NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

久々に金曜夜テニスに参加です。
相変わらず雨は降っていて寒いし金曜日の高揚感があまりありません。
こうなったら思いっきり運動するか!とはりきって試合に臨むものの、結果は3勝2敗。
反省点多し、です、、、。

日本にいた時は会社のテニス部に所属していたものの、実際にテニスをするのは2ヶ月に1回くらいでした。コートまで遠かったので行くのが面倒になっちゃうのですよね。でもこちらでは、手軽に気軽に、お安くできるので大学以来、最も頻繁にやっています。

テニス後はいつものように飲み会、なんだけどいつもとはちょっと違う。
テニスの前キャプテン(ちゃんとキャプテンがいるのです。ちなみに私は出席係り。地味な割りに結構めんどかったりする、、、)が次の日に帰国されるということでお別れ会。

前キャプテンには色々お世話になっているので、お別れするのは寂しい、、、。でも私の場合は日本でまた会えるし、テニスも出来る!と、一時的なお別れなのでそこまで感傷的にはなりませんでした。でも、ニューヨークに根を下ろし、これからもニューヨークで生きていく人達にとっては実に寂しいお別れです。

特にキャプテンと仲良かった人に「寂しいでしょ、、、?」と聞くと「寂しいけど、もう慣れているから。ニューヨークは出会いと別れの街だよ」との答え。確かに、、、。NYに来てからこの10ヶ月間、様々な出会いがあったけど、別れも多かった。プライベートの世界でも会社の世界でも。

でも、一度強く結びついた人とは、例え住む場所は違ってもまたいつか出会えるはず。NYで多くの人と出会い、一緒の時間を共有してきましたが、今後も一人一人の繋がりを大切にしていきたいと思います。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-16 14:24 | TENNIS

10月13日(木) IN MY LIFE

目指せ!ブロードウェイ完全鑑賞、を目指しているわけではないのですが、秋になりブロードウェイは新作目白押しで興味深々。先日開催されたイベントのBroadway on BroadwayでもCDやちらしを配布したりと新作のアピールが行われていました。その中で気になったのが「IN MY LIFE」。直訳すると「私の人生」。このタイトルにも惹かれましたが、配布されたCDを実際に聞いてあまりにも美しい旋律に心奪われちゃいました。ただいまプレビュー中なのですが(本開幕は10月20日)、友人を誘って観て来ました。
c0055212_13483746.jpg

見終わった感想は、「見て本当に良かった!」の一言につきます。
正直、そこまで期待していた訳ではないのですが、最近観たミュージカルの中で一番良かったです。というのも、見るまでに把握していたストーリーは「ミスマッチなカップルか傷つき悩みながらも本物の愛をはぐくんでいく様子を描く」(By New York Walker)というものでストーリー展開は単純なんだろうな、歌だけ聴ければいいやと思っていたのですが、愛する人を亡くした喪失感、とか人を許す人間愛とか、様々な人の心の内面が描かれていて、途中泣きそうになっちゃいました。

人は弱い生き物だけど、人を愛したり愛されたりすることでとてつもなく強くなれるのです。そんな前向きな気持ちにさせてくれる素晴らしいミュージカルでした。ロングランされるといいな。

登場人物のファッションもかわいくて、特に主役の女性の服装がニューヨーカーらしくて(物語の設定はニューヨーク)「私もあんな着こなしをしてみよう」と参考になりました。

大満足でミュージカルを観た後向かったのは劇場の目の前にある「Bolzano's」
この夏オープンしたばかりというこのレストランは観光客向けの大味なアメリカンレストランしかなかったタイムズスクエア周辺では美味しい部類に入ると思います。私はメインに「ミートボールスパゲティ」を選んだのですが、来たのはこれ↓
c0055212_13584113.jpg

ミートボールってね、こんなに大きくていいの!?
私の中のミートボールは、小さい肉の塊がコロコロというイメージ。これじゃ、爆弾じゃん!
もちろん全部食べ切れませんでしたが、お味はおいしゅうございました。

「Bolzano's」
1515 Broadway 45th Street
(bet Broadway & 8th)
tel;212-302-2250
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-16 14:02 | MUSICAL

10月11日(火) 合コン!?

