NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:RESTRAUNT( 56 )

10月11日(火) 合コン!?

今日も雨、、、。

雨の日ってどうしても気分が沈みがちになっちゃいますよね。
しかもここ最近、仕事がちょっとせっぱつまっていてブルー、、、。そんな気持ちを払拭すべく、合コンに行って来ました。(私の都合で1時間遅れのスタートに。ごめんね!)とはいっても合コンをやられる方(?)ではなく、やるほうね。幹事です。

相手の幹事さんも既婚者。お互いの友達に独身ですっごく良い人がいる!とのことで、じゃ、紹介し合いましょう、との運びになったのです。

私の方のメンバーは同僚&テニス仲間。良く遊んでもらっている大事なお友達です。で、相手の方は幹事さんの同僚で、会計士さん。
狭いニューヨークなので共通の友人がたくさん見つかったりして楽しい会合となりました。
次回はたこ焼きパーティーをやることとなりました!たこ焼きと言えば最近東京に帰ってしまったGちゃんを思い出す。おいしかったなぁ、あのたこ焼き。

ところで結婚前は私も人並みに合コンには行っていました。一番良く行ったのは同期メンバーと。「目指せセレブ!」を地で行くその同期がもってくる話は、厳選されているだけあって「商社マン」「マスコミ」「医者」などなど。所謂、「高学歴」「高収入」な方々。私はその当時の彼(今の夫)には何でも話してしまうので「今度合コン行ってくるねー!もし運命の人と出会っちゃったらごめんね、あはは」と言った上で参加してました。夫も慣れたもので「はいはい、もう運命の人と出会っているから大丈夫だよ、あはは」と余裕をかましてました。

のろけるわけではないのですが、夫が言っていたことは当たってたわけです。色々な人と飲み会をして気付いたのは「なかなか一緒にいて落ち着けて、更に笑いのつぼが合う人っていない!」ということ。女の子だと結構簡単に見つけられるのですが、男性だとなかないないのよね、、、。そう!最近気付いたんだけど、私の好みって「おもしろい人」なんだよね。人生には「笑い」が必要だと思いませんか?一緒にいて、同じポイントで笑い合えるのって幸せなことだと思うのです。
もちろん夫と結婚した理由は「笑い」だけではないですよー。色々な点がぴったりだったのです、なーんて。(たまにはね!)

私達夫婦はとにかく良く喋り、笑います。といいつつ、今はマンハッタンと横浜に離れてくらしているので、私のてくてく通勤時20分間の電話が全てなのですが。ハンズフリーのイヤホンをこんなに活用しているのは、イエローキャブの運ちゃんとわたしくらいでしょうね。(うそ。イエローキャブの運ちゃんの活用率には到底及びません、、、)
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-13 14:30 | RESTRAUNT
今回のチチハハ渡米は水曜日の夕方に来て日曜日の昼に帰るという強行日程。
平日は夜しかお構いできないので、夜、十分に楽しんでもらえるプランを色々と考えたのですが、
○プレーオフ中のYankeesのチケット×(こんな急に取れるわけない!)
○NYのお肉といったらこれ!肉好きチチのためにPeter Lugarのレストラン×(2週間前に電話したのに予約取れず)
といった具合。

うーんどうしようかなぁと悩んでいたのですが、思いついたのが
「マンハッタンクルーズディナー」。
これだっからマンハッタンの夜景を堪能できる上に、ジャズも楽しめる(はず)。

探してみるとクルーズの種類がたくさんあってこれまた悩む。
結局「Bateaux New York」を選びました。
決め手は「船の窓一面がガラス張り」ということと「グループ毎にテーブルが用意される」ということ。
他のところはブッフェ形式だったり、合い席だったりで落ち着いて食事を楽しめなさそうだったので。
値段は一人110ドルくらい。ドリンクは別です。

天気は生憎しとしと小雨。19時半にChelsea Pierから出航予定だったので19時すぎに到着。既に7割くらいのテーブルは埋まっており、さすが男性はタイの着用が求められるだけあって、セレブな世界が広がっていました。
c0055212_13161052.jpg

c0055212_1318462.jpg

もちろんジャズバンドの生演奏付き。雰囲気を盛り上げてくれました。
c0055212_1338194.jpg

出航しても小雨は降り続けていましたが、夜景を見るのに全く問題はなし。
Chelsea Piarからイーストサイドを40丁目くらいまで、折り返して自由の女神を間近で見て今度はウェストサイドに。
やはりすごいのはLower Manhattanのビル群と、自由の女神。

