NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

8月30日(火) 甘い午後

会社が入っているビルの管理会社が、午後1時~3時までBen & Jerry'sのアイスクリームの無料配布会を行いました。
毎夏あるサービスとかで、ビルに入っている会社の全社員が招待されます。

ランチ後お腹いっぱいなのに、「ただのものを逃すわけにはいかない!」と卑しい根性丸出しで貰いに行ってきました。

会場は会社のロビー。すごい列!!そりゃそうだ、34階あるビルで働く人全員が対象だもんね。
Ben & Jerry'sから派遣されてきた人が4人、せっせとアイスを配ってました。
フレーバーは8種類ほど用意されていて、私は「ココナッツチョコ」を選んでみました。
一すくいでいいです、と言ったのに「そんな遠慮せずに」って二すくい、こんもりすくってもらいました。うーん、遠慮じゃないんだけどな。

一緒に貰いにいった同僚はチョコ嫌いだそうで、ほとんど全てのアイスクリームにチョコが入っていた上に、唯一チョコが入ってないストロベリーアイスクリームは「苦手」なんだとか。
「食べれるものがない!!ビルの管理会社にフレーバーが少ないと文句を言う」と本気で怒ってました。彼女、細かいことにすぐ腹をたてるので、「大変そうだなー」と人ごとのように思う一方、見ていておもしろい。

アイスでお腹いっぱい、だったのに4時からは7月のお誕生会。今度は大量のカップケーキ。さすがに私は遠慮しました。肥満大国アメリカの片鱗を垣間見たような、、、。

次回のお誕生会は、多くの人のリクエストにより「寿司」の予定だそうです。
アメリカでデリバリーされる寿司、、、どんなんだろ。ご報告致します。

今テレビを見ながらブログを書いているのだけど、タイトルは「Shogun」。いかに徳川家康が素晴らしかったかをアメリカ人がとうとうと語ってる。ふーん、勉強になります。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-31 13:41 | DAILY LIFE
連日のデビュー戦。
今日はビリアードデビューをしてきました。

夫とリゾートに行った時に遊びでやったことはあるのですが、ちゃんと習ったことはなく、超自己流。ルールも良く分からない、、、。

でも今日は実姉が京都のビリアードチャンピョンで小さい頃からビリアードを仕込まれて育ったというビリアードマスターに基礎から習ってきました。

薄暗い内部に、たくさんのビリアード台。そして淡々と玉を突く男女。
c0055212_1116059.jpg

これはスポーツ?友人に聞くと「もちろんスポーツ」との答え。
オリンピック競技採用の最終選考にまで残ったんだとか。

ビリアード、楽しいね。全然入んなかったけど、玉が思い通りの穴に入った時は嬉しいわ。
しかも安い!部屋に篭ってやるという意味で共通のカラオケより安いし、頭使う分、文化的かも。

今日行ったビリヤード場はこちら。
「The Black Moon」
110 East 11th Street(bet 3rd & 4th Ave)

明日から待ちに待ったUSオープンが始まります。
テニス仲間10人くらいと、すっかりお馴染み「Peter Lugar」に行ったら、「キミ達はUSオープンに出場するテニス選手か?」と店員さんに聞かれました。
選手&コーチ陣の団体に見られたみたい。
冗談のつもりで「そうです」と答えたら、他の店員さんも寄ってきちゃった。
どうせアジア人選手の顔なんて分からないんだろうね。みんなテキトー。

とりあえず今週水曜日、ナイターセッションに行く予定です。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-30 11:25 | SPORTS
とうとうやってきました、アメリカゴルフデビューの日が。
日本でおちゃらけながらコースを回ったことはあるのですが、あれはもう3年ほど前。
その時期にお世話になった先輩から頂いたゴルフバックを持ってきちゃったからには、ゴルフ大国アメリカでゴルフをやりまくって上達しよう!!と思いつつ、テニスにばかりかまけていたら、あら夏ももうすぐ終わり!?