今日も雨、、、。

雨の日ってどうしても気分が沈みがちになっちゃいますよね。
しかもここ最近、仕事がちょっとせっぱつまっていてブルー、、、。そんな気持ちを払拭すべく、合コンに行って来ました。(私の都合で1時間遅れのスタートに。ごめんね!)とはいっても合コンをやられる方(?)ではなく、やるほうね。幹事です。

相手の幹事さんも既婚者。お互いの友達に独身ですっごく良い人がいる!とのことで、じゃ、紹介し合いましょう、との運びになったのです。

私の方のメンバーは同僚&テニス仲間。良く遊んでもらっている大事なお友達です。で、相手の方は幹事さんの同僚で、会計士さん。
狭いニューヨークなので共通の友人がたくさん見つかったりして楽しい会合となりました。
次回はたこ焼きパーティーをやることとなりました!たこ焼きと言えば最近東京に帰ってしまったGちゃんを思い出す。おいしかったなぁ、あのたこ焼き。

ところで結婚前は私も人並みに合コンには行っていました。一番良く行ったのは同期メンバーと。「目指せセレブ!」を地で行くその同期がもってくる話は、厳選されているだけあって「商社マン」「マスコミ」「医者」などなど。所謂、「高学歴」「高収入」な方々。私はその当時の彼(今の夫)には何でも話してしまうので「今度合コン行ってくるねー!もし運命の人と出会っちゃったらごめんね、あはは」と言った上で参加してました。夫も慣れたもので「はいはい、もう運命の人と出会っているから大丈夫だよ、あはは」と余裕をかましてました。

のろけるわけではないのですが、夫が言っていたことは当たってたわけです。色々な人と飲み会をして気付いたのは「なかなか一緒にいて落ち着けて、更に笑いのつぼが合う人っていない!」ということ。女の子だと結構簡単に見つけられるのですが、男性だとなかないないのよね、、、。そう!最近気付いたんだけど、私の好みって「おもしろい人」なんだよね。人生には「笑い」が必要だと思いませんか?一緒にいて、同じポイントで笑い合えるのって幸せなことだと思うのです。
もちろん夫と結婚した理由は「笑い」だけではないですよー。色々な点がぴったりだったのです、なーんて。(たまにはね!)

私達夫婦はとにかく良く喋り、笑います。といいつつ、今はマンハッタンと横浜に離れてくらしているので、私のてくてく通勤時20分間の電話が全てなのですが。ハンズフリーのイヤホンをこんなに活用しているのは、イエローキャブの運ちゃんとわたしくらいでしょうね。(うそ。イエローキャブの運ちゃんの活用率には到底及びません、、、)
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-13 14:30 | RESTRAUNT

10月10日(月) ぶーつ

天気の悪い日々が続いています。
寒くてもうマフラーを引っ張り出しています。10月のはじめですよー。これからどうなっちゃうの!?とりあえず今週はずっと天気が悪いようで哀しいです。

今日は日本は体育の日。そしてこちらはコロンバスデー。なんでもコロンバスのアメリカ大陸発見を祝う日らしい。とはいえ、彼はインドだと思っていたわけですよね。しかも発見なんて失礼しちゃいますよね。Native Americanは昔から住んでいたんだってば!!コロンバスさんのせいで「インディアン」なんて名前を勝手に付けられちゃって、勘違いから生まれた名前が未だ使われていることに違和感を感じてしまいます、、、。

さてさて、ほとんどの会社がお休みなのに通常営業のわが社。くすん。今日は先週購入したブーツをはいて会社に出社しました。
最近、ずっとブーツを探していたのですが、気に入ったブーツは見つかってもジャストマイサイズが見つからず、「ま、気長に探すか」と思っていたところ、両親と行ったアッパーウェストサイドにある「Cafe Lalo」に寄った帰りにとうとう見つかったのです!

ここまで勝手にブーツの話で盛り上げておいて(一人で)、ちょっと「Cafe Lalo」の話に脱線。
c0055212_13352652.jpg

このカフェ、すっごくかわいいです。そしてデザート好きにはたまらない品揃え!100種類以上のケーキやパイ、タルトがあるのでどれを選べばいいのか迷ってしまう。 。この地域に住むアーティストやライター、 セレブ憩いの場となっているのだそうです。そしてなんといってもこの店の話題はメグ・ライアンとトム・ハンクス主演の『ユー・ガット・メール』 のロケ地となったこと。二人の初デートの場所として登場したカフェ。そういえばそんなシーンあったなぁ。

話を戻して(ってどうでもいい??)、とにかく「Cafe Lalo」の近くで気に入ったブーツを購入。そして早速デビューしたわけです。
c0055212_13442169.jpg

