NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

何と何と、、、お友達が誘ってくれて、12月10日に日米同時公開となる「Memoirs of GEISHA」(日本タイトル「SAYURI」のプレミア試写会とパーティに参加してきましたー!

お友達のお友達がSony Picturesに勤めている関係で、私もジョインすることができたのです。
ラッキー!!

もう朝から会社で自慢しまくり。同僚にも「もしかしたらすっかり映画業界にはまってしまって明日から会社に来ないかも」と飛躍しすぎなコメントを残して退社。試写会会場となる「Ziegleld Theatre」(141 West. 54th St.)にうきうきで向かいました。
c0055212_16464875.jpg

ロサンゼルスでのプレミア試写会を経て、ニューヨークでも大々的に開催されるこのイベント、今日の招待客はプレス関係者も含めて1000人とのこと。
会場は人でごったがえしてました。

劇場に入ってあまりの華やかさにぼーっとしていると、友達が「あ、工藤夕貴じゃない?」と教えてくれました。(この後も近くにいながら口ほどにもなく全然セレブに気付かない私に逐一教えてくれた友人に感謝です)
c0055212_1649545.jpg

噂通りに英語はもうぺらぺらのようでプレスの質問ににこやかに答えていました。
で、ふと横をみると、桃井かおりが!ピンボケ写真になっちゃったんだけど、着物を着ていてとてもきれいだった。外人2人と行動を共にしていて、彼女も英語には不自由していない模様。
かっこいーー。
c0055212_1651252.jpg

キョロキョロしながらも席に付き7時からの開幕を待ちました、、、がいつまで経ってもはじまらない。結局遅れること30分ほど、まずSony CEOのHoward Stringerの挨拶に始まり、続いて監督であるRob Marshallの挨拶と出演者紹介があり、映画開幕。

映画自体のコメントはまた今度ゆっくり書こうかと思いますが、やはりハリウッドが作った日本の映画、ですね。とても華やか。明らかに実態以上の華やかさ。特に踊るシーンとか。
あと、言葉が英語なのはハリウッド映画なので仕方がないとしても、途中アメリカ人が出てくるシーンがあり、そこでも英語なのに混乱をきたします。英語=日本語、として見ていたので、アメリカ人と英語を話すとそれは一体何語なんだろ?ってね。
でもチャン・ツィイーはきれいだったし、何より嬉しかったのは大好きな女優であるコン・リーの迫真の演技。「さらば我が愛 覇王別姫」の役を彷彿とさせる素晴らしい演技でした。
日本人役者も素晴らしかったです。桃井かおりの置屋のおかあさんははまり役ですね。

映画終了後は用意されたバスに乗ってCentral park「Boad House」でのパーティへ。
ここには以前来たことがあるのですが、映画仕様になっていてびっくり。
まさにGeishaの世界に様変わり。お金かかっています。
c0055212_1764588.jpg

c0055212_179956.jpg

c0055212_17103917.jpg

桜は葉を一枚一枚貼り付け作ったのだとか。夜の湖の横に佇みとても幻想的。
真冬の桜。
c0055212_178441.jpg

もちろん食事、飲み物食べ放題。それも日本風。徹底しています。
c0055212_1795483.jpg

c0055212_17101999.jpg

まずは腹ごしらいをして、パーティの中心地に潜入。
いるわ、いるわ映画の出演者。びっくりするくらい普通に談笑しています。
まずは役所広司。Sony Picturesに勤めている友達の友達の話によると、前日ロスからの飛行機に荷物が載ってなくって大騒ぎだったとか。結局届かなくって、スーツは現地調達だそうです。
c0055212_17141784.jpg

ヒロイン、チャン・ツィイー。近くで見てもきれい。見とれちゃいました。写真を撮った後すぐにマネージャーさんらしき人に手を引かれて出て行ってしまいました。
c0055212_17161989.jpg

