NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:MUSICAL( 31 )

夏の間、昨日のセントラルパークでのコンサートの
他にも様々な公演で催しが行われることは
こちらでも書きましたが、
毎週木曜日の昼には家近くにあるBryant Parkで
「Broadway in Bryant Park」という催しが
行われています。

3、4のミュージカルが、実際に舞台に出ている人達に
よって紹介されるというもの。
ミュージカルの歌&ダンスを無料で鑑賞できちゃうのです!!

今日は私の大好きな「Phantom of the Opera」が
聴けるということで、お昼時間を利用してBryant Parkまで
足を伸ばしてみました。

なのに!!仕事がキリ良く終わらず、到着した時には既に
「Phantom of the Opera」は終了、、、。がっくし。

ハンバーガーを食べながら「Beauty and the Beast」
を鑑賞。

ラフな格好で熱唱するただのおっさん、にしか見えないけど
実は野獣役のすごい人なのです。
c0055212_7301884.jpg

そして美女。あのゴージャスな服を着てないと
同じ歌を歌ってても違うなぁ。
c0055212_7313757.jpg

最後はやはり美女&野獣のデュエットですよ。
緊張してたのか美女ちょっと音外し気味、、、でしたが
素敵なカップルでございました。
c0055212_7333222.jpg


そして先日観たAltar Boyzが!!!
同じ週に2回も会えるとは。
これは運命!?(と思っている人が周りにたくさん)

さすがにオフブロードウェイのアイドル(!?)、
すごい盛り上がりました。
私も写真撮りまくりっっ。
c0055212_737279.jpg

c0055212_7374459.jpg

c0055212_7382345.jpg

隣のおばちゃんが騒ぎすぎでうるさかった、、、。

時間がなくてちょっとせわしないですが、
たまにはこんな昼休みも良いですね。

<追記>
ただいま1ヶ月の語学留学中の叔母がブログを
はじめました。時間のあるときにでも是非訪れて下さい。
「Vacation in New York」
[PR]
by hinaokunio | 2005-07-16 07:40 | MUSICAL
今までブロードウェイミュージカルは結構見てきたけど、
実はまだオフ・ブロードウェイミュージカルは未体験な私。

ブロードウェイとオフの違いは劇場の場所、ではなく
座席数の違いだそうな。オフ・ブロードウェイの下には
オフ・オフブロードウェイという括りがあります。

イケメン好きな会社の先輩に誘われて、
オフ・ブロードウェイミュージカルの
「Altar Boyz」を観てきました。
c0055212_22432741.jpg

その先輩曰く、「SMAPみたいなイケメン5人組のショーなの!!」
ということで、別にSMAPは興味はないけど、イケメンは
には興味ありありなのでお供致しました。

物語は敬虔なクリスチャンである5人が
「Altar Boyz」を結成し、ポップな音楽とセクシーなダンスで
神の教えを説こうというもの。
ミュージカルというより、アイドルコンサートのノリに近いです。

最初は「安っぽい学園祭の出し物みたいだな~」
なーんて冷めた目で見てたけど、5人が激しく歌うわ、踊るわ、
物語も単純明快で先が読めちゃうけど、結構おもしろくて
途中からは舞台の5人に釘付けになっちゃいました。

先輩には「ミーハーなんだから~」と言われたけど
リーダーのマシューがかっこよかった!!
途中、観客の女性が舞台に引き上げられるのですが
マシューが彼女の目を見つめながら愛の歌を
歌っているとき、私も勝手に彼女になりきって
陶酔状態、、、(笑)

先輩はゲイのマークが一番良かった、と
言ってました。

観客の半分くらいは彼らの追っかけみたいな
女性&男性(ゲイ)で会場は異様な盛り上がりを
みせてました。
彼らが一曲歌い終わる度に、「キャー!!」という
悲鳴が。
行ったことないけど、日本のアイドルのコンサートも
こんな感じなのかしら。

