NY在住駐在員が仕事&生活の事など徒然なるままに綴っていきます♪


by hinaokunio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ミュージカルのはしご

サンクスギビングデーに2本のミュージカルを観ちゃいました。
といっても1本は映画のミュージカル。
全然予定してなかったんだけど、Macy's Paradeの後、コリアンタウンでランチをして、さぁ、どこかに行こうと考えた時、行く場所が思いつかなかったのです。
ニューヨークほぼ初めての友達のために観光名所に行こうとするも、ほとんど休館。
ショッピングに行こうかと思ったけど、日曜日にアウトレットに行くし、何より見た感じほとんどクローズ。ということで映画を見に行こうという結論になりました。
ホント、日本のお正月状態。。

で、最近始まったばかりの「Rent」をチョイス。
ニューヨークが舞台だけあって、あちらこちらに大きな広告が出ています。
c0055212_12521231.jpg

「Rent」はこちらに来て比較的最初の方にブロードウェイミュージカルを見ましたが、事前情報ほぼゼロなまま劇場に行ってしまい、色々な話が平行して進むのでかなり混乱した記憶があります。
今回の映画版はブロードウェイのオリジナルキャストが多数出ているそうで、歌唱力はお墨付き、更に映画ならではのディテールが丁寧に描かれているので非常に分かり易かった!とはいえ、友人情報によると私は全体の6割くらいは寝ていたらしい。
ここですっかり寝不足解消、、、。
でも今さらながら「Rent」の筋がちゃんと分かったような気がするので、改めてブロードウェイにもう1回観に行きたくなりました。

さて2本目は、予定通りのミュージカル鑑賞。
「The Woman in White」。私の崇拝するアンドリュー・ロイド・ウェバー作曲の新作ミュージカル。
c0055212_1313580.jpg


舞台の幕が開くや否や流れるロイド・ウェバーの重厚な音楽!
これは期待できるぞー。と思ったのだけど、、、
一幕目は期待外れ。

物語が淡々と進む上、そもそも話の筋が暗いので盛り上がりにかける。この物語は、ミュージカルではなく、歌なしのドラマの方がいいのでは?と何度も思いました。
あと、さやかも書いているけど、セットが頂けない!最新の技術を駆使した映像は確かにリアリティーを感じることは出来るけど、手抜いてる感が拭えないし、何よりこれじゃ映画でいいじゃん!と、ね。

あまりに期待していったので1幕終了後の休憩時間には気が抜けてしまって2幕を見る前に帰りたいような気にもなったけど、2幕は良かった。ロイド・ウェバーの曲の醍醐味とも言える、クラシカルで美しい調べを何度も聞くことができたし、物語も盛り上がってきて1幕と違って2幕のエンディングまであっという間に感じました。

でもね、、、やっぱりPhantomには及ばないわ。。帰国までもう一度観に行かなくては!
って観たいものや行きたい所、食べたいレストラン、飲みたいバーがありすぎて、、、時間がない!!お時間ある人、是非お付き合い下さいね。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 13:13 | MUSICAL
サンクスギビングは日本のお正月と同じく、遠方から家族が集まりターキーを囲みながら団欒をする日であり、ほとんどのお店やレストランが閉まっています。
しかーし、家族がこちらにいない、ましてや自分でターキーなんて丸焼きにできない寂しい単身者や独身者にサンクスギビングディナーを提供してくれるレストランがちゃんとあるのです。

とはいえ、人気のあるお店は早々と予約で一杯になってしまうらしく、いちいち電話して聞くのも大変、と思っていた時便利なサイトがあることを思い出しました。
「Open Table」です。これで予約完了。

今回は会社の同僚Rちゃんお薦めで、前から行きたいと思っていた「Kittichai」に行ってみました。
サンクスギビングにタイ料理ーー。Rちゃん情報によると、ここの料理長はタイで有名な腕前シェフがヘッドハンティングされてきたらしいです。

お洒落と聞いてたけど、入り口から既に洗練されてます。
こんなお花の飾り方も素敵!
c0055212_1221193.jpg

店内はほの暗く、水瓶の中を蝋燭が回っていたり、折り紙で作られたような鳥の舞っていたり、とにかくお洒落。
c0055212_12234797.jpg

店員さんも美男美女揃いで友達3人とぼーっと見とれちゃったりしました。

昼にコリアンタウンでお腹いっぱい食べていたので、コースを一人づつ頼むのはきつそうだったのでサンクスギビングコースを2人分頼んでシェアしました。
こんな融通は昨日行ったレストランには通じませんでした。

スープ、サラダ、そしてメインのターキー、最後にデザート全ておいしかった。
c0055212_12274091.jpg

c0055212_12281520.jpg

c0055212_12284562.jpg

c0055212_1230127.jpg

くせのありすぎないタイ料理の味付けが食傷気味のお腹に心地良かったです。

お腹いっぱいでミュージカル鑑賞に突入~!
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 12:33 | RESTRAUNT
サンクスギビングと言えば家族で食べるターキー、そしてニューヨークで行われる全米最大のパレード「Thanksgiving Parade」

在米延べ7年(だっけ?)となるゑっちゃんはよくテレビ中継でこのパレードを観ていたらしく、相当楽しみにしていたようです。

結局昨日バーに飲みに行っちゃったりして遅かったのだけど、何とか起きて7時頃に家を出発。
パレードのコースは77th St.のCentral Park Westから始まり、Broadwayを通って、34th St.で西に曲がり、7th Ave.で終了。

一番盛り上がる34thのMacy's前に陣取ろうと思ったんだけど、とんでもない、7時過ぎではもう遅かったようです。。もうバリケードでその周辺には入れないようになっておりました。がっくし。
でもあれ以上早くは起きれません!