日本が誇るハリウッド俳優、そして結婚相手である南果歩を連れてきていた渡辺謙さんはすぐに帰ってしまったそうです。くぅ、、、会いたかったのになぁ。とりあえず彼が座っていたテーブルを撮ってみました。
c0055212_17181573.jpg

パーティーは夜更けまで続いたようですが、私達は1時頃撤収。
いやー、セレブの世界をちょっとだけかいまみちゃいましたよ。パーティに来ている方達も「この人、モデル?」という人ばっかりだったし。
有名人をこんなに間近で、しかも普通の姿を見れるなんてもうないでしょうね。
一夜の夢、、、ですが、本当に楽しかった!興奮しすぎて文章も写真も多すぎになってしまいましたがお許しを。最後まで読んでくれた方、有難うございます!!
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-09 17:02 | ENTERTAINMENT

12月5日(月) Holiday Party

12月に入りHoliday Partyの時期となりました。
会社でも年1回の大きなPartyが開催されます。
企画・運営はPR部門のかわい子ちゃん達。

今日は社員にInvitationが配布されました。
最初、「何、これ?」と思ったけど。。。キャンディーに招待状がついている!かわいい☆
c0055212_1223211.jpg

みんなどんな服着るんだろ。事前調査しなくっちゃ。(といっても服の選択肢ないけど)

話は全く変わりますが夜、タイムズスクエア周辺を歩いていたらKing Kongをお見かけしました。
こ、こわい。。かわいくない。
c0055212_1225884.jpg

別にKing Kongに触発されたわけじゃないけど、今から映画館に行ってきます。
お目当ては「Pride & Prejudice」。
c0055212_1231255.jpg

大好きな作家Jane AustinとKeira Knightleyの映画なので観ない訳には行かない!と思いつつのばしのばしにしていたらもうすぐ終わりそうだったので。

家から10分の所に映画館があるのって最高。コンタクト外して眼鏡にほぼすっぴん状態で行っちゃいます。もう近所のビデオ屋に行く感じ。。
日本では絶対に出来ないだろうなー。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-06 12:31 | DAILY LIFE
ベルギー発の自然食カフェである「Le Pain Quotidien」で遅めのブランチをしました。

ブレックファーストやランチ時にはめちゃ込みと噂のお洒落なカフェ。イメージ的には日本の「Afternoon Tea Room」。
c0055212_450978.jpg

c0055212_4521662.jpg

店内もかわいりゃ、店員もかわいい。笑顔ばつぐん。
メニュー立てだってこんなにお洒落。間違えて食べそうになっていた人が約1名。。
c0055212_453296.jpg

基本的にメニューはオーガニック系。
私が頼んでみたのは「Organic Egg Salad」のサンドイッチ。
c0055212_4545145.jpg

アメリカでよく出てくるサンドイッチのように分厚くなく、食べやすいし、何より味が大味ではなく、ちゃんと卵の味がするのが嬉しい。(当たり前のことだけど、アメリカでは濃いー調味料に覆い隠されてしまう料理が多いのですよ)

お客さんも女性ばかりで、そんな中、男性2人、女性1人の組合せはちょっと目立ち気味でした。

お腹も満腹になった後テニスまでの時間に、いつもチェルシーにあるMidtown Tennis Courtに行く度に見かけて気になっていた「Meseum of Sex」に足を運んでみました。というか、強制的に付き合って頂きました。

というのもガイドには「決していやらしい博物館ではなく、人類学的な見地からSEXを考察した高尚な博物館うんぬんかんぬん」というようなことが書かれていたので、純粋に興味を惹かれたわけです。純粋に!!

ですが実際の内容は「高尚な、、、」というのからはかけ離れた(ように俗人間の私は思ってしまった)リアリティー感あふれる展示物ばかり。
男性ヌーディスト写真、ポルノ映画上映、そしてなによりすごかったのは性産業が生み出した数々の道具達。
3人とも正視できずにさっさと出てきちゃいました。というか、普通一緒に博物館鑑賞とかすると感想を言い合いながら和気藹々と歩いたりするけど、何のコメントもできない。。かなーり気まずい博物館鑑賞となってしまいました。15ドルちょっとも払ったのに。Sさん、Kさん、ごめんなさい!!