自由の女神に接近した時には「God Bless America」の生演奏がかかり、ライトアップした自由の女神が神々しく輝いていて感動的な場面となりました。ハハは「アメリカってやっぱりすごいねー」とちょっと感涙。暗くて写真が上手くとれなかったのが残念!
c0055212_1326287.jpg

食事ですが、私は前菜に生ハム、メインにチキン(チキン好きなのでついついチキンを選んでしまいます)デザートにはクリーム・ビュフレ。
写真はチチがメインに選んだポーク・チョップ。「肉が厚すぎる!」と驚いてました。
私はすっかり慣れちゃったけど。もちろん半分食べたところでギブアップ。
c0055212_13302178.jpg

帰着は10時半。3時間のクルーズとディナーに両親も喜んでおり、初体験の私も大満足。
夜景&ジャズ&ディナーを一気に体験できるクルーズ、時間のない旅行者にいいかも。
時間のある在住者にとってもマンハッタンの夜景をじっくり&ゆっくり見れて、楽しめること間違いなし!です。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-10 13:34 | RESTRAUNT

10月5日(水) チチハハ訪米

タイトルとは関係ないのですが、まずはランチにまつわる話。

普段は上司とランチにいっているのですが、週1回は同僚のシンガポール人とランチに繰り出します。女の子ランチも週1回は必要!盛り上がりすぎて1時間以上ランチに費やしてしまうこともあり、そのために二人で残業してたりします、、、。また、上司とタイミングが合わない時は近くのお弁当屋さんに買出しに行きます。日本のお弁当屋さん。夜がだいたいアメリカンな料理を食べることが多いので、やっぱり一日一食は日本食を食べたくなっちゃうのよね。やっぱり日本人だなーと思う瞬間って実はご飯に関わりのあることが多いです。

今日は上司が外出していて、12時頃お腹もすいたしさて、買出しに行くかーとバッグを持っておもむろに会社を出ようとしていたところ、同僚が「nao、買出しに行くの?」と駆け寄ってきました。
最近、買出しに行こうとすると駆け寄ってくるこの同僚。「ついでに、、、」と必ずマックのデザートを購入してきて、と頼んでくるのです。まぁ、お弁当屋の途中といっちゃ途中なのだけど、お昼のマック混んでいるのよね、、、と思いつつ断られることなんて露ともおもっていない同僚の無邪気な笑顔に負けて結局いつも引き受けちゃうのでした。

さて、彼女が今日頼んできたのは「ヨーグルト」。いつも頼んでくるのは「サンデーのバニラ味」なのに珍しい。頼んだ後、さっさと机に戻ってしまったので、私もそのまま買出しに向かいました

そして15分後、会社に帰ってきて「はい」とブツを渡すと「あれ?サンデーじゃないよ、これ」と驚きの顔。「え?ヨーグルトって言ってたよ」と言っても「え??私の頼んだのこれじゃないよ」との一点張り。「でも、いいよ、これで、、、」とものすごく寂しそうな顔をするので「いいよ、私食べるよ。E(同僚)がマックに行くって言ってたから彼女にもう一度頼んでみて。何だかごめんね」と、私が謝った上、結局ヨーグルトも私が引き取ることとなりました。1ドルちょっとのデザートの話なので、そこでもめるのもバカバカしかったので。

マックのデザートって何だか邪道な感じがして、というか、マックのデザートを食べるんだったら他のデザート専門店で食べた方が数倍良いような気がして、今までマックデザートは未体験。
今回、初めて食べてみましたが。
c0055212_13292588.jpg

おいしいのねー!!全く持って期待してなかったせいなのか!?とってもおいしく感じて一気に食べてしまった。
マックのデザートというチープな食べ物に反応してしまった自分を腹立たしく思いつつ、やみつきになりそうな予感が、、、。今回、間違わなかったら食べずに終わっていただろうアメリカのマックデザート。お薦めです。