会社に着くや否や、同僚が「その靴いいね!どこで買ったの??」と寄ってきてくれた。そしてその同僚がさらに「ね、naoがはいているこのブーツいいと思わない?」と3人くらいを連れてきて「いいじゃない!」の嬉しい集中砲火。アメリカ人は単刀直入に褒めてくれるのでそんな時典型的な日本人の私はどう反応していいか分からなくなっちゃう。Sense of Humorでウィットのきいた返答ができればいいのだけどなぁ、、、。もっと英語上達しなければ!!
多くの同僚がほめてくれたのだけど、一番嬉しかったのはうちの会社の中での一番のイケメンくんが「You are so cool! Just amazing」と言ってくれたこと。キューんってしちゃいました。(既婚者&夫もこのブログ見ているけど、、、)だって素敵な笑顔なんだもん。時々変な柄のシャツ着てくるけどね。同僚曰く、「中華レストランのテーブルクロスみたいな柄」のシャツ。かっこいいのに、惜しいよなーー。

でもおニューのブーツのお陰でブルーな雨の月曜日が明るくなりました!今週も頑張るのだ!!

「Cafe Lalo」
201 W. 83rd St.
(bet Broadway & Amsterdam Ave)
tel;1-212-496-6031
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-13 13:51 | DAILY LIFE

10月9日(日) だらだら

朝8時に両親はタクシーに乗り帰っていってしまいました。
私は早速二度寝。考えてみたら8月の1回の週末を抜かして、8月第1週から今まで、土日とも一人だった週末ってなかったなぁ。日本から、またはアメリカからいつも誰かがうちに滞在していました。
みなさん「夏休み」と称した長期の休みが取れるのももう終わりなようなので、来客ラッシュもとりあえず終了。もうNY滞在期間も短くなってきたので、来ようと企画している方はお早めに連絡下さーい!

今日もNYはしとしと雨の天候だったので遊びには行かず、寝不足を解消すべくひたすら寝ちゃいました。「あー自分って寝不足だったんだな」と実感。こんなに寝たのは本当に久しぶりです。
その他、夫とゆっくり電話で話したり、本を読んだり。こんな日もたまには必要、ですね。(いつも遊びすぎ!?)

洗濯、掃除等のたまっている家事をやらなくてはいけない!と思いつつ気力がなかなか湧かず、結局始動したのは夜になっちゃいました。
うちには洗濯&乾燥機がないので、地下2階にあるランドリーまで行かなくてはなりません。
日曜日の夜は混むのです。土・日めいっぱい遊んで、現実の世界に戻りつつある住人が憂鬱な顔をした住民でランドリールームは混雑。こんな日はちょっと気を抜いて、終了時間が過ぎた後すぐに取りに行かずだらだらしていると、自分の洗濯物が外に出されてたりします。今日は5分遅れていっただけなのに出されてました、、、。やられたーー。

特筆すべきことのない、本当にただの日記になってしまいました。(いつもただの日記だけど)
そういえば、Yankees勝ちましたね!プレーオフになると試合開始時間が20時からになるのはなぜ?テレビ中継のためかしら??にしても遅くまで見る観客も大変ですね。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-10 14:42 | DAILY LIFE

今日は日帰りで同じNY州の、といっても飛行機で1時間強かかるBuffaloまで足をのばしてきました。
もちろん目的はNiagara Falls。
私は2回目の訪問。(以前の記事はこちら
ガイドをゑっちゃんにお願いしました。Buffalo在住の彼女は人が来る旅にナイアガラをご案内しています。面倒なお願いをしてすまんのう、、、。

朝5時に家を出発。バッファロー着は8時半。昨日ゑっちゃんから「寒いと思うからあったかい格好をしてきてね」と言われていたので、セーターを着てパーカーを持参していったのですが、空港に着いた瞬間「さ、寒い!!」。
旭川と緯度が一緒というバッファロー。青森と一緒なニューヨークとは体感温度が5度以上違います。コートを持ってくるべきだった、と思うも時既に遅し、、、。
一日寒かったのですが、大雨のニューヨークと違って曇空ながらも雨の被害にはあいませんでした。(天気予報ではバッファローも終日雨だったのです)究極の晴れ男と自他共に認めるチチは「自分のお陰」とえばっていました。