とはいえ日本ではなかなかお目にかかれない展示物ばかりなので、興味のある方は是非!
でも行く際は一人で行かれることをお薦め致します。

Le Pain Quotidien
38 East, 19 th Street (between Broadway & Park Ave)
NY 10003
Tel. (212) 673 7900
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-06 05:38 | RESTRAUNT
前の日(というか当日)朝方までカラオケで盛り上がり、軽い二日酔いで迎えた朝。。でしたが、ランチはとってもヘビーな「Peter Lugar Steakhouse」
最近赴任してきた同期が行きたい!とのことで、予約してました。

友人が来る度に行っているので、訪れるのはかれこれもう5、6回目くらいになるのですが、何度行っても飽きません。おいしいから。でもさすがに今日は3切れくらい食べたら気持ち悪くなってしまった。。二日酔いに肉ってサイアクの組合せということを改めて思い知りました。

地球の歩き方を常備している同期(私も最初はそうでした。そして「これから」の人であるそんな同期が羨ましい)のリクエストで「Brooklyn Brewery」に行くことに。(写真はBrooklyn Breweryのロゴ。)
c0055212_4105238.jpg

ここはビール好きな夫も行ってみたい、と言っていた所なのですが、結局時間がなくて行けずじまい。こうなったら迎え酒!と同じく生ビール好きの同期にお付き合い。
が、辿りつくまでが遠かった。。地球の歩き方でも「地図外」の扱いのBrewery、住所を頼って近くまではタクシーで行ったものの、そこからが分からない!閑散としていて聞く人も見当たらないし。。。
と手がかりを求めて歩くこと数十分。ついに見つけました!
c0055212_4172098.jpg

c0055212_418870.jpg

倉庫街にじみーに建っており、全然目立ってないの。こりゃ、いちげんさんには分からないよ。

ツアー時間まで間があったため、まずはビールを飲むことに。
3ドルのトークンで1杯飲むことができます。6種類から選べます。
c0055212_422059.jpg

私は名前に惹かれてOctober Festaをトライ。苦手なヘビーすぎる味ではなく、喉ごしさわやかでおいしかった。

ツアーは、、、ある意味すごかった。
ビール片手の既に酔っ払い気味のツアーガイドが酔っ払い気味の客に説明。
c0055212_425216.jpg

ちょっと支離滅裂気味な上に、期待していたビール作製行程の説明はちょっとだけで、創業者のSteveさんの素晴らしい功績ばかりを延々と。。客も酔っ払っているものだから変な合いの手を入れて、そこにまたつっこみが入ったりしてなかなか終わらない。。。シラフ状態気味の私達には少々辛い時間でした。日本の工場見学でこんな感じだったら、まずクレームが入るでしょうね。。

何本かお持ち帰りして、アルコール類持込可のレストランで再び堪能!
昼間っから飲んでいるので、夕方くらいには既に深夜感覚でした。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-06 04:36 | BAR
ニューヨークの冬の風物詩と言えば、、、、人によって色々な答えがあると思いますが、ニューヨーカーに強く薦められるのがNew York City Balletの「Nutcracker」、「くるみ割人形」です。
c0055212_3212454.jpg

American Ballet Theaterの「白鳥の湖」を観てにわかバレエファンになったわたくし、同僚からのお誘いには二つ返事でOKを出し、同僚と同僚のダンナさんと、先輩と私の4人で行くこととなり、かなーり楽しみに当日を迎えました。

が、、、当日同僚が会社に来ていない、、、あれれ?と思っていたら電話が。
何でもお腹を壊してしまい、とても今夜は外に出れる状況ではないんだとか。
彼女のダンナさんも同じ症状で倒れて二人キャンセルしたいのだけど、誰か代わりに行ける人を探して欲しい!と悲痛な依頼が。ちなみに彼女は前にも同じような理由でイベントをキャンセルした経験あり。今年は相当運悪いらしく、早く来年になって欲しいとこぼしていました。

