「○○○-○○(番号)」
店員;「あ、あんた法人契約だね。僕、分からないや。個人のお客しか相手にできないの」といってプライベート電話に戻る。私の事はもう完全無視。

えーーー、ってあなた、じゃ、どうすれば良いのか教えてよ!!
その後は「僕に出来ることはない」の一点ばり。
ホント、アメリカってこうゆう事が多いんです。自分の出来る範囲外のことは、同じ会社のことでもノータッチ。日本だったら同じ会社内の事だったら(でなくても)当たり前の事としてご案内しますよね!

アメリカに根強く残るチップ制が象徴しているように、アメリカでは「サービス=有償」という概念なのです。日本のサービスは世界スタンダードから見ると過剰と言われますが、アメリカのセレブの間で人気なのがケアの細かい「日本の美容室やエステサロン」であったり、アフターサービスの手厚い「日本車」が売れてたりすることを考えると、「サービス=無償」から生まれるビジネスチャンスは大きいと思うのです!!

もうアメリカの低サービスには慣れた、というか潔く諦めた方が楽というか、この1年で心が広くなったような気がします。

携帯は結局、Cingularに直接電話をかけて、そこでもたらいまわしにされた挙句、ようやく新しい携帯を送ってもらうことで解決しました。(電話番号は変わらず)
例え並んだとしても、細かいケアをしてくれるドコモショップを懐かしく思い出しちゃいましたよ。。

何だかイライラ日記になっちゃったので、全然関係ない楽しい写真をアップ。(写真映りがイマイチで残念)
グランドセントラル駅にライトアップ。夜の9時頃たまたま歩いていたら天井で音楽付きのショーがやっておりました。曲は「赤いはなのトナカイ」。かわいかった!
c0055212_1552181.jpg

c0055212_1554211.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-11-23 15:09 | DAILY LIFE
ちょっと二日酔い気味の土曜日の朝。
昨夜のテニスの帰り、コリアンタウンで完全に飲みすぎた。。
テニス仲間男3人、女1人という状況で、一番飲んじゃってたもんなー。気付いたらJINROの空き瓶が転がってた。反省!(を繰り返して社会人歴早6年目)

とっても爽やかな朝を乗り越え、向かった先はボスの家。夕食に呼んで頂き、憧れのNY郊外ファミリーライフを垣間見てきました。

グランド・セントラルから電車に乗られること40分ほど。Ryeの駅にてピックアップしてもらいました。余談ですが、電車の中、アナウンス機械がオンになっていたらしく、車掌さん同士の会話が筒抜け。

「お前、今夜のご飯何食べるの?」
「別に・・・」
「あ、そこの紙取ってくんない?」
「オッケー」

というようなものすごくくだらない会話が20分ほどBGMとして流れていました。
乗客無反応。。というか、20分も気付かずにいるなよ!!とせっかく持っていった本に集中できずイライラモード。

そんなイライラを吹き飛ばすような、長閑でリッチなWestchesterの街並み。
ボス曰く、この辺りは「医者」か「弁護士」か「駐在員」ばかりが住んでいるとのこと。
高い共益費を払う代わりに、安全は保障されており、優秀な学校が集まっているんですって。

ボスの家は「狭いから気に入ってないんだよ」なんて台詞が信じられないくらいのお家。
3階建て、もちろん庭付き。地下にはビリアード場があります。
うーん、海外生活長いと感覚もグローバルスタンダードになっちゃうのね。
日本に戻ったらギャップが大変だろうな。。などと勝手に余計な心配をしつつ、黒木瞳似の奥様の素晴らしくおいしい料理に舌づつみをうちました。

ボスの息子さんはフランスで生まれ、イギリスで育ち、一瞬日本に帰るもまたニューヨークへ。
8歳にして世界主要4都市に住んだことのあるメトロセクシャルガイ。
もちろんバイリンガル。羨ましい!!

思った以上に長居をしてしまいました。それだけ居心地の良いご家庭だったのです。
マンハッタンライフもいいけど、家族と一緒だったら郊外生活も楽しそう。
幸せ家族のあったかさに私までぽかぽか気分になっちゃいました。

マンハッタンに帰ってきて向かった先はこれまた友人のホームパーティ。
ボス宅とは180度違うどんちゃんなホームパーティでしたが、これはこれで楽しいよね。
私もまた企画しなくっちゃ。宝の持ち腐れになっている食材を使い切らないとな。。
[PR]
by hinaokunio | 2005-11-15 16:09 | DAILY LIFE
とうとう念願のあの方にお会いできました。
一方的にだけど、3秒だけだけど。

メイド・イン・ジャパンの偉大なメジャーリーガー
松井秀喜に!