今日は友人の送別ゴルフ大会ということで、とにかく楽しくやりましょう!と「初心者大歓迎」との優しいお言葉をかけて頂いたので、ずーずーしくも初心者5人、ツアーに入れて頂きました。
4人×4パーティー、16人中初心者5人って冷静に考えるとすごい。
初心者には一人づつゴルフマスターがつくことになり、万全の体制です!!(誰が!?)

行ったのはNevele Grande Resort。マンハッタンから1時間半ほど車で行ったところです。
「マンハッタン周辺には30分以内で行けるゴルフ場がたくさんあるのに、なんでそんな遠い所にしたのですか?」と聞いたら、「後から人が来ないように、閑散としたゴルフ場を選んだ」とのお答え。ゴルフマスター達に気を使わせまくってます。ペコリ。

さぁ、ゴルフ開始!私は最終組で出発です。
ゴルフ場は、山&自然に囲まれており、お天気も良かったので気持ちが良いー。
c0055212_10591026.jpg

c0055212_10594844.jpg

初心者同士、「ゴルフじゃなくてゴロゴロお昼寝とかしたいね」とこそこそ言い合ってましたが、とにかく頑張るのみ!

結果は、、、聞かないで、、、。
ダフォりまくちゃったなぁ。でも、アプローチとパターがいいね」と褒められたよ!
途中めげそうになったけど面白かったので、一人前に近づけるように練習を継続的に行いたいと思います。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-30 11:06 | SPORTS
テニス仲間の友人が、自分のお誕生日に奥様に「マジックショー」のチケットをプレゼントされ、行ってみたところ「本当に驚きの体験をした」らしく、その事を興奮気味に語っているのを聞いたわたくし。その驚きの体験とやらをしてみようじゃないの!と(なぜか挑戦的)、行ってきました。「Chamber Magic」に。
c0055212_13354638.jpg


会場は各国政財界の要人が宿泊することで有名な「The Waldorf Hotel」内の一室。スィートルーム(多分)の豪華なお部屋に椅子が並べられてあって、席は自由に選べました。
早めに着いた私達は一番前の特等席をゲット。
席に座って改めて周りを見渡してみると、まるで17世紀のサロンのような雰囲気。
高価そうな調度品が置かれてました。
c0055212_13384269.jpg

c0055212_13391095.jpg

観客も綺麗に着飾ったお金持ちっぽい紳士&淑女ばかりで、マジックショーって「上流階級の娯楽」なの!?と思ってしまうほど。
友人から「ちゃんとした格好をしていった方が良いよ」とのアドバイスを受けていなかったら、カジュアルな服を着て浮いていたこと確実。友人に感謝!!

さて、肝心のマジックショーですが、これ本当に驚きましたわ。
Millionaires' MagicianであるSteve Cohenが行うマジックには、「なんでー!?」の連発。アメリカ人は「Oh, my God」と「Unblievable」の連発。
今冷静に考えても、理解できません。
彼曰く「これは超能力ではなく、トリックです」と前置きをしていたのですが、内容はどう考えても超能力を使わないと有り得ないものばかり。

例えば、、、
①「THINK-A-DRINK」
ショーが始まる前席に置いてあった白紙の紙に、自分が飲みたいドリンクを書いておいたのですが、ショーの途中にそれを近くの人と交換して、見せ合います。その後、一箇所に収集されるのですが、観客の中から選ばれた一人が収集されたそれらの紙をランダムに4枚選び、他の4人の観客に一枚つづ渡します。
4人の観客のうちの一人が一緒に行った会社の後輩だったのですが、一人づつ渡された紙を読み上げます。
すると、Cohenが最初から用意されていたヤカン(確かにずっとありました。ショーの途中に誰も触ってないのに!)から注ぐ飲み物が読み上げられた飲み物と合致しているのです。
「ミントアイスティー」とか「カルヴィネ」とかがちゃんと。
なんでー!?
②「THE BOOK TEST」
観客の一人が渡された本をパッと開けて、そのページ番号を読み上げます。その後、もう一人他の本(分厚い小説)を渡された観客が読み上げられたページ番号と同じページを開き、そのページの中で印象に残る単語を自分だけが見えるように指差します。Cohenはその人の目をじーっっと見てその単語を言い当てるのです。
なんでー!?
③「MARCO POLO'S DISCOVERY」
観客の中から指輪を三つ借りたCohen。それらの指輪をコップの中に入れて回すと、なんと三連リングになっちゃいました。指輪ですよ。金属の硬い指輪が繋がっちゃうの。
なんでーー!?