あっという間の1時間半。
予想以上に楽しめました。目の保養にもなったしね(笑)
[PR]
by hinaokunio | 2005-07-13 23:03 | MUSICAL
●Gay & Lesbian Pride Parade
毎年6月の最終週の日曜日に行われる
Gay & Lesbian Pride Paradeに釘付けになってきました。

名前の通り、ゲイとレズビアンの人権を訴える
超ハデでそして真面目なパレードなのです。

5th Aveと52nd StからChristopher StとGreenwich Ave
の間でパレードは行われます。
パレードが開始する12時の30分前に到着したら
参加する人と見学する人の山が。
そして、もちろん同性愛のシンボル、
レインボーがところかしこに見られます。

背が低いという普段は全くもって使えない
特徴を活かし、前の方への潜入成功。

そしてパレードが始まりました。
返す返すも写真がないのが残念。
(写真ゲットできたら後でアップしますが)
それぞれの団体の趣向を凝らしたパレードに
炎天下で立ちんぼしている辛さも忘れるくらい楽しめました。

やはり素晴らしかったのはブラジル団体。
ほれぼれするプロポーションのお兄さん(お姉さん?)が
サンバの格好(ほとんど全裸)をして、
お尻をくねくねさせる姿にもう釘付け。
きれいだったなぁーー。

そのブラジルダンサーズの後がなぜが
かなーり地味なアジアの団体だったりして
その落差にあらら、と心配になったりしだけど
(余計なお世話、、、!)
普通のおっさんが、これまた普通のおっさんの
手を握ってどうどうと行進する姿をみて
清清しい気分になったりもしました。

それにしても格好いいゲイの多かったこと。
ゑっちゃんと「もったいないよね、はぁ(溜息)」を
連発してました。
前にオトコ友達は
「かっこいい奴はゲイでいてくれ。そしたら
オコボレに預かれる確率も高まる!」
なーんて言ってたけど。

底抜けに明るいパレードを見て、
元気を分けてもらえたような気がしました。

●MAMMA MIA!

ミュージカルMAMMA MIAを観て来ました。
c0055212_13544977.jpg

日本では2度ほど観た事があったのですが
(会社のある汐留で公演していたので便利だった!)
ブロードウェイは初。

日本の劇団四季のも満足度は高かったのですが
やはり本場はいいですね。
なんてたって歌詞が不自然ではないのが良い!

ハッピーなエンディングに最後の盛り上がり。
見た方なら分かると思いますが、これでもか、というくらい
サービスをしてくれます。
c0055212_1358659.jpg

ホームページから写真をとったのですが、サイズ小さっ。

日頃のストレス(なーんてほとんどないけど)を発散できる
ミュージカルMAMMA MIA!
DANCING QUEENがしばらく頭から離れなさそう、、、。
[PR]
by hinaokunio | 2005-06-28 14:02 | MUSICAL
「THE PRODUCERS」を鑑賞してきました。
NYに来て観た7本目(多分)のミュージカルです。
c0055212_1404389.jpg


ブロードウェイ史上最高の12のトニー賞を受賞した言わずとしれた名作コメディーです。

あらすじは、年寄りを騙して出資させ、ブロードウェイミュージカルをプロデュースして大儲けをしているマックスが、生真面目でプロデューサーになることを夢見ているレオに、一夜で打ち切りになること間違いなしの最悪なミュージカルを上映し、資金を横領しようと話を持ちかけるが、そのミュージカルが大ヒットしてしまい、、、というドタバタものです。

色魔の老婦人やヒットラー狂が出てきたり、かなーり濃いゲイがクネクネしまくったり、と笑いのツボを押さえた演出。
(ちょっとドリフ入ってた、、、)

私には理解不能な下ネタがあったりしてついていけない所もありましたが、満席の観客は始終大爆笑。
隣の人は涙を流してヒザを叩きながら笑っていました。

主役二人だけでなく、主要人物は全員歌&踊りがイケてます。
2時間40分、と比較的長いミュージカルでしたが、全く飽きませんでした。

実はちょっと遅刻してしまい、最初の方が見れなかったのよねー。
ネットで確認してみたら最初の方にも見せ場があったようで
うーん、悔しい。
時間を間違えた、という完全に自業自得な遅刻なので
しょうがないんだけど。
火曜日は19時から始まることをすっかり忘れてました、、、。
[PR]
by hinaokunio | 2005-06-22 14:12 | MUSICAL
ブロードウェイはミュージカルだけではありません。
シリアスドラマも複数公演されています。