くだらない話を長々と書いてしまいましたが、ところで今夜から両親がNYに遊びに来ています。
夜は「SOHO HOUSE」の1階にある、今人気の「Spice Market」でお食事をしました。
繊細な味付けのアジアン料理と店内のオリエンタルな雰囲気、そしてチチは女性店員のセクシーなバック姿に大喜び。(ハハの目の前でね、、、)久々の家族団欒を楽しみました。
日曜日に帰国という強行日程ですが、思いっきり秋のNYを満喫してもらいたいです。
時差ぼけをものともせず、規則正しく夢の世界に旅立ったチチハハ。環境適応力はどうやら親譲りらしいです。

「Spice Market」
403 West 13th Street(at Greenwich St.)
1-212-675-2322
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-06 13:51 | RESTRAUNT
酔っ払い気味で眠いけど、今日ディナー&アルコールを一緒に食した友人達が「nao(念のため、私の名前)のブログおもしろくて楽しみにしているよ」なーんて言って下さるものだから頑張って更新しちゃうしちゃう!(お世辞だって分かっているけど)

私がブログをはじめた当初の目的は、自分の備忘録のため、そして日本にいる夫&友人に「こんな生活を送っていますよ」と報告するためだったのですが、それでも日々の私の生活や感情を読み取ってくれる人がいるのは嬉しいことですね。なんとなく連載を持つ漫画家の気持ちが分かったような、なーんて偉そうに!!

さてさて早速今日のご報告。
会社の同僚のRちゃんと一緒に(本当はmariちゃんも来る予定たったのですが体調悪く参加できず、残念!)彼女が見つけてきたお洒落なタイ・ベジタリアンフードを楽しめる「pukk」に行って来ました。
素敵なお店の集まる1Aveの4-5Stにあります。

店構えからしてお洒落。
一見クラブ風。でもれっきとしたレストランです。
c0055212_14241456.jpg

店内には寝ている仏像が。タイ・バンコクのワットポーを思い出しました。寛いだ姿(かどうか分からないけど)の仏様。和みます。
c0055212_14254823.jpg

さきほど記述したように、ここは「ベジタリアンフード」をサーブするお店。
肉、魚は一切ありません。でも、肉に見立てた料理が充実しています。
肉に見立てた料理、、、なぜ肉に見立てる必要があるのかしら。
ベジタリアンとなる人は、強制的になるのではなく、本人が選んでなっているはずなのでは?
それでも、肉を食べたい!と思う瞬間があるのかしら。

今回、私達が選んだのは、
「Spicy Spring Roll」
c0055212_14312672.jpg

まるでスナックのような食感。パリパリしていておいしかった!
そして、「Black Bean Ginger Chicken」と「Noodle Curry」
c0055212_14333555.jpg

チキンはおそらくキノコ類の食材を使い「肉」に見立てています。
はい、肉ではないのは一噛みで分かりますよ。そのものの味がおいしいので見立てる必要なんてないのに、とベジタリアンではない私は思ってしまいます。
ヌードル&カレーのコンビネーションはグッド。これって日本でいうカレーうどん的存在なのかしら。給食では随分お世話になりました。

気の置けない女友達と、あーだこーだと恋愛トークに花を咲かせ、気付いたらサングリアのハーフを4本くらい空けていました。その後、テニス仲間が2人合流し、もう1人合流する、というところで居酒屋「力」へ。いつものパターンでございます、、、。カラオケは行かなかったけど!

「pukk」
71 First Avenue(bet 4th & 5th Street)
tel;1-212-253-2741
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-05 14:40 | RESTRAUNT
ニューヨーク一おいしいと言われるステーキハウスの「Peter Lugar」のことはこの日記の中で何度か触れていますが(こちらこちらで)、NY滞在中の従姉妹&お友達に「NYで食べたいものと言ったら何?」と聞いたところ「肉!」というシンプルな答えが返ってきたので、こりゃPeter Lugarにお連れしないと、思い予約をとった訳です。
が、貴重な金曜日を日本から来ている従姉妹達と一緒に過ごしてくれる、という心優しいテニス仲間が合流することになり、Peter Lugarに電話したところ「え!?これ以上人数増やせないよ」と言われ予約キャンセル、、、。