他にも不可解なマジックの連続、、、。
最初は観客の中にまわし者がいるのかと疑ったけど、どうやらそれはないみたい。
うーん、不思議だ!!タネを知りたいけど、タネはマジシャンの命だもんねぇ。
きっと永遠に謎は解けないんだろうな。
あっという間の1時間半のマジックショーでした。想像以上におもしろかった!!

余談ですが、マジックショーの後行ったバーで、一緒に行った後輩が偶然にも日本でお世話になっているという美容師さんと遭遇したのですが、その彼と一緒にいた女性、なんと私のブログを読んでいるらしい。「もしかしてハッピーニューヨークの人ですか?」と聞かれた時にはびっくり!!
私は親しい友人に「元気にやっていますよー」と伝えるために、また自分の備忘録日記としてこのブログをやっているので、積極的に告知をしていないのですが、全然知らない人が私のブログを見ていてくれて、更にその方と偶然お会いできるなんて、インターネットブログの世界ってすごいっっと感動してしまいました。

驚きの8月最終金曜日でした。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-29 14:20 | ENTERTAINMENT

8月24日(水) 見つけた!

今日はLincoln Centerで夏の間行われているMostly Mozart Festival 2005に行くはずだったのですが、昨日窓を開けて寝てしまったためかどうにも調子が悪くて断念。

モーツァルトの曲が集中して演奏されるこのフェスティバル行きたかったんだけどなぁ。
8月27日までなので、もうチャンスないわ、、、。残念!!

ネイルにでも行って、家でたまっているDVDを見てゆっくりしようかな、と。

そして!!、今日とうとう見つけました。素晴らしいネイルサロン、というかネイリストを!
以前ネイルサロンのことを書きましたが、今まで色々なネイルサロンを試しましたが、どこもメニューに工夫なし、サービス悪し、で前、デパートの営業をやっていたこともあり、最初はネイリスト(というよりただの店員)の無愛想さに一々腹を立てていたものですが、最近はこんなもんかな、とすっかり慣らされちゃってました。

でも、今日初めて行ったLexington Avenue、40th & 41st Streetにある「Blooming Nail」のネイリストのスーさんは素晴らしかった!!
一瞬たりとも気を抜かず、素晴らしい施術をしてくれた上、微笑みを絶やさず私が居心地良くいられるよう何くれとなく気を使ってくれました。
いつもおざなりに行われるマッサージもとても気持ちよくって、感動!
彼女からは「おもてなしの心」を感じることができました。

よし、スーさんの常連客になろうっと。ゑっちゃん、今度連れて行きますね。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-25 11:19 | DAILY LIFE
高校時代の友人と久々のディナー。

楽しいお食事会の場所に選んだのは前から行ってみたいと思っていた「pure food and wine」
c0055212_13185363.jpg

店名そのまま、体に優しいオーガニックフードと、充実したワインを楽しめるレストランです。

お店のあるIrving Place周辺は、雰囲気の良いレストラン&カフェが立ち並んでいて、歩いているだけで楽しくなっちゃう。待ち合わせの時間まで余裕があったので、秋の訪れを予感させる、もの寂しくも気持ちの良い涼しい風を感じながらぶらぶらしていました。

レストランに入るとまず感動するのが、広々としたパティオ。
古いけど趣のあるアパートと、木々に囲まれたまさに「都会のオアシス」。
c0055212_13283782.jpg

まずはサマーサングリアで乾杯。色がトロピカルで「夏」って感じでしょ。
c0055212_13303975.jpg

食事ですが、「pure food」というだけあって、体に良さそうなメニューばかり。
前菜にはタイ風サラダ、
c0055212_13322278.jpg

メインはラザニアを選びました。
c0055212_13362255.jpg

両方とも、食物の素材を活かしてシンプルに調理してあり、アメリカンフードにすっかり慣れてしまっている私には「味が薄く」感じてしまいましたが、スパイスにまぎれてない食物の生の味をじっくりと楽しみました。外食なのに、健康的な食事をしたお得感もついでに味わえます。(単純、、、)

NYにいる数少ない高校友人のMは、映画のカメラマンになるために日々頑張っています。実力だけでなく、運も必要な厳しい世界にめげそうになることもあると思いますが、前向きに挑戦し続ける彼女の姿を見ていると、自分を信じて努力し続けることが人生を実りあるものにすることだと気付かされます。
来月から南米に行くとのこと。気をつけて、頑張りすぎないよう、でも頑張ってきてね!

