NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー

<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

この週末、2泊3日でカナダはプリンスエドワード島に遊びに行ってきました。

プリンス・エドワード島って!?と思われる方も多いのでしょうかね。
カナダの東、アトランティックカナダと呼ばれる場所に位置しているこの島、ある人にとっては避暑地、ある人にとっては歴史的な場所(何でも1864年にイギリス系の植民地から代表が集まり、カナダ連邦成立に向けた討議が行われた「カナダ発祥の地」だそうです)なのかもしれませんが、私にとってはなんと言っても「赤毛のアン」の舞台となった島、なのです!!

初めて本を読んだのは中学生。物語の中に登場する美しい風景に心魅かれたものです。
それからうん十年。いつかは行ってみたいと思っていた場所ですが、日本からは遠すぎて実現せず、、、。せっかくニューヨークにいるので、一番素敵な季節、と言われる夏に是非訪れてみたいと思っていたところ、私の良き理解者であるゑっちゃんが旅仲間になってくれることになりました。

私はニューヨークからモントリオール経由で、ゑっちゃんはバッファローからトロントまで車で、その後飛行機を使い、プリンスエドワード島の州都であるシャーロットタウンで落ち合いました。
運良く15分違いの飛行機があり、18時頃に集合。

ちなみにモントリオールーシャーロットタウン間の飛行機、かなり小さくて揺れた。
c0055212_14135970.jpg

最近、トロントでの事故があったばかりなので飛行機の中で緊張しっぱなし。でも最近日本に行ったばかりという隣のおっさんがずっとしゃべりかけてきてくれたお陰で(いつもならうざいと思っちゃうけど)気が紛れて良かった。

本当は夜に、次の日からの観光に備え、ストーリーの復習をするべく「赤毛のアン」のミュージカルを観る予定だったのに、金曜日は行われないことが発覚!がっくし。
その代わりに街を少々観光。
c0055212_14162624.jpg

これが先ほど記述した、「カナダ発祥の地」の「プロビンス・ハウス」だそうです。

観光の後はお買い物。
その名も「Anne of Green Gables」へ。
ここ、赤毛のアングッズの宝庫です。ありとあらゆるアン、が揃っていて見ていて楽しい!
名産のキルト、欲しかったけど高くてね、、、。やっぱり手作りだからでしょうか。
c0055212_14194684.jpg

夜ご飯は海を望む素敵なレストランで。ばくばく食べて次の日に備えたのでした。

旅行記②へと続く、、、
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-09 14:20 | SIGHT SEEING

8月4日(木) 語った夜

夏休みを11日間とって(羨ましい!)nahocoがニューヨークに遊びに来ました。狭いですがわが家に宿泊されます、といっても昨日の日記にも書いたけど、来ると決まったのが最近なので、私は明日から夢の島「プリンス・エドワード島」(女の子ならどこか分かるはず!)に遊びに行ってしまったり、友達との約束が入ってしまったり、、来週末は夫が来るし、、、といったスケジューリングを既にしてしまっていたのです。

でも昔からinternationalに活躍する彼女はこちらにもたくさんお友達がいるようで、「ずっと一緒にいなくっちゃ」と気を使わずにすむので楽。でもなるべく一緒にいられる時間を増やすべく友達との会合は彼女も都合が合えば参加してもらおうと思ってます。

初日の今日は時差ぼけをものともしていない(ように見えた)nahocoとBRYANT PARK内にあるレストラン「BRYANT PARK GRILL」でお食事。

テラスで涼みながら、仕事のこと、恋愛のこと、友達の近況、悩みなどなど語り合いました。会うのが去年6月の結婚式以来、その時はゆっくり話すことができなかったので、久しぶりに色々と深い話もできてやっぱり大学時代を共に過ごした友達っていいなぁとしみじみ思いました。そうそう、彼女とは南米のチリ・ボリビア・ペルーを1ヶ月ほど旅した仲間なのです。今思い返してもあの貧乏旅行はすごかった。途中で命綱の一つであるガイドをなくしちゃったんだよなぁ。どのホテルに泊まれば良いか全く分からなくなちゃって、ペルーのクスコで客引きに言われるがまま付いていったら「黒魔術」の信者が集まるホテルだったり、、、色んなことがありましたわ。(でもnahocoはあんまり覚えてなかった。あのホテルでの衝撃的な体験を!)