うーむどうしようか、と思った矢先、いつもお世話になっているご近所S社長のお薦めレストランを思い出しました。ステーキハウスの「Ben & Jack's」です。
c0055212_1257319.jpg

何でもこのステーキハウスはPeter Lugarの元シェフがはじめたお店らしいのですが、味はPeter Lugarと同じ(ぱくりなのか暖簾分けなのかは謎)で、サービスはちょいとスノッブなPeter Lugarより良いらしく、「一度行ってみなよ」と言われていて気になっていたのです。

概観からは分かりにくいのですが、このステーキハウスは元中華料理店をそのままちゃっかり利用していて、中はまさにチャイニーズレストラン。テーブルは基本的に円卓。もうちょっと改装してもいいんじゃない!?というくらいチャイニーズテイストが残っています。

しかーし!!お肉はまさにPeter Lugarそのもの。
c0055212_12575991.jpg

ほっぺたが落ちそうになる肉汁たっぷりのお味です。骨の周りがおいしいのよね。必死になって肉をそげ落としたりして、サバンナのハイエナ状態。
オーダーの仕方も「○人前」と頼む方式で同じ。

ホイップクリームたっぷりのチーズケーキのお味まで同じ。
c0055212_12582718.jpg

これじゃPeter Lugarじゃん!と思うものの、本家のような歴史的な背景とか、ナンバー1で居続ける誇りといったような重厚な雰囲気は全く感じられないので総合的に判断するとやはりPeter Lugarの方に軍配があがるかな。

ただ、ミッドタウンにあるので、既に何度かPeter Lugarに行ったことのある方にはブルックリンまでわざわざ行かずに同じお味を楽しめ、値段も少々お安い「Ben & Steak」は便利です。
NY在住の肉好きな方、是非お試しあれー。

「Ben & Jack's」
219 East 44th Street(bet 2nd & 3rd)
tel:212-682-5678
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-27 12:48 | RESTRAUNT
昨日のことになりますが、セントラル・パーク内にある「Tavern on the Green」に行ってきました。
c0055212_13191824.jpg

前々から行ってみたかったレストランなのですが、行こうと思った日に予約が取れなかったり、このレストランでの友人企画ディナーにのれなかったり、、、と今まで相性が悪く、今日念願のディナーとなりました。だって多くの友人から「一度は行った方が良いよ」と勧められていたのですもん。

中と外を選べるのですが、暑すぎもせず気持ち良い夜だったので外でのディナーを選びました。
木にはちょうちんが飾ってあり、ファンタジックな雰囲気。
c0055212_13235872.jpg

料理自体は、まぁ普通かな?量は多いです。私はメインにチキンを頼んだのですが、3分の2を食べたところでギブアップ。随分食べちゃうようになりました。前は半分くらいでギブだったのに、、、。ま、まずいっす。

ここで何より素敵なのは、ディスコなのか社交ダンスかわからないけど、とにかくダンシングスペースで踊ることができます。
紳士・淑女が激しく踊っていました。ディスコ調の曲に合わせて、社交ダンスを踊っている人が多かったな。もちろん私達は見ているだけでしたが、みなさん気持ち良さそうでした。
c0055212_13301610.jpg

出口にはタクシー待ちならぬ、馬車の列が。さすがセントラルパーク。
c0055212_13314345.jpg

馬車で帰りました、と言いたいところですが、タクシーにて帰宅しました。
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-20 13:31 | RESTRAUNT
5月の最終週からはじまった「金曜日半ドン」も今日でおしまい、、、。仕事の都合上、全ての金曜日を半ドンにすることは出来なかったけど、十分堪能致しました。来週から「普通の」金曜日が戻ってきちゃうのかー。楽しかった夏が終わってしまいました。といいつつも、来週月曜日ははLabor Dayのため三連休。そして、夏休みを分けてとったので、その後に有給をくっつけちゃいました。いえーいっ。

金曜半ドン最後日の午後は同僚のEvelynと二人、会社の近くにありながらまだ足を運んだことのなかった「Aquavit」でランチを楽しんできました。

「Aquavit」はマンハッタンでは有名なスカンジナビアン/フレンチレストラン。
スカンジナビア料理って??状態の私達でしたが、行く前に何とかミートボール料理がおいしい、という情報だけ収集することができました。

レストラン全体が白を貴重としたシンプルながらもお洒落な雰囲気。ダイニングとカフェ、があるのですが今日のランチはカフェにて。カフェにはPrix Fix Menu($20,12)があるのです!!(もしかしたらこのLabor Dayまでかもしれないのでご注意!)