「pure food and wine」
54 Irving Place New York NY 10013
Tel:212-477-1010
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-24 13:53 | RESTRAUNT
休み明け初日はいきなりテレビ会議。
日本時間8時、NY時間夜7時にスタート、、、のはずがテレビの調子が宜しくない。
画面に映るものの、音声が全く届かない!!
どうやらこちらの問題ではなく、向こうの機械の調子が悪いようで。

機械と格闘する相手側を画面で見ながら、こちらは言いたい放題(他愛のないことですよ)、、、だったのですが!!
後から分かったことなのですが、どうやら向こうの声はこちらに届かないものの、こちらの声はばっちり聞こえていた模様。ひぃーーー。
ボス1が「何か悪いこと言ったっけ??」とこそこそと聞いてくるので「うーん、多分ギリギリ大丈夫だと思います」とフォローしていたところ、向こうが聞こえている事に気付いてないボス2がまずい事言っている~!!あわててジェスチャーで状況を伝えるものの、分かってもらえないっ。

会議前に気疲れしてしまいました。恐るべしテレビ会議っ。って普通こんな状況にならないですよね。

会議終了後は沖縄料理レストラン「すいび」で反省会。オリオンビールにラフテー、ごーやチャンプル。ここはニューヨーク??

帰りにゑっちゃんのブログを読んでいて食べたくなってしまったぶとうを買って帰りました。この量で1ドル99セントは安い!!幸せ~。

c0055212_1319242.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-08-23 12:57 | JOB
来週、とうとうアメリカでゴルフデビューをすることになりました。

日本では何回かラウンドしたことあるのですが、スコアは、、、聞かないで状態の私、とその仲間を心配して、ゴルフマスター達が練習に連れて行ってくれました。
アメリカでの打ちっぱなしは2回目。6月に始動したものの、すっかり自分の中でブームが下火になっていたのですが、打ち始めるとやっぱりおもしろい!!

マスター達に指導を受け、自分の変な癖を少しばかり矯正することができました。
3本に1本は会心のあたりが出来るように。野球なら3割バッターとして認められるんだけどなぁ。まだまだです。

来週は、周りの足を引っ張らないように、一生懸命「走ろう」と思います。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-22 13:08 | SPORTS
お昼の便で夫が帰国してしまった。
アメリカに来てすっかり一人暮らしに慣れたつもりだったけど、やはり二人は楽しい。
淋しくなるのぅ、、、と言いつつ夫は2週間後にまた来るのです。
今度は「私」だけに会いに来るのではなく、「フェデラー(US OPENね)(と私←希望的観測)」に会いに。
片道13時間、往復約1日の旅、ご苦労様です。

さて、夫を見送った後(部屋で、ね、、、深夜遊びがたたって起きれず。ごめん!)、夕方から友人とともに日本クラブ主催のイベント「Tanglewood音楽祭」ツアーに参加しました。

Tanglewood音楽祭、と聞くと世界の小澤征爾を思い出す人も多いかと思いますが、夏の間、ボストン交響楽団は本拠地をマサチューセッツ州の西にあるレノックスという小さな町にあるタングルウッドに移し、連日様々な演奏会を行います。タングルウッドまでニューヨークからはバスで3時間半くらいかかります。
c0055212_12271981.jpg


ボストン交響楽団の偉大な音楽監督の一人であったクーセヴィツキーの名を冠したクーセヴィツキー・シェッドは扇形をした建物(下写真の白い建物)があり、中に舞台、客席とありますが、舞台後方の壁を除いてその周りに壁はありません。
c0055212_12284538.jpg