今回は以前私も体験しなかった、アメリカ滝の「Cave of the Winds Tour」に参加。
これ、すごいです。滝の真下を歩いていくのですが、日本だったら絶対に歩かせないだろう危険な場所歩きます。風と水しぶきがすごすぎて滝を見上げる余裕なし。スリル満点でおもしろいのですが、もらったカッパがほとんど役にたたないくらい濡れてしまうので、寒さに震えること間違いなし。実際、4人ともしばらく震えていました。

前回はカナダまで橋を徒歩で渡ったのですが、今回は車で。
5分ほどでアメリカ側からカナダ側に到着。
「Skylon Tower」に登り上から滝を眺めた後、ナイアガラに来たら外せない「Maid of the Mist」に乗船。
1846年から続くこの遊覧船。乗船するのは2度目だけれど自然の圧倒的な存在感に魅了されっぱなしの30分間でした。
c0055212_143314.jpg

c0055212_1435450.jpg

その後はカリスマガイドのゑっちゃんにWineryに連れて行ってもらったり、カナダ一かわいいと言われる街のNiagara On the Lakeのホテルで食事をしたり、と盛りだくさんな内容。
Naiagara on the Lakeの「The Prince of Wales」は1864年創業でイギリスのヨーク公夫妻が滞在したこともあるという由緒正しい重厚なホテルです。
c0055212_147503.jpg

そこで楽しめるのがアフタヌーンティー。イギリスっていったらやっぱりこれでしょ。
c0055212_149846.jpg

c0055212_1493970.jpg

チチは「アフタヌーンティーって何??」状態でしたが、、、。優雅な午後のヒトトキを楽しみました。ゑっちゃん色々とありがとうございました!

帰りの飛行機は19時10分出発、のはずがNY悪天候につき前の飛行機がやってこず。
天候だったら仕方がない、と乗客みな諦めモード。jetBlueはさすがサービスで人気を博しているだけあって、待っている乗客にお菓子やジュースを配布してくれました。
結局飛行機が飛んだのは20時半。上空待機の時間も長く、結局JFK到着は22時半。
遅れたものの、とにかく帰ってこれて良かった!飛行機そのものがキャンセルになってたら、明日昼の便に乗る両親が帰れなくなるところでした。ホッ。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-10 14:17 | SIGHT SEEING
今回のチチハハ渡米は水曜日の夕方に来て日曜日の昼に帰るという強行日程。
平日は夜しかお構いできないので、夜、十分に楽しんでもらえるプランを色々と考えたのですが、
○プレーオフ中のYankeesのチケット×(こんな急に取れるわけない!)
○NYのお肉といったらこれ!肉好きチチのためにPeter Lugarのレストラン×(2週間前に電話したのに予約取れず)
といった具合。

うーんどうしようかなぁと悩んでいたのですが、思いついたのが
「マンハッタンクルーズディナー」。
これだっからマンハッタンの夜景を堪能できる上に、ジャズも楽しめる(はず)。

探してみるとクルーズの種類がたくさんあってこれまた悩む。
結局「Bateaux New York」を選びました。
決め手は「船の窓一面がガラス張り」ということと「グループ毎にテーブルが用意される」ということ。
他のところはブッフェ形式だったり、合い席だったりで落ち着いて食事を楽しめなさそうだったので。
値段は一人110ドルくらい。ドリンクは別です。

天気は生憎しとしと小雨。19時半にChelsea Pierから出航予定だったので19時すぎに到着。既に7割くらいのテーブルは埋まっており、さすが男性はタイの着用が求められるだけあって、セレブな世界が広がっていました。
c0055212_13161052.jpg

c0055212_1318462.jpg

もちろんジャズバンドの生演奏付き。雰囲気を盛り上げてくれました。
c0055212_1338194.jpg

出航しても小雨は降り続けていましたが、夜景を見るのに全く問題はなし。
Chelsea Piarからイーストサイドを40丁目くらいまで、折り返して自由の女神を間近で見て今度はウェストサイドに。
やはりすごいのはLower Manhattanのビル群と、自由の女神。

自由の女神に接近した時には「God Bless America」の生演奏がかかり、ライトアップした自由の女神が神々しく輝いていて感動的な場面となりました。ハハは「アメリカってやっぱりすごいねー」とちょっと感涙。暗くて写真が上手くとれなかったのが残念!
c0055212_1326287.jpg