私は前菜にHeriing(ニシン) Plate、メインにはSwedish Meatballs、デザートにArctic Circleを選びました。
全部おいしかったけど、やっぱり事前情報通りミートボールがとっーてもおいしかった!
c0055212_13451944.jpg

大好きなチーズの味がよく沁み込んでいてほっぺたもとろけちゃいそうでした。

食事自体はリーズナブルな値段なのですが、ちょっと飲んじゃって、、、結局50ドル超えちゃいました。でも金曜日のお昼にワインを飲む機会なんてもうないでしょうからね。いいのだ!

夜は、来週日本に帰国してしまう友人のため、ちょっとしたサプライズパーティーを開きました。
幹事をしていたので、会場設定やケータリングの手配、会計等なかなか大変だったのですが、友人が喜んでくれたのでほっとしました。

今回頼んだケータリング「MANGIA」がおいしいと大好評。
c0055212_13524228.jpg

普通のケータリングより1割ほど高いですが、味は保障付き。ハウスパーティー時のお食事としてお薦めです。

「Aquavit Restaurant」
65 East 55th Street New York, NY 10022
(Bet Madison & Lex)
Tel;212-307-7311

「MANGRIA」
16 East 46th Street New York, NY 10017
Tel;212-754-7600
[PR]
by hinaokunio | 2005-09-06 13:54 | RESTRAUNT
高校時代の友人と久々のディナー。

楽しいお食事会の場所に選んだのは前から行ってみたいと思っていた「pure food and wine」
c0055212_13185363.jpg

店名そのまま、体に優しいオーガニックフードと、充実したワインを楽しめるレストランです。

お店のあるIrving Place周辺は、雰囲気の良いレストラン&カフェが立ち並んでいて、歩いているだけで楽しくなっちゃう。待ち合わせの時間まで余裕があったので、秋の訪れを予感させる、もの寂しくも気持ちの良い涼しい風を感じながらぶらぶらしていました。

レストランに入るとまず感動するのが、広々としたパティオ。
古いけど趣のあるアパートと、木々に囲まれたまさに「都会のオアシス」。
c0055212_13283782.jpg

まずはサマーサングリアで乾杯。色がトロピカルで「夏」って感じでしょ。
c0055212_13303975.jpg

食事ですが、「pure food」というだけあって、体に良さそうなメニューばかり。
前菜にはタイ風サラダ、
c0055212_13322278.jpg

メインはラザニアを選びました。
c0055212_13362255.jpg

両方とも、食物の素材を活かしてシンプルに調理してあり、アメリカンフードにすっかり慣れてしまっている私には「味が薄く」感じてしまいましたが、スパイスにまぎれてない食物の生の味をじっくりと楽しみました。外食なのに、健康的な食事をしたお得感もついでに味わえます。(単純、、、)

NYにいる数少ない高校友人のMは、映画のカメラマンになるために日々頑張っています。実力だけでなく、運も必要な厳しい世界にめげそうになることもあると思いますが、前向きに挑戦し続ける彼女の姿を見ていると、自分を信じて努力し続けることが人生を実りあるものにすることだと気付かされます。
来月から南米に行くとのこと。気をつけて、頑張りすぎないよう、でも頑張ってきてね!

「pure food and wine」
54 Irving Place New York NY 10013
Tel:212-477-1010
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-24 13:53 | RESTRAUNT
●チャイナタウン
今日は居候さんである友達と過ごす最後の日。明日から小旅行に行っちゃうもので、、、。
午前中はずうずうしくもお掃除を手伝ってもらい、お腹がすいたところでチャイナタウンに飲茶を食べにいくことに。

私は前回行った所に行こうと思っていたのですが、友達の友達であるチャイニーズアメリカンのDavidが合流することになり、香港から生後8ヶ月でNYに移り住んだという、チャイナタウンばかりではなくNYのこと(特にナイトライフ)なら何でも知っている(らしい)彼にお薦めの飲茶に連れていってもらうことに。