ご近所に住んでいるのに、10ヶ月間ちらりとも
お見かけしたことはなし。
友人達は「カップルでいるとこ見かけたよー」とか、
「握手したことあるよ」などなど、の目撃談を
羨ましく、いえ、恨みがましく思っていました。

だって、野球に興味のない人達が会えて、
中高の青春時代を野球(ソフトボール)に捧げた
(生涯成績1勝30敗以上1引き分け。。)野球好きの
私が会えないなんて!!

NYの人材バンカーであるMさんのお陰です。

Mさんがランチ時、彼女のいきつけのお店である
「レストラン日本」(以前もお世話になりました)
を予約してくれ、Rちゃんと3人でランチをしたのですが、
そのときMさんのお友達のシェフが
「今日、松井来ているよ」とさり気なく教えてくれたのです。

もちろん松井は豪華お座敷(小泉首相も使うというVIP座敷らしい)
にいるので、外からは見えず。
うーん、近くにいても会えないのね。。と思っていたら!

トイレに行く松井をMさん発見!
私は食事に夢中になっており、肝心な場面を見逃してしまったのです。。
が、待つこと5分ほど(長い!)トイレから出て席に戻る松井を
発見!
ヤンキースだから?モード系のストライプのシャツを着た松井、
の後ろ姿を拝むことができました。
3秒ほどね。。。

たったこれだけの遭遇談に長々と書き連ねてしまった自分が
恥ずかしい。でも、嬉しかったんだもん。
速攻夫に電話。日本、朝の4時。「なにーー?」と寝ぼけ声の
夫。ご、ごめん。興奮しすぎて時差のこと忘れてました。
[PR]
by hinaokunio | 2005-11-06 15:54 | DAILY LIFE
今日は10月31日!そう、ハロウィーンです。

日本にいたら何気なく過ぎ去ってしまうハロウィーンですが、こちらでは1ヶ月ほど前から大賑わい。街中のあらゆる場所でハロウィーンの飾りつけが行われており、関心がなくてもハロウィーンの存在を感じてしまいます。魔女の人形とか、もちろんパンプキンとかが至る所に無造作に置いてある!

週末にもハロウィーンに関するいろいろなイベントが行われていたようですが、カナダの自然を満喫中だったためジョインできず、、、。結局行きたかった「haunted house」にも行けず。

でも本当のハロウィーンである今日、パレードを観て来ました!

会社のドイツ人の同僚が随分前に「行こう行こう!」とお誘いをかけられていて、どうやら意外なことにドイツにはハロウィーンの習慣がないのですって。彼女も私と同じくらいの時期にNYに来ているので、是非ともアメリカのハロウィーンを体験したかったらしいのです。

さてそのパレードはSixth Avenue from Spring Street to 22nd Streetの範囲で行われます。パレード自体は19時開始なのですが18時半までに仮装をして指定の場所に行けば参加することができます。

同僚が「混むらしいから早く行こう!」と主張するので、18時頃にはパレードのゴール地点である20丁目あたりに到着。でもここからが長かった、、、。確かに19時くらいにパレードは始まっているみたいなんだけど、私達が陣取ったのはゴール地点。結局2時間くらい立ちぼうけで待つはめに。

待っただけあって、パレードが来たときの周りの興奮っぷりはすごかった!
もちろんパレード参加者の盛り上がりもすごかった!!
はい、ここからは写真の羅列になります。

c0055212_1517636.jpg

c0055212_1518127.jpg

c0055212_15183055.jpg

c0055212_1519116.jpg

c0055212_15194910.jpg

私は最高に楽しかったけど、前にいた子供は泣きまくり。
そりゃ、怖いわね。。。

パレード終了後、ほろ酔い加減で飲んで帰ってきたらマンションの中にはまだハロウィーンの残存が。
c0055212_15222070.jpg

この人形、しゃべるという高度技を持っていました。千鳥足気味だったので、まじでびびりました。

未だハローウィンって本来は何のお祭りなのか分かってないのですが(魔女、が関係あるのは何となく分かる)、街中でこんな風に盛り上がるのって楽しいですね。
次回(っていつ??)は参加者側でパレードにジョインしてみたいと思います。
[PR]
by hinaokunio | 2005-11-01 15:17 | DAILY LIFE
風邪はほぼ過ぎ去りました。はい、ほぼ大丈夫です。
と思ったら会社の先輩に風邪がうつってしまったらしい。
風邪はうつすと治るっていうけど、、、。申し訳ないです。

さて、金曜日です。しばらく(といっても2日だけだけど)夜寝てばっかりいたので体が鈍り気味で気持ち悪い。
咳はまだ出るけど、体調は完全復調した、と判断して金曜テニスに参加。
そしてイースト側の「SAIGON GRILL」にてお食事。