ホールの客席後方には広大な芝生が広がっており、その芝生の上で自然を感じながら音楽を聴くことができます。みなさん、思い思いに寛いでいらっしゃいます。
c0055212_123057100.jpg


私達の席はシェッドの中だったので、コンサートを間近で見ることが出来ましたが、飲食厳禁。ワインを飲みながらのんびりと音楽を楽しんでいる後ろの方々がちょっぴり羨ましかったです。

さて、今日の演奏曲ですが、
Rouse「Rapture」、Barber「Cello Concerto」、Tchaikovsky「Symphony No.5 in E minor, Opus 64」でした。
Rouseと Baberはアメリカ人の作曲家で、曲は私の苦手な、というか馴染みのない現代曲でした。Tchaikovskyのは、私の好きな交響曲ですごく良かった!とても美しい曲で、心に染み渡りました。

でも、何といっても今日の一番は「Cello Concerto」を弾いたYo-Yo Ma!!
Yo-Yo Maは私の中でNHK「シルクロード」の人ですが、彼の奏でる優しい旋律が好きで、いつか彼のコンサートに行ってみたい!!と思っていたところ、友人から今回のツアーに誘われたので二つ返事でOKしたのです。

激しくも優しく音楽を紡ぐYo-Yo Maに、演奏終了後は観客総立でした。想像通り、とっても良かった。そして、そして、私達はツアーの主催者の一人であえるアメリカ・ソニー副社長の方のお計らいで、Yo-Yo Maに会うことが出来たのです。
何でもYo-Yo Maはソニー専属のアーティストだとか。演奏終了後、疲れているだろうに、私達の元に来てくれました。
c0055212_12491942.jpg

c0055212_12494117.jpg

汗だくのYo-Yo Maさん、とっても気さくな方で、「本当に来てくださってありがとうございます。演奏どう思いましたか?いつ帰っちゃうのですか?」などと話しかけながら、一人一人と握手をしてくれました。
もちろん私もしてもらっちゃいました!!わーい。

世界が認める一流の演奏家なのに、気取ったところが全くなく、物腰柔らかでとても素敵な方でした。会うことができるなんて、当日になるまで知らなかったので感激!でした。

演奏が終わったのが夜10時半、マンハッタンに戻ってきたのは深夜2時半。
楽しかったけど、さすがに疲れましたわ。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-22 12:56 | TRAVEL
半ドンの金曜日の午後、NJに住む会社のE先輩の家でホームパーティがありました。
同僚のRちゃんと、Evelyn&Henry夫婦と、私達夫婦でお邪魔させて頂きました。
私が会社に行っていた間、夫がせっせと作ってくれた餃子を持参。E先輩はお好み焼きを振舞ってくれて楽しい時間を過ごしました。

EvelynとHenryは日本大好き!!な人達なので、初めての日本風餃子&お好み焼きをおいしそうに食べていたので良かった、良かった。
彼らがいるので共通語は英語。未だ、日本人相手に英語を喋るのって慣れません。何だか照れちゃう、、、。

Evelyn&Henry夫婦に車でマンハッタンまで送ってもらって、総合スポーツ場である「Chelsea Piers」へ。

ここ、ありとあらゆるスポーツ競技場があります。あまりに広すぎて全体像が把握できない!!
今回は、ここで友人の送別会ボーリングが開催されました。
送別会、、って普通誰かが送別される人のために行うもの、なのに、今回は来月帰国予定のご本人プロデュースの送別会。ご苦労様です!!

夫も飛び入り参加、で総勢20名ほどで白熱したボーリングが繰り広げられました。
c0055212_2322939.jpg

ニューヨークでボーリングをするのは2回目、だけど、スコアは前回の半分くらい、、、。
チーム戦なのに随分足を引っ張ってしまった。何でまっすぐ投げれないんだろう。

最後の方は酔っ払いも増えてきて、足元覚束ない人続出。ボーリングってこんな競技だったっけ!?最後は海の前で記念撮影をして終了。送別会はまだまだ続くようです。
c0055212_2421722.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-08-21 02:42 | DAILY LIFE