Davidが連れて行ってくれたのは「金橋大酒棲」。最近出来た飲茶レストランらしい。ここも例にもれず夜になるとウェディング会場になるらしく、演台もあるド派手な作りなのだけど、更に大画面テレビが四方八方に設置されてました。
味は前行った飲茶とそんなに変わらないように思ったけど、嬉しかったのは前回食べれなかったチマキがあったこと。鳥のもち米がおいしかった!ごちそう様でした。

飲茶でお腹を膨らませた後はマッサージへ。
最近肩が凝って仕方がないので、チャイナタウンに行ったついでに寄ろうかと。
CANAL通りを歩いているときに見つけた「Jun Yi Servicese Company」に入ってみました。

中は薄暗く、とても退廃的な感じ。
ひまそうなお姉さんたちが床に座っておしゃべりしています。
私が入った瞬間に、みなさんものすごい笑顔。ここに足を踏み入れた客は逃さない!という意気込みがダイレクトに伝わってきて怖かった。

上半身のマッサージが31分で21ドル。安い!!
丁寧にやってくれたのでかなり楽になりました。
今度はフットマッサージをやってみようかな。

「金橋大酒棲」
50 Bowery, NY, NY 10013
Tel;1-212-227-8831

「Jun Yi Services Company」
303 Canal Street, 2nd Fl, NY, NY 10013
Tel; 1-646-613-1123

●再会
日本はお盆休み、ということで夫が今日から一週間の予定で遊びに来ます。
私も合わせて3日間の夏休みを取りました。
5日間ほど休みをとってよいと言われたのですが、会社がバタバタしているし、夫は9月にまた来る予定なので(USオープンを観に、、、)分けてとろうかな、と。

飛行機が遅れ疲れ気味の夫と、友達と3人でメキシカン料理&ブルーノートを楽しみました。
夫とは毎日連絡をとっているものの、3ヶ月ぶりの再会。何だかんだ言いながらも、やっぱり嬉しいです!
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-16 22:52 | RESTRAUNT

8月12日(金) ASIA de CUBA

金曜日の午後、「Asia de Cuba」で遅めのブランチを楽しみました。
ランチのみ9月4日までレストランウィーク中(コースで25ドルぽっきり)ということで、グルメな同僚Rちゃんが随分前に予約をとってくれてました。
急遽、私の友達もジョイン。

今人気のブティックホテル「MORGANS」の1階にあるのですが、さすが店内はお洒落。
c0055212_2243515.jpg

昼間なのにこの空間だけ、既に夜の世界。
お客もドレスアップしている人が多く、カジュアルフライデーそのままに来てしまった私はとても浮いていました、、、。

「Asia de Cuba」は名前の通り、キューバ&アジアン料理のフュージョン。キューバ料理自体、知識ゼロ状態だったのですが、基本的に主食はお米らしい。でもフュージョン料理なので、どれがアジアンでそれがキューバなのか全く分からず。味付けは濃すぎず、でもスパイスはほとよくきいていてどれもおいしかった。

ここはファミリースタイルをとっていて、一人づつ一品頼むのではなく、3人の場合、前菜から2品、メインから2品を選ぶと、人数に合わせた量の料理が運ばれてきます。

私達は、前菜として「Calamari Salad」と「Thai Salad」をオーダー。
なるほどすごい量です。
c0055212_2281626.jpg

メインは名前を忘れてしまいましたが、チキンとサーモン。
c0055212_2295665.jpg

チキンの付け合せがもち米だったり、サーモンの下に海苔がひかれていたり、と日本人好みの創作料理となっています。

デザートはココナッツシャーベットとチョコレートケーキ。
c0055212_2214274.jpg

もうお腹いっぱいで3人がかりでも食べきれず、、、。
おいしかったのでもったいなかった!

まったり食後の紅茶を飲みながら話していたら、店内は既にディナーの準備が始まっていました。
c0055212_22151318.jpg

また夜の部にも行ってみたい!!今度はドレスアップして行きます。

「Asia de Cuba」
237 Madison Avenue NY NY 10016(38St)
Phone;1-212-726-7755
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-13 22:15 | RESTRAUNT