ウェストサイドの「SAIGON GRILL」には何度も行ったことあるのですが、
イースト側(3Ave, 88St)のは初めて。
ここはおいしいし、安いし、早いし(そんな歌ありましたね。牛丼?)いいね。
思う存分食べて&飲んで、一人22ドル!
「安いねー」と勝手に得した気分になり、じゃぁもう1軒行ってみよーとおいしいワインの飲めるお店「UVA」へ。(→結局高くつくパターン)

ほろ酔いの良い気分で家に帰りつくと、私宛の小包、というか大包が届いてました。
「??」と思いながら封を開けると、中からはステキな絵が!
c0055212_11184667.jpg

以前サンフランシスコに出張した時にお世話になった同僚が送ってくれたのです。
彼女はうちの会社の営業担当なのですが、ジャズシンガーでもあり、絵描きさんでもある多才な女性。
別れる時に「絵を送るから住所教えて」と言われたのだけど、まさか本当に送ってきてくれるとは思わなかった!直筆の絵を頂くのって本当に嬉しい。
絵を見つめていると彼女がどんな事を感じながらこの絵を描いたのか、伝わってくるような気がします。大切にしたいと思います。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-25 11:20 | DAILY LIFE
オリンピック風邪のことは以前書いたけど、とうとうやられた、、、かもしれない。

会社で同室の3人は次々と風邪を引いていき、というか、風邪を次の人に移して本人復活、という連鎖現象があったのですが、私は一人その現象とは無縁。同室の同僚には「サイボーグ?」と聞かれるくらい。
会社の中の空気が篭っているのか、バタバタと他部署の人達も風邪に倒れているのを横目に、「私は大丈夫」とタカを括っていたのですが、今朝起きたら声が出ない!咳が止まらない!ついでにお腹が痛い!!
普段風邪には無縁なので、こんな時どうして良いか分かりません。

とりあえず会社の同僚に電話をし、ちょっと様子を見てから出社することに。
ボスの携帯に連絡がつかなかったのでメールで状況を報告。
すると、後から「ひとりで病床は心細いでしょう。お大事に!」という優しいお言葉が。
弱っているのでほろっときちゃいましたよ。(風邪の人にかける普通の言葉なんだけどね)

咳と戦いながらちょっと寝るとだんだん体調が良くなってきた(ような気がした)ので、昼過ぎに出社。大丈夫だと思ったのです。周りの同僚はびっくり。「nao、風邪の時は休むものよ」と。風邪をひきなれていない私は自分の健康を過信しすぎていたようです。「大丈夫、大丈夫!」なんて元気でいられたのもしばしの間。やはり体調すぐれず、、、。

上司に「帰ってゆっくりした方が良いよ」とアドバイスされ、結局帰宅することとなりました。
早退って会社に入ってからはじめての経験。あ、入社1年目のときもあったわ。「絶対に会社に行かなきゃ」(私がいなくても全く大丈夫なのに、、、)意地で会社に行って、結局帰されたんだった。ゆっくり寝たお陰で大分良くなりました。明日には完全復活できそうです。健康第一ですね。久々に実感しました。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-21 13:17 | DAILY LIFE
fujikoさんに頂いた情報で今週がSpa Weekであると知り、50ドルでトリートメントを受けれるなら、と前から行ってみたかったスパに電話してみました。

結果、目ぼしい所全て予約でいっぱい。そりゃ、そうだ!完全に出遅れだ。
一店、家の近くで便利なところの予約がとれました。
「Cellulite Endermologie Center」というSpa。
コースは「35 Minute Tri-Active Laser Dermology Session for Cellulite Reduction or 25 Minute Laser Facial」というのを予約してみました。

が、、、会社のイベント(何とみんなでRoller Skateに行こう!というこれぞアメリカンなイベント)の日を勘違いしていて、急遽予約の変更をお願いすることに。
予想通り「もうその日は予約でいっぱいなの。もう一つの支店で違うメニューならOKよ」と、、、。もう一つの支店はちと遠い上に、違うメニューは「75 Minute Special Manicure, Pedicure & Shoulder Massage」ですって。うーん、これじゃネイルサロンに行くのと変わんないじゃん!と断ろうとしましたが、「足マッサージも肩マッサージも気持ち良いわよー」という声につられちゃいました。どうせネールも行きたいな、と思っていたところだったし。

結果、気持ち良かったです。肩&背中をぐりぐりマッサージ&足もパックしてもらいました。
75分間、みっちりじっくりもてなしてもらって、まぁ満足。
でも、やっぱり最初予約したフェイシャル体験をしたかったなぁ。。。残念!
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-20 09:09 | DAILY LIFE