ミュージカルに夢中な私ですが、デンゼル・ワシントンが主演する
「Julius Caesar」の期間限定公演が6月12日で
終了してしまう、と知り先週思い立ってチケットを購入。
アカデミー賞俳優の生デンゼルを見てきました。
前から2番目の席で!
c0055212_1318993.jpg

映画1本出演すると2千万ドルのデンゼルさまですが、
今回の舞台は週給1700ドルで引き受けたのだそうです。
元々映画で活躍する前は、オフ・ブロードウェイで切磋琢磨
してたとのこと。
舞台が懐かしくなったのでしょうか・・・?

デンゼルが舞台に現れると拍手喝采。
うーん、かっこいい。さすがに存在感が違います。

紀元前44年の古代ローマ、デンゼルはブルータスを
演じておりました。でもなぜか皆、スーツ着用。
シーザーを殺す場面ではチンピラナイフ。
なぜ??と最初は違和感を感じでましたが、
役者達のすごい迫力に押されてそんな事はどうでも
良くなっちゃいました。

ブルータスの敵となるアンソニー(アントニオ?)が
演説をする場面があるのですが、真ん中の
前から3番目くらいの席にまで唾が飛んでました。
私もちょっとかかったーーー。うげげっ。

血の場面が多くてちょっと気持ち悪くなりましたが
ドラマとして非常におもしろかったです。
6月12日までなので、見れるチャンスのある人は
是非行ってみて下さい!

ところで、終了後、外に出てみるとものすごい人の列。
「え?この後、またやるのか!?」なんて思ったけど
そんな訳はなく、サインを待ちの列でした。
c0055212_13295429.jpg

ちょっと興味はあったけど、ものすごく待ちそうだったので
とりあえずデンゼルさまが出てくるのだけを待とうかと。
待つこと10分ほどで、ヤンキースのキャップをかぶった
デンゼル・ワシントンが出てきました。
一人一人に笑顔でサインをしていましたよ。
さすがハリウッド・スター。ファンサービスも抜かりなしっ。
[PR]
by hinaokunio | 2005-05-18 13:26 | MUSICAL

4/27(木) 念願のMusical!

●Wicked
待ちに待ったミュージカル「Wicked」鑑賞してきました。
c0055212_20505674.jpg

先月見に行こうと思ってチケットを取りにいったのですが、
「1ヶ月先まで満席」(!)と言われ、その人気ぶりにびっくり。

周りに聞いたところ、今ブロードウェイで一番ホットな
ミュージカルだそうです。

期待は高まるばかり・・・。
そしてついに今日の日を迎えました。(大げさ?)

まず、印象的だったのが劇場。
ブロードウェイと8th Aveの間、51stにある
Gershwin Theatreで公演が行われているのですが
とても新しく、きれい。

ブロードウェイにある劇場の多くは古く、
趣はあるものの、入り口が狭かったり、トイレが
使いにくかったり、と結構不便さを感じる事があります。

Gershwin Theatreは、日本の劇団四季の劇場の
ように入り口や階段が広く、他の劇場なら席に着くまでに
非常に時間がかかってしまうところ、
スムーズに指定席に辿り着く事ができました。

席は待ったかいがあって、前から3番目。
出演者だけでなく、オーケストラの指揮者の表情まで
間近に見れました。

ショーを観た感想ですが、もう最高!
歌、衣装、装置の全てが豪華で、ストーリーも
良くできています。

オズの魔法使いに出てきた悪い魔女(エルファバ)
と良い魔女(グリンダ)に焦点をあて、
エルファバがなぜ悪い魔女と呼ばれるように
なったのかが描かれるのですが、
物語の中にぐいぐい引き込まれてしまいました。