当日の朝、しかも金曜日の夜なんてほとんどの人が予定入っているよーー、困ったなぁ、でも1枚100ドルのチケットなので無駄にするわけには行かない、、、とかなり頑張りなんとか2人を勧誘するのに成功。良かった!!SさんとAnnaに感謝です。

会場となるLincoln Centerは今週2回目。オペラにバレエに、日本では考えられない芸術三昧の環境です。なんていってもチケット代が安いのがいいのですよ。

「Nutcracker」の曲は今まで何度も聞いたことはあったので、馴染みのある曲に合わせて、子どもと大人が入り混じって踊る様が何ともかわいらしい。クリスマスツリーがどんどん大きくなる仕掛けもすごかったし、1幕の最後、雪の中をくるみ割人形(王子に変身)と女の子が手を繋いで歩いていくシーンにはあまりに綺麗でロマンチックで涙が出そうになったくらい。(出なかったけど)

観客も当然家族連れが多かったのだけれど、小さな子どもがドレスアップしていてめちゃくちゃキュート。踊りの場面では眠そうにしていましたが、クリスマスツリーのシーンには目を輝かせて食い入るように観ていました。きっと一生忘れない光景になるのでしょうね。

終了後、外に出ると北風が吹いていてとっても寒かった。そうなの。クリスマスって楽しいイベントなんだけど、寒いのよね。。でも心はぽかぽか。このままじゃ夜は終われないような気がして、カラオケに合流(←台無し、、、)。そこからが長かった。。。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-06 03:21 | ENTERTAINMENT

11月30日(水) NBA

昔、夫が海外留学したい!と言っていたので、「そんなにやりたいなら行けばいいじゃん、NBAに!(MBAと言ったつもり)」と答えたら「うーん、でも背が足りないよ、NBAに入るには」と素で返された記憶があります。
そうそう、NBA=National Basketball Associationね。
そのNBAに行ってきました。New York Knicks VS Chicago Bullsの試合です。
c0055212_14595021.jpg

アメリカの四大スポーツと言えば、ベースボール、アイスホッケー、フットボール、バスケットボールですが、最初の2つは観戦したことがあり、フットボールはルール分からないしそもそもホームゲームが8試合しかないとかで絶対にチケットを入手することは無理なのではなから諦めていて、でもバスケットはチャンスがあればなぁ、なんて思っていました。

ラッキーなことに、会社の同僚に熱烈なKnicksファンがいて年間シートを持っており希望者には何日か譲ってくれるとの申し出があったのです。
もちろん飛びついて、今日、Madison Square Gardenに観戦に行ってきました。

Knicksのチーム名の由来は、ニッカボッカーズの略で、1600年代にオランダからニューヨークに移民してきた人々が履いていたズボンに由来しているのですって。そして今日の相手のBullsは宿敵らしく、マイケル・ジョーダン率いるBullsに何度も優勝の道を塞がれてきたらしい。

まずは恒例の国歌斉唱。今日は誰が歌うのかなーと思っていたら、「Altar Boyz」でしたよ!ラッキー。
c0055212_14563162.jpg

c0055212_145709.jpg

試合は第3クオーターまでBulls優勢。なかなか7点差~10点差をなかなか詰められない。ブルズはバンバン3点シュートを打っていて、一方Knicksはファールをもらって打つフリースローばかり。
c0055212_14591422.jpg

c0055212_1511740.jpg

でも第4クオーターに私がトイレに行って帰ってきたらいきなり流れが変わっていた!4点差まで詰め寄って、そのまま86対86の同点に!
そのまま流れはKnicksに移り、最後は109対101で勝利!!
最後の方は興奮しっぱなし。コートが小さく、動きも早いのでおもしろいですね。
アイスホッケーと同じく中断が多いのがちょっと気になるけど。