結局38thあたりの列の2番目あたりにスペース確保。
パレードが来るまで2時間ほど立ちんぼ。結構、寒かったです。
道沿いのオフィスビルには社員と思われる方とそのご家族が
悠々自適な時を過ごしておりました。
この時ばかりは、うちのオフィスがここにあればなーと
寒さに震えながら無いものねだり。

後ろにいた背の高いおとうさんが
「あ、見える見える!」と叫んでから約5分後(どんだけ見れるんだ?)にやってきました。
バルーンが!!
c0055212_11474232.jpg

これはピエロかと思いますが、その後も次々来るバルーンを後ろのお父さんんがいち早く見つけて「○○が来るよ!イエーイ」(←子どもより興奮。子ども寒さで震えてそれどころじゃない)と叫んでくれるので、こちらのキャラクターの名前を随分勉強することができました。

スクービードゥー(でいいのか?)
c0055212_1149577.jpg

真下から。ちょっと怖い。。
c0055212_11511055.jpg

懐かしい!セサミストリート。
c0055212_1152165.jpg

こちらで人気のアニメ「Hi! Hi! PUFFY AMI YUMI SHOW」のAmiちゃんYumiちゃん。
疲れてたせいか38th周辺では笑顔をあまり見せてくれなかったけど、かわいかったっす。
c0055212_1153778.jpg

c0055212_11575387.jpg

スポンジボーイ。個人的感想、かわいくない。
c0055212_11583067.jpg

チキンリトル。個人的感想、頭悪そう。
c0055212_11593752.jpg

これ、誰だっけ?スヌーピーの仲間だったような。。
c0055212_1203033.jpg

とにかく延々とバルーンが飛んでくるのです。時々、鼓笛隊も来るんだけど、私達のいた38th周辺は、フィナーレを迎える34th前の小休憩場所、みたいな所らしく、一切の演奏が聞けなかった。。しーんとした中、バルーンだけが黙々と過ぎ去っていく、みたいな。
最初はおもしろかったけど、1時間くらいで飽きて脱出。すっごい人だった。

多分、もう二度とわざわざ生で見に行かないと思うけど、貴重な経験が出来ました。
友達との感想、アメリカのキャラクターより日本のキャラクターの方がかわいい!
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 12:04 | SIGHT SEEING
明日からサンクスギビングホリデーで4連休。

今日はお休みの1日前で、会社内は朝からうきうきした雰囲気。
とはいえ、結婚している同僚は「明日の料理の準備がめんどくさいなぁ」
と何度もぼやいてました。
何でも親戚が40人分の食事を用意しなくちゃいけないのだとか。

「サンクスギビングに夫婦喧嘩が多い訳って知っている?
それはね、女性が必死に料理している間、ダンナがフットボールの試合を見に行ってしまうからなの」なんて教えてくれましたが、
日本よりずっとジェンダーフリーが浸透してそうなアメリカでも
喧嘩のネタって日本とそんな変わらないのね。

アメリカの会社では大型連休の前の日には
経営者からのサプライズで、突然3時に帰っても良い、という
お知らせが出たりするので、それを期待している同僚が何人も
社長アシスタントの私に「社長はサプライズをしてくれるのかな?」
と聞きにきたりしました。

「うーんどうなんだろ。聞いてみるよ」と答え、ランチタイムに
「何だかみんなEarly Leaveを期待してみるみたいですよ」と
社長に伝言。すると、「そっか、そうだよね。じゃ、今日は3時に
帰っても良いことにしよう」とのお言葉。(か、簡単!)
わーい!ということで3時に業務終了と相成りました。

実は今日から大学テニス部の友達二人と、もう私のNY仲間の間
ではすっかりお馴染みゑっちゃんがニューヨークに
遊びに来ていて、数日一緒に過ごすこととなっており、
既に到着していたテニス部MとSと合流。
久々の再会を喜びました。

テニス部で濃い時間を過ごした友達は、しばらく会わなくっても
まったく変わったように感じられない。
色々な事があったような気がするけど、時が経てば
全て良い思い出なんだよね。

Mの夕食のリクエストは「ニューヨークらしい所」との事
だったので、「Tavern on the Green」
予約しました。

夏に来た時は野外で食べたので、中で食べたのは初めて
だったんだけど、中の装飾がケバケバしすぎてて、ちょっとびっくり。
サービスも最悪で、今回ウェイターの下にいる人(ランナーって
いうのかな?)がワインボトルを落とし、Sのズボンにかかっちゃったのにも関わらず、「アクシデント」を強調し、結局最後まで真摯な謝罪の言葉が聞けなかった。
補償について要求をすると、「今マネージャーと話してくる」
と言ったままウェイターなかなか戻ってこないし。。。
結局80ドルほど合計金額からひいてもらうことになりましたが、
ものすごく後味の悪い夕食となってしまったのが悔しい!

だれしも失敗はあるので、起こったことは仕方ないと
思うけど、その後の対応が大事ですよね!
もしその対応が誠意のあるものだったら、また行こうかな、
と思うけど、今回もう二度と行かねーーと心に決めました。

気を取り直して、「Cafe Lalo」でお茶、というかケーキ。
c0055212_1128387.jpg

c0055212_11283715.jpg


食べすぎな(またか!)サンクスギビングホリデーのはじまり~。
[PR]
by hinaokunio | 2005-12-02 11:29 | RESTRAUNT