エルファバ役Shoshana Beanの歌唱力も素晴らしく、
彼女が歌う度に観客席からは口笛が。(ちょっとうるさい)
拍手がなかなか鳴みやりませんでした。

良いミュージカルを最高の席で見れて満足!な夜でした。

●夫渡米
明日から1週間夫が遊びに来ます。
上司との会食があったり、同僚夫婦と遊んだり
旅行に行ったり、と夫の体調(時差ぼけ)を考えず
予定を詰め込みすぎちゃいましたが(笑)、
楽しい1週間にしたいと思います。
[PR]
by hinaokunio | 2005-04-28 20:48 | MUSICAL

4/23(土) 2夜連続のMusical

●買い物フィーバー!
友達の「買い物をしたい」というリクエストに積極的に
お応えして、Woodbury Commonにお連れしました。

前回行った時は会社の先輩に車で連れていってもらったのですが、
今回はバスを使っての訪問。
往復37ドル。
お金をかけて行くとなると、何だか頑張って
たくさん買い物しないと!と思ってしまいまして・・・。

家に帰って戦利品を広げて見ると、結構無駄なもの、というか
既に持っているものと似ているものを買っているんだよね~。
自分の嗜好を改めて把握致しました。

Good Dealな買い物もちゃんとしていますよ。
①Coachのお財布(緑色!) 198ドル⇒64ドル
②バナリパのスプリングコート(桜色!) 100ドル⇒21ドル

買い物って楽しいけど疲れます。
帰りのバスでは爆睡でした。

●AVENUE Qな夜

Musical「Avenue Q」を観て来ました。
c0055212_1420594.gif

昨日の「Phantom of the Opera」とは打って変わって軽いノリ。
「セサミストリート」の製作にも関わったリック・ライオン
という人が作ったパペット(とてもかわいい!)と人間が共演し、
NYのアベニューQで繰り広げられる様々な物語を歌と踊りで
表現するのですが、観客笑いっぱなし。

近くに座っていた若い女性はいちいち手を叩いて
大うけしていました。
そのリアクションに私は釘付けでした。

セサミストリートの大人版って感じですが、単純に楽しめます。

最後の方にブッシュ大統領への皮肉をこめた歌があるのですが、
個人的にはそこが一番おもしろかった。

次のMusicalは待望の「Wicked」です!楽しみ。
[PR]
by hinaokunio | 2005-04-25 14:13 | MUSICAL

4/22(金) オペラ座な夜

私は自他共に認めるミュージカル好きですが、
そもそもミュージカル好きになったきっかけは、
高校時代に友達に誘われて観た劇団四季の
「オペラ座の怪人=The Phantom of the Opera」なのです。
c0055212_13245241.jpg


あの衝撃は今でも忘れていません。
物語、歌、舞台、全てに感動。特に、歌。
アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲のせつなく、美しい旋律。
「Point of No Return」の音楽がしばらく頭から
離れなかったものです。

そう、あの時から私の「The Phantom of the Opera」熱は続いているのです。

高校時代、ロードアイランド州に留学していたときも
長期休みには一人でバスに乗り片道4時間かけて
何度かブロードウェイに観に行きました。
そして更に感動!劇団四季よりずっと素晴らしい。
前から3列目で観た時はまじで泣きました。

多分、日本・アメリカ合わせて10回以上は観ていると思います。

そして今回のNY派遣。最初にNYと聞いてまず思ったのが
「ブロードウェイ!オペラ座の怪人に行きまくろう!!」
ということ。(仕事の事じゃなくて・・・スミマセン)

今日はこっちに来て3回目の怪人鑑賞
友達を無理矢理(!?)連れていきました。

ファントム役のHugh Panaro最高です。
今まで観た中で最高のファントム。
歌声はもちろん、演技が素晴らしい。
ファントムになりきっている、というか
ファントムそのもの。
最後、愛するクリスティーヌを愛のために
手放すのですが、その悲しさが伝わってきすぎて
胸が痛かった・・・。
やっぱり「Point of No Return」大好き。