食事ですが、私は前菜に生ハム、メインにチキン(チキン好きなのでついついチキンを選んでしまいます)デザートにはクリーム・ビュフレ。
写真はチチがメインに選んだポーク・チョップ。「肉が厚すぎる!」と驚いてました。
私はすっかり慣れちゃったけど。もちろん半分食べたところでギブアップ。
c0055212_13302178.jpg

帰着は10時半。3時間のクルーズとディナーに両親も喜んでおり、初体験の私も大満足。
夜景&ジャズ&ディナーを一気に体験できるクルーズ、時間のない旅行者にいいかも。
時間のある在住者にとってもマンハッタンの夜景をじっくり&ゆっくり見れて、楽しめること間違いなし!です。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-10 13:34 | RESTRAUNT

10月5日(水) チチハハ訪米

タイトルとは関係ないのですが、まずはランチにまつわる話。

普段は上司とランチにいっているのですが、週1回は同僚のシンガポール人とランチに繰り出します。女の子ランチも週1回は必要!盛り上がりすぎて1時間以上ランチに費やしてしまうこともあり、そのために二人で残業してたりします、、、。また、上司とタイミングが合わない時は近くのお弁当屋さんに買出しに行きます。日本のお弁当屋さん。夜がだいたいアメリカンな料理を食べることが多いので、やっぱり一日一食は日本食を食べたくなっちゃうのよね。やっぱり日本人だなーと思う瞬間って実はご飯に関わりのあることが多いです。

今日は上司が外出していて、12時頃お腹もすいたしさて、買出しに行くかーとバッグを持っておもむろに会社を出ようとしていたところ、同僚が「nao、買出しに行くの?」と駆け寄ってきました。
最近、買出しに行こうとすると駆け寄ってくるこの同僚。「ついでに、、、」と必ずマックのデザートを購入してきて、と頼んでくるのです。まぁ、お弁当屋の途中といっちゃ途中なのだけど、お昼のマック混んでいるのよね、、、と思いつつ断られることなんて露ともおもっていない同僚の無邪気な笑顔に負けて結局いつも引き受けちゃうのでした。

さて、彼女が今日頼んできたのは「ヨーグルト」。いつも頼んでくるのは「サンデーのバニラ味」なのに珍しい。頼んだ後、さっさと机に戻ってしまったので、私もそのまま買出しに向かいました

そして15分後、会社に帰ってきて「はい」とブツを渡すと「あれ?サンデーじゃないよ、これ」と驚きの顔。「え?ヨーグルトって言ってたよ」と言っても「え??私の頼んだのこれじゃないよ」との一点張り。「でも、いいよ、これで、、、」とものすごく寂しそうな顔をするので「いいよ、私食べるよ。E(同僚)がマックに行くって言ってたから彼女にもう一度頼んでみて。何だかごめんね」と、私が謝った上、結局ヨーグルトも私が引き取ることとなりました。1ドルちょっとのデザートの話なので、そこでもめるのもバカバカしかったので。

マックのデザートって何だか邪道な感じがして、というか、マックのデザートを食べるんだったら他のデザート専門店で食べた方が数倍良いような気がして、今までマックデザートは未体験。
今回、初めて食べてみましたが。
c0055212_13292588.jpg

おいしいのねー!!全く持って期待してなかったせいなのか!?とってもおいしく感じて一気に食べてしまった。
マックのデザートというチープな食べ物に反応してしまった自分を腹立たしく思いつつ、やみつきになりそうな予感が、、、。今回、間違わなかったら食べずに終わっていただろうアメリカのマックデザート。お薦めです。

くだらない話を長々と書いてしまいましたが、ところで今夜から両親がNYに遊びに来ています。
夜は「SOHO HOUSE」の1階にある、今人気の「Spice Market」でお食事をしました。
繊細な味付けのアジアン料理と店内のオリエンタルな雰囲気、そしてチチは女性店員のセクシーなバック姿に大喜び。(ハハの目の前でね、、、)久々の家族団欒を楽しみました。
日曜日に帰国という強行日程ですが、思いっきり秋のNYを満喫してもらいたいです。
時差ぼけをものともせず、規則正しく夢の世界に旅立ったチチハハ。環境適応力はどうやら親譲りらしいです。

「Spice Market」
403 West 13th Street(at Greenwich St.)
1-212-675-2322
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-06 13:51 | RESTRAUNT
酔っ払い気味で眠いけど、今日ディナー&アルコールを一緒に食した友人達が「nao(念のため、私の名前)のブログおもしろくて楽しみにしているよ」なーんて言って下さるものだから頑張って更新しちゃうしちゃう!(お世辞だって分かっているけど)

私がブログをはじめた当初の目的は、自分の備忘録のため、そして日本にいる夫&友人に「こんな生活を送っていますよ」と報告するためだったのですが、それでも日々の私の生活や感情を読み取ってくれる人がいるのは嬉しいことですね。なんとなく連載を持つ漫画家の気持ちが分かったような、なーんて偉そうに!!