ちなみに休憩の度に出てくるCity Dancersがとてもセクシーでした。
これぞアメリカのチェア、って感じね。
c0055212_155231.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 15:05 | SPORTS

11月29日(火) Carmen

冬はMetropolitan Operaのシーズン。
c0055212_1424799.jpg

今年初めにニューヨークに来た時、冬が終わる前に観に行かなくっちゃ、と行ったのが「Turandot」。そして今日は念願の「Carmen」を観て来ました。

「Carmen」は高校の音楽の時間にビデオで観させられたのですが、最初は内職をしながら片手間に観ていたものの、音楽とか舞台とかにぐいぐい引き寄せられいつの間にか夢中になって観ていた記憶があり、いつかチャンスがあったら生で観て観たい!と思っていたのです。

日本でオペラを観るとチケットが1万円~でないとゲットできない、と聞いたのですが、手ごろな値段で見れる今の環境に感謝、です。65ドルの席でも結構ちゃんと見えます。
ちなみに隣にいたおじいさん(72歳らしい)はシーズン中は毎週火曜日に1席リザーブしているのですって。ウェストチェスターに住んでいるのでマンハッタンまで45分ほどかかるらしいのですが、いくつになっても感動する心を持ち続けるのって素敵なことですよね。

さてカルメンですが、本当に良かったです。
オペラならではの豪華な舞台、豊富な人材、そして素晴らしい歌声、アンサンブル。
フランス語に英語字幕、なのですが物語を知っていたので苦なく理解することができました。
カルメンのストーリーって簡単に言ってしまえば、ストーカー愛の悲劇、かもしれないのですが、真面目で一本木なホセがカルメンの魅力にとりつかれ、だんだん狂気に苛まれていく過程が生生しく、とても痛かった。。でも、信念を貫くカルメンって好き。全然関係ないけど、東京ラブストーリでもさとみ、よりもリカの方が好きだったし。

「ファウスト」も観てみたかったなぁ。でも私がいる間には公演なさそうだわ。。

サンクスギビング終了後は、街はすっかりクリスマスモードに様変わり。
リンカンセンターのクリスマスツリーもきれいでした。
c0055212_14402549.jpg

[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 14:40 | DAILY LIFE
サンクスギビングの次の日から一斉にセールが始まり、友達&私もここぞとばかりにNYのアウトレット「Woodbury Common」に行って来ました。というか、連れて行って頂きました。いつもながらKさん、Sさん有難うございます。

この日は朝8時からやっているということで、遅くにいくと駐車場に入れなくなるとの忠告を受け前日深夜、というか朝方帰りなのに7時に集合。ねむい。。。
開店直後の8時に到着してみると、、なんだーーがらすきじゃん!
昨日がすごかったのかな?とにかく朝一は期待外れなほどガラガラでした。

今回のお目当ては、
●日本でも切れる薄着のコート(今まで買ったのがニューヨーク仕様の分厚いコートだったので)
●日本でも使える大きめの通勤バック(今まで買ったのがカジュアルなものばっかりだったので)
と、着々と日本に復帰できるよう何気に準備しているのです。

無事、欲しいものをゲットし、ランチはTappan Zee Bridge近くにある「Castle in the Hudson」という古城ホテルのダイニングルームにて。
何でもお金持ちが昔住んでいたお城を改装してホテルにしたのだとか。
c0055212_1422956.jpg

まずはロビーに通され、待機。準備ができたらお呼びがかかります。
c0055212_1433041.jpg

服装がカジュアルすぎた??通されたのは、メインダイニングの手前にあるちょっとカジュアルなダイニング。もちろんメニューは一緒ですが、できればあちらに行きたかった!
c0055212_1451275.jpg

55ドルのプレフィックスメニューになっており食前酒のシャンパンはその中に含まれています。
c0055212_146087.jpg

アパタイザー、メイン、デザートからそれぞれ1品選ぶようになっており、私はオニオン・スープと、
c0055212_147179.jpg

チキンと、
c0055212_148432.jpg

パンプキンチーズケーキを選びました。
c0055212_149155.jpg

オニオン・スープで結構お腹がいっぱいになってしまい、チキンは半分ほど残してしまった。。でもとっても柔らかくて味もしみこんでおりおいしかったです。
デザートはそれでもぺろりとたいらげてしまいました。

食後は城内のお散歩。小高い丘からハドソン川を見渡すことができて、気持ち良かった。今の時期にしては暖かかったし。

宿泊はしなくても、午後のひとときを優雅に過ごせる古城ランチ。お薦めです。

Castle on the Hudson
400 Benedict Avenue Tarrytown, NY 10591-4330
tel;914-524-6383
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 14:14 | RESTRAUNT

11月26日(土) Caps杯

今日は私が所属しているニューヨークのテニスチーム「Caps」で年1回行われるミックスダブルスの試合の日。

なぜこの日かと言うと、サンクスギビングホリデー中はないと日中にコートを5面も抑えられないのだそうです。こんなときにテニスをやろうなんて人はどう考えてもあまりいなさそうですもんね。

ミックスで18組が試合にエントリー。私のお相手はご近所社長さんのS氏。密かに(なんて大袈裟だけど)結構特訓してました。フロリダでも練習したし。

ニューヨークに遊びに来ている友達二人もテニスができるということでほぼ強制参加。女性が足りなくて、、、。大学テニス部の友達Sは、初対面の人がパートナー。でも彼がとっても上手いのでいきなり優勝候補に。

S社長と私の試合結果は、というと、いきなり初戦で破れてしまいました。。とほほ。
うーん、これは悔しかった。3-4で1ゲームダウンのところでミスで落としてしまったのが痛い!
テニスに限らずスポーツって「あの時こうしていれば」という場面があると思うのだけど、そんな接戦の場面で本来の力をきちんと出せる人がやっぱり強いのですよね。
その為必要なのは、練習の積み重ねと、本番慣れ。
日本に帰ったら、草トーとかに出てみようかな、とSと話してました。(←試合で負けた後にいつも思って実行しないんだけどね)

コンソレは2勝1負。13位という結果でした。はぁ。。。
でも2回は勝てたし、何より楽しかったから満足!

試合後の打ち上げは、韓国料理⇒韓国系のカラオケ店⇒力の2階⇒力の1階、、、エンドレス。

※ニューヨーク在住の方、12月2日配布のジャピオンにCaps杯の記事が載っています。私も一応写真にちょこっと出ています。小さすぎて分からないと思うけど。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 13:48 | TENNIS

11月25日(金) 食べあるき

何だかね、今日は食べてばっかりいたわ。

家に泊まっている友達2人とチャイナタウンへ。
目的は「小龍包」、有名な「Shanghai Cafe」へ。
c0055212_13245145.jpg

休みの会社が多いし、混んでるかなーと思ったけど、11時の開店直後に行ったからか、まだがらがら。

迷わず「カニ肉&豚肉入り小龍包」をオーダー。
c0055212_13233120.jpg

もしかして注射で肉汁入れている?と思ってしまうほどジューシーな肉汁が出てきます。
感動!今まで食べた小龍包の中でダントツ一番おいしい。

あと、チマキも美味。こうゆうご飯ものに弱いのよね(←だから太る!)
c0055212_1326568.jpg


午後はチャイナタウンやソーホーをぶらぶらして、恒例の金曜テニス練習、に行く前にミツワの山頭火ラーメンを食べる。
塩ラーメンが有名らしいけど、あまり塩ラーメンが好きではないのであえて醤油ラーメンを選ぶ。マンハッタンではあんまりおいしいラーメンに出会ったことがないので、久々に日本で食べるようなラーメンを食べたなぁ、と。おいしかったです。

テニス終了後は、最近行きすぎの「TSUKUSHI」へ。明日試合なのに、構わず飲む飲む。。

「Shanghai Cafe」
100 Mott St. (bet. Canal & Hester St.)
tel;212-966-3988
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 13:32 | RESTRAUNT