カーテンコールでは彼に対する拍手が
いつまでも鳴り止みませんでした。

友達も大絶賛。終了後、速攻パンフレットを購入してました。

まだ観ていない方がいらっしゃいましたら、是非NYに
来てくださーい。
有無を言わさずお連れ致しますので!(笑)
[PR]
by hinaokunio | 2005-04-23 13:24 | MUSICAL
●Little Women
ミュージカルを観てきました。
今夜は「Little Women」を鑑賞。
邦題は「若草物語」ですね。

最近、朝のテレビで、「Little Women」に出ている主演のジョー役の人と
お母さん役の人のインタビューが繰り返し放映されていて
気になっていたんだよね。
1月23日から公演が始まったPretty Newなミュージカルらしく、
いつまでロングランするか分からないので行って見ようかな、と。

「若草物語」と言えば、私の中では「ハウス名作劇場」のアニメ。
日曜日の7時半から30分のあのアニメを心待ちにしていたものです。
でも前々から思っていて、そして今日見て改めて思ったのだけど、
「若草物語」と「赤毛のアン」ってストーリーに共通点が多いですね。

●主人公は夢見がちな小説家希望
●大好きな家族が死んでしまう
(アン・・・マシュー、若草・・・ベス)
●幼馴染に告白されるが、「一生結婚しないから」と断る
(その後、アンはギルバートと結局結婚するけど、ローリーは
エイミーと結婚してしまうのが大きな違いだけど)
●最初は非現実的な小説ばかり書いていて出版社に断られ
続けられるものの、大切な人(アン・・・ギルバート、若草・・・後の
結婚相手の大学教授)からの「身近な、家族や友達の事を
かけばいいんだよ」というアドバイスに従い小説を書いた所、
見事成功する

などなど。ちょっとマニアックですみません。
中高時代は「赤毛のアン」が愛読書でしたから。

ミュージカルに話を戻します。

私は今日パンフレットを読むまで知らなかったのですが、
主演のジョー役のSutton Fosterは2002年にトニー賞を
とった方らしく、やはり歌唱力はすごかったです。
最後のカーテンコールで観客総立ちでした。

全体的にも良かったです。ベスが死んでしまう所では
周りから啜り泣きが聞こえました。私ももちろんその一人。

内容を知っているからかもしれないけど、とても分かり易く、
最後にはハッピーな気持ちになれるミュージカル。

ゑっちゃん風に言うとお奨め度★★★★☆です。
[PR]
by hinaokunio | 2005-04-09 13:50 | MUSICAL

3/26(土) Chicago

●ミュージカル大好き!
マンハッタンに住み始めて2ヶ月半。
4本目のミュージカルを観てきました。

今回観たのは「Chicago」。

周りの人たちから、「Chicago」は映画を見ていないと、話の展開について
いけないと思うよ~、と言われていたのですが、ばっちり見ていたので
楽しむ事ができました。

バンドの人たちがBOXの中に隠れているのではなく、
ピアノも含めて全員舞台上に上がっていて、特に指揮者の人が
出演者の一人となっていたのが変わっていておもしろい!

セットや衣装は凝っていなかったのですが、ダンス&歌が
素晴らしく、興奮させられました。
歌って、踊って、良く息切れしないよね・・・。
っていうのは素人的感想。
世界の一流のミュージカルスターが集まっているんだもんね。
せっかくマンハッタンにいるのだから、1年間でできるだけ多くの
ミュージカルを観ようと思います。

関係ないけど、今日の夕食は吉野家の牛丼でした。
友人さん4人でよしぎゅーってきました。
知っている限り、マンハッタンには2軒の「YOSHINOYA」が
あります。ちゃんと牛丼あります。

その内1軒は、42nd Stの7Aveと8Aveの間、
まさにタイムズスクエアというすごい所にあります。
結構流行っているみたいで、満席状態。

おいしかったぁ~。ちなみに牛丼・並みが3.99ドル。
日本の値段が分からないので安いのか高いのか分かりません。
[PR]
by hinaokunio | 2005-03-27 15:31 | MUSICAL