食事の後は、最近日本からのお客さまが来たときに良く行くBeekman Tower Hotelの「Top of the Tower」へ。友達二人が合流してくれました。4人で26階のテラスに出て素晴らしい夜景を見ながら、語りました。nahocoの断食道場体験に興味深々。日本に帰ったら行ってみようかしら。自分がゼロになる体験ができるらしい。ゼロ、、、ってどんなだ!?
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-08 13:59

8月3日(水) 水練

プロコーチによる水曜日のテニスレッスン。
受け初めてからかれこれ4ヶ月ほどが経過したが、夏になると色々な遊びの誘惑も多く、出張が入ったりもしてなかなか行けてない。なので必然的にあまり上達もしていない、、、。

大学時代から技術的な面で指摘されるところは同じなんだよなぁ。
特にボレーね。正面向いて打っちゃうの。で、バカーンとアウト、もしくはネット。
進歩のなさに少々落ち込む。

よし、真面目にレッスンに通うぞ!と決意するも、来週参加できないことは確定しており、その次の週から3週間ほど、コーチの都合によりレッスンお休みだって。一気にモチベーション低下。でも9月になったらがんばるのだ!
テニスはやっぱり楽しいし、更に楽しめるようになるために上達したいもんね。

レッスンの後、ニュージャージでの行き着けの沖縄料理屋に行くものの夏休み中。近くにある韓国焼肉の店へ。
食べ始めたの10時半。なのに肉をじゃんじゃん頼む。前来たとき一回の発注で足りなかった記憶があったので、積極的に頼むもとても4人では食べきれない量の肉がテーブルに届く。
こんな夜更けに肉を食べまくる、、、って異常ですよね。運動した意味なし!

結局食べきれず肉をテイクアウト。Mさんが金曜日に旦那さんとBBQするって。有効活用ができるようで、良かった。

明日からnahocoが10日間ほど家に遊びに来てくれます。といっても決まったのが遅かったので、私はカナダへの旅行やら、どうしても外せない約束やらを入れてしまっていて、実際あまりもてなすことができないのですが、、、。久々の再会なので、とっても楽しみ。あと、頼んだ「ぶつ」を受け取るのも楽しみ、というより助かります。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-04 15:21 | TENNIS
今夜はガールズナイト!ということで、友達とまったり語ろうとギリシャ料理のレストラン「AVRA」へ。
c0055212_14274764.jpg

地中海系のレストランらしく、オープンテラススペースが広く開放的!

ギリシャ料理は、大学4年時に親友2人と3人でトルコ&ギリシャを1ヶ月ほど旅行した時、飽き飽きするほど食べまくったので(他にチョイスがなかったものです)、その後しばらくはちょっとオイリーなギリシャ料理を避けていました。というか、東京・横浜近辺のギリシャ料理レストランを知らないというのがホントのところ。行く機会がなかったの。

でもこちらに来てからはギリシャ料理のお店がたくさんある上、懐かしさも手伝って結構行ってます。「Trata」とか、「Milos」とか。2店とも新鮮な魚が置いてあり、味付けもオイリーすぎることなくお薦めです。

さて、今日の頼んだのは、「カラマリ(いかをあげたもの)」「グリークサラダ」そして「ヒラメのソテー」。ワインはもちろん白ワインで。
「カラマリ」「グリークサラダ」はおいしいんだけど、例のごとく、量多すぎ!「ヒラメのソテー」がl来るのが遅いので、待っている間についつい後のことを考えず食べすぎお腹いっぱいに、、、。
キャンセルしようかと思ったけど、「もう既に作っている」とのこと。うーむ、どうしよう、と考えているところにタイミングよくニュージャージーから駆けつけた友達が合流。残りものを食べて頂きました。「おいしい、おいしい」って食べてたので、味は良かったのでしょう。

その後の2次会は「丼屋」にて。名前のとおり「丼物」が充実しております。ここ、お昼にも良く利用するんだけど、「三冠丼」なるものがあって松井がホームランを打った次の日は半額になるのです。(正規の値段は11ドル)中身は確か、肉系のものばかりだったような気がする。
松井調子良いみたいなので、半額「三冠丼」が登場する回数も今後更に増えるでしょう!!

「AVRA」
141 East 48th Street
(bet 3rd & Lex Ave)
tel:1-212-758-8550

「丼屋」
137 East 47th Street
(bet 3rd & Lex Ave)
tel:1-212-980-7909
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-04 14:58 | RESTRAUNT
私の周りで一番映画を観ているであろうゑっちゃんが「最近観た映画の中で一番!」と言っているし(ブログの中で)、会社の同僚も「号泣した」と言っていたので、そりゃ気になっちゃいますよ「March of the Penguins」(邦題:皇帝ペンギン)。
c0055212_13453019.jpg


学校が終わった後、同じくこの作品に興味を持っていた友達と待ち合わせをして、タイムズスクエアの映画館で夕飯を食べながらの鑑賞となりました。

画面に鳥のくせに飛べない、その上足の短いペンギン(進化しているんだか、後退しているのか微妙、、、と思っちゃうのは素人だから?)が一生懸命行進する様子が映し出されると、会場からは失笑が。でもそんな風に余裕を持って見ていられたのは最初のうちだけ。途中からは壮大なスケールのペンギン愛にやられっぱなしでした。

子どもに無償の愛をささげるお父さんペンギンとお母さんペンギン。子どもを育むため、時に4ヶ月もの間絶食したり、えさを抱えて何日も短い足で歩き続けたり、、、。両親は子どもの泣き声だけで、何ヶ月離れていても自分の子どもを判別できるのです。ペンギンの愛情ってすごい!ペンギン様、畏れ入りました。

モーガン・フリーマンのナレーターが渋くて映画の雰囲気にとても合ってました。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-02 13:56 | CINEMA

7月31日(日) やむちゃー

7月も最終日。毎日があっという間に過ぎ去っていく、、、。しょんぼり。後ろを見ていてもしょうがない!仕事も、そして遊びも更に充実できるよう頑張ろうと決意を新たにしました。

で、遊びの方の話。(ってこのブログ遊びの話ばかりだけど)
今日は飲茶を食べにチャイナタウンに行ってきました。

テニス仲間には何人か飲茶スペシャリストがいまして、今日はNさんご推薦のお店「金豊大酒棲」へ。

だっだぴろいまるで体育館のような場所に所狭しとテーブルが並べられています。
c0055212_1437299.jpg

「寿」という文字をバックにした雛壇もあり、夜は結婚式場に変身するようです。中国式の結婚式一度出てみたいなぁ。あらゆる意味で、すごそう!

めんどくさそうにカートを押すおばちゃんが代わる代わるやってきます。
英語は通じません!でも、おいしそうな飲茶を差せばもらえるので簡単!!
c0055212_14383052.jpg

c0055212_14385874.jpg

あっという間にテーブルは飲茶だらけ。友人が熱望していたチマキは売り切れとかで(ほんとか!?)ゲットできず、、、。
c0055212_14403372.jpg

飲茶の良いところは、様々な種類のおかずを食べることができることですよね!全部おいしかったけど、野菜餃子がぷりぷりして絶品!でした。

会計方法ですが、飲茶をとる度にシートに判子を押してもらいます。明朗会計!
c0055212_14435764.jpg

ビールも飲んでお腹いっぱい食べて一人13ドルは安い。安すぎる!!

「金豊大酒棲」
(JING FONG RESTAURANT)
20 Elizabeth St, New York, N.Y. 10013
Tel; 212-964-5256/964-5257
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-01 14:46 | RESTRAUNT

7月30日(土) The Cloisters

●修道院で、、、
素晴らしく晴れた夏らしい土曜日。
ご近所のテニス仲間であるS社長とクロイスターズ美術館に行ってきました。

ここはメトロポリタン美術館の分館であるのですが、名前となっている「クロイスターズ=修道院」そのまま、建物が修道院の回廊となっており、フランスやスペインなど中世の修道院の遺物が展示されているのです。

お昼をクロイスターズがあるフォート・トライオン・パークで食べようと、ZAIYAでお弁当を買ってM4のバスに揺られること約45分、終点で降りるとまるでヨーロッパの世界が広がっています。
c0055212_13501017.jpg

ここは建物そのものが展示物、だそうです。(BY地球の歩き方)

聖ミシェル・ド・キュクサや聖ギラン・ル・デゼールなどの修道院の回廊がこの美術館の中核となっているそうな。
c0055212_13543498.jpg

c0055212_13554619.jpg

庭もとてもきれいで、日向ぼっこをしながら目と心の保養ができました。
c0055212_13571018.jpg

展示物は11世紀~15世紀頃の作品が中心で、神のために全身全霊を傾けて創作したであろう創作者の魂を感じることができます。

クロイスターズの中で最も重要とされている15世紀前半の作品「受胎告知」。
保存状態もよく、美しく荘厳な作品でした。
c0055212_142241.jpg

教会もありました。今、マンハッタンにいることをすっかり忘れてしまう不思議な空間です。
c0055212_1451887.jpg

愛嬌のある水飲み場を思わず激写。
c0055212_1463420.jpg

クロイスターズから見渡すことのできる対岸のニュージャージの風景。
こうやってみると自然豊かなのね。森が広がっています。
c0055212_1481564.jpg

静寂の空間に身を置いて、色々な想いを巡らせることができる場所です。
マンハッタンにお住まいの方でまだ行かれていない方、是非訪れてみて下さい!
ちなみにここはメットと同じくドネーションでのチケット購入であり、同日であればメットにも入場することができます。

●フェニックスガーデンで、、、
クロイスターズでしばし瞑想(!?)した後、ミッドタウンまでの帰り途中にあるリバーサイドでテニスをし、テニス仲間と家のご近所中華(もうすっかり常連です)であるフェニックス・ガーデンで中華に舌鼓みをうっていたのですが、何とテーブルのお隣に元フジテレビアナウンサーの木佐彩子さんと、脚本家の野島伸司さんが!(何人かのグループでいらっしゃってました)

木佐アナは、ブログを時々読んでいたので、何だか勝手に親近感。
視線を送り続けたのですが、もちろん無視されちゃいました、、、。(当たり前!)
木佐さんの目撃情報がうちの周りで多いのですが、どうやら松井(ひできの方)と同じ国連前のトランプタワーにお住まいらしい。さすが、、、。
[PR]
by hinaokunio | 2005-08-01 14:20 | SIGHT SEEING