さてさて早速今日のご報告。
会社の同僚のRちゃんと一緒に(本当はmariちゃんも来る予定たったのですが体調悪く参加できず、残念!)彼女が見つけてきたお洒落なタイ・ベジタリアンフードを楽しめる「pukk」に行って来ました。
素敵なお店の集まる1Aveの4-5Stにあります。

店構えからしてお洒落。
一見クラブ風。でもれっきとしたレストランです。
c0055212_14241456.jpg

店内には寝ている仏像が。タイ・バンコクのワットポーを思い出しました。寛いだ姿(かどうか分からないけど)の仏様。和みます。
c0055212_14254823.jpg

さきほど記述したように、ここは「ベジタリアンフード」をサーブするお店。
肉、魚は一切ありません。でも、肉に見立てた料理が充実しています。
肉に見立てた料理、、、なぜ肉に見立てる必要があるのかしら。
ベジタリアンとなる人は、強制的になるのではなく、本人が選んでなっているはずなのでは?
それでも、肉を食べたい!と思う瞬間があるのかしら。

今回、私達が選んだのは、
「Spicy Spring Roll」
c0055212_14312672.jpg

まるでスナックのような食感。パリパリしていておいしかった!
そして、「Black Bean Ginger Chicken」と「Noodle Curry」
c0055212_14333555.jpg

チキンはおそらくキノコ類の食材を使い「肉」に見立てています。
はい、肉ではないのは一噛みで分かりますよ。そのものの味がおいしいので見立てる必要なんてないのに、とベジタリアンではない私は思ってしまいます。
ヌードル&カレーのコンビネーションはグッド。これって日本でいうカレーうどん的存在なのかしら。給食では随分お世話になりました。

気の置けない女友達と、あーだこーだと恋愛トークに花を咲かせ、気付いたらサングリアのハーフを4本くらい空けていました。その後、テニス仲間が2人合流し、もう1人合流する、というところで居酒屋「力」へ。いつものパターンでございます、、、。カラオケは行かなかったけど!

「pukk」
71 First Avenue(bet 4th & 5th Street)
tel;1-212-253-2741
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-05 14:40 | RESTRAUNT

10月3日(月) Sweet Charity

今日の話ではなく、先週末観たミュージカル「Sweet Charity」についてちょっと書こうと思います。
c0055212_14232916.jpg

主演はエミー賞受賞のクリスティーナ・アップルゲイト。
日本ではあまり知られていない女優さん(私も知らなかった)ですが、こちらでは高い人気を得ているようで、「クリスティーナ・アップルゲイトのSweet Charity」という看板があちらこちらに出ています。

物語は至って単純。
男運のないホステスのチャリティーが運命の男性と出会い、幸せを掴めるかどうか、、、という内容。最初の方はダンスは華やかなものの、舞台装置や物語そのものが淡々としているので、疲れていたのもあって眠気を抑えることができませんでした。

でも途中からクリスティーナ・アップルゲイトのキュート且つコミカルな演技とダンスにすっかり眠気を覚まされ楽しむことができました。
歌はお世辞にも上手いとは言えないかな、、、。でもダンスはすごい。30人くらいが一斉に踊る華やかなダンスのセンターで激しくそしてかわいらしく踊っていました。
クリスティーナ・アップルゲイトについて詳しくは知りませんが、人の心を掴む役者さんですね。アメリカで人気があるのも分かる。

ただ、席が2階席の後ろから2番目という舞台からとおーい席だったので、クリスティーナ・アップルゲイトの顔が良く見えなかったのですが、声がサラ・ジェシカ・パーカーにそっくりだったので、だんだんSATCのキャリーに見えてきちゃてしょうがなかった、、、。衣装もなんとなくキャリーが着そうな服だったし。

舞台は前で見るのに限りますね。後ろだと表情が分からないので楽しみが半減しちゃう。その分かかるコストも半減なのですが。
[PR]
by hinaokunio | 2005-10-04 14:20 